疲れた。うつ病になる前に…仕事の疲れから解放される方法

更新日: 2017年3月31日

さん

毎日の仕事の疲れはなかなか取れないものですよね。疲れが溜まっていてもそのまま続けてしまったり、どうやったら疲れが取れるのかわからないなんてことも。今回はどんな時に疲れるのか、疲れから現れる症状は・・・その解決法とは・・・?仕事の疲れとの付き合い方をお伝えします。

Happy young woman in sweater on lonely beach rejoicing

仕事に疲れた時、あなたはしっかり休めていますか?


pixta

1日の中で仕事をしている時間って、とても長いことに気づいていますか?人によっては睡眠時間よりも長く働いてあなたの体は想像以上に疲れた状態なのです。毎日多くの時間を費やす仕事はやはり疲れも出ますし、誰しもが抱えるストレスはつきものです。ご飯もロクに食べずに残業をして家に帰るのは23時。寝不足のまま次の日に出社し集中力がないので、ダラダラ仕事をしてまた残業。こんな悪循環に入ってしまっている方もいるのではないでしょうか。その状態で良い仕事はできません。今回は疲れた体と心をリセットし開放する方法をお伝えします。

なぜ仕事は疲れるのか


pixta

仕事をしているときはそれなりに集中しているので疲れは感じない人もいますが、ふと休憩したときや、帰宅後にどっと疲れが出ますよね。単純作業なのに・・・今日は割と暇だったのにな・・・と、状況はさまざま。なぜ毎日毎日疲れを感じながら仕事をしているのでしょうか。自分のことを直してみてください。

1.通勤時の体力的な疲れ

仕事の疲れは、なにも就業中だけに限ったことではありません。通勤時間にもそれなりの体力が使われているのですね。地域性はあるにせよ、通勤ラッシュで混み合った電車やバス、渋滞にはまった車内など、自分ではどうにもできない現象に耐えなければならないことは多いはず。特に混み合った車内では、押される体の痛みや倒れないために力を入れる手足など、予想以上に体力を使っています。運転でもずっと同じ体制だったり、なかなか進まない渋滞に焦る気持ちが体力を奪ってしまうこともあるでしょう。

2.パソコン業務での目や肩の疲れ

やっと着いた職場、さて業務の始まりです。早速、パソコンでの事務やミーティングでデジタル資料の確認やらで、目を使うことになりますよね。細かい文字を見たり、暗くした室内でデータを見たりと目の周りの筋肉も駆使します。目の疲れは頭痛や肩こりにも影響してしまうので注意が必要です。最近はスマホやタブレットでの業務も当たり前となり、余計に下を向きがちで姿勢が悪くなり肩こりや首の痛みにつながります。

3.営業やサービス業での精神的な疲れ

仕事は一人きりではできないもの。社内の同僚や上司、取引先や顧客との付き合い助け合いがあってこそ成り立つものです。特に営業や接客サービス業では、関係性を保つため相手の状況を見つつ抑えるところは抑え、それでも自己主張したりと、バランスを取りながらやる必要があります。相手を不快にさせないような気遣いは重要なお仕事ですよね。仕事の達成感も味わえますが、緊張疲れも出てしまいがち。

4.部下や上司に対する人間関係の疲れ

仕事の悩みで上位にくるのが「人間関係」。これまた厄介なものです。社外との付き合いを良いものにするのは当然ですが、社内での関係性も良好に保たなければなりません。毎日のように顔を合わす上司や同僚。ちょっとした性格の不一致などでうまくいかないことは人間よくあることです。ちょっとした言い方や伝え方、ミスで迷惑しているなど、不満はそれなりにあるでしょう。同僚や上司とは仕事において意見を言い合える存在かつ、信頼できる間柄を気づくことで業務を発展させていけることが理想です。一緒に仕事をし同じ方向を目指す者同士、チームワークを意識しなければなりませんよね。その気遣いがまた疲れの原因でもあります。

こんな時は心や体が疲れているサイン


pixta

仕事の疲れはさまざまな原因があることはわかったと思います。しかし、なかなかその疲れに気づかず毎日必死にやりこなしている人も多いのではないでしょうか?「これくらい普通のこと」「こんなことで弱音は吐けない」と、強気でいませんか?気持ちは前向きに耐えていても体は素直。いろんな症状で警告を出してくれています。そんな疲れのサインに早めに気づき、早めの対処をしましょう!

1.肩こりや頭痛、腰痛がなかなか治らない

なんだか毎日体が重い・・・肩や腰が痛い。ということはありませんか?パソコンのやりすぎなどで目が疲れたり、緊張し肩に力が入りすぎることで肩が凝ってしまっているかもしれません。立ち仕事やデスクワークで同じ姿勢を長時間続けることで腰に負担がかかっていることも。目の疲れや寝不足などは頭痛として症状に現れます。

2.吹き出物や口内炎などの肌トラブルが起こりやすい

食事が偏っていたり、睡眠時間が減るなどで体の免疫力が下がっていると、吹き出物や口内炎などができてしまいます。ビタミン不足やホルモンバランスの乱れは肌トラブルとして警告してくれます。ファンデーションのノリが悪い、吹き出物ができた、など異変があったときは疲れている証拠です。

3.食欲不振、または何を食べても美味しくない

過労やストレスが多いときは、食欲がなかったり、食べてもおいしさを感じず感動しないなんてこともあります。ストレスを受けた脳が発する指令や、体内の血糖値を上げるホルモンが分泌されやすくなることで満腹感があったり、消化機能が低下してしまうことが原因と考えられます。

4.イライラしたり落ち込みが激しかったりする

疲れているときは精神的にも不安定な状態になります。感情を脳がコントロールできなくなり、ちょっとしたことでイライラしたり逆にすごく落ち込んだり、涙もろくなったりと情緒が安定しません。今出ているその感情をまずはサインと捉え、ケアすることが必要です。

5.集中力が低下してミスが増えた

寝不足や休息が足りていないことで集中力も低下します。集中力を欠くと人間だれでもミスをしがちです。いつもやっていることでも上手くこなせなかったり、注意しなければいけないとわかっていてもぼーっとしてしまうことも多くなります。最近なぜか単純なミスが増えたと感じている人は疲れが原因の可能性があります。一度

6.寝つきや寝起きが悪い

体の疲れはもちろん精神的に疲れているときは、質のよい睡眠ができないものです。人間の体は、ストレスに対抗するため交感神経系を活発化させます。交感神経が活発になると脳が覚醒し緊張状態を作り出すので、休まらない時間が多くなるのです。疲れを取るための睡眠も、気がかりなことがあり眠れない、寝たはずなのに疲れが取れないという悪循環を生んでしまっていますね。

仕事に疲れた時、上手に疲労回復する方法


PIXTA
仕事で感じる疲れやストレス、その症状などはおわかりいただけましたか?「最近なんか変だな・・・」と感じつつも、なかなか自分では気づかないことも多いかもしれません。もし異変に気づいたら早めの対処がおすすめです。疲れを放置しそのまま働き続けるとひどい場合は、うつ病になってしまうこともあります。では、どのような回復方法があるのでしょうか?その方法をお伝えします。

1.食事の時間をゆっくり楽しむ

忙しいから食事を後回しにしたり、ながら食いをしていませんか?食事は体力を作る上で大事な要素の1つです。じっくり味わって食事することで、優雅な時間を感じられ落ち着いた状態になります。また栄養を取り、免疫力を上げることが重要です。ごはんに味噌汁、焼き魚など定食でもよいので、バランスのとれた食事を心がけ、感謝しながら食べてみましょう。

2.休日は仕事のことは考えずにゆっくり休む

仕事とプライベートのメリハリをつけましょう。仕事ができる人はメリハリをつけています。休日は仕事のことは考えず、ゆっくり過ごし体を休め体調を整えることを優先してください。体力がないと、好きなことも仕事も楽しめませんよね。

3.本や映画で思いっきり泣いてストレス解消!

好きなことをしたり、普段の生活(仕事上)では味合わない感情を出すことも1つの方法です。楽しい!面白い!切ない!嬉しい!など、本や映画の世界観に浸ってみるのもよいでしょう。新鮮が感情になったり、悩んでいたヒントを受け取ったりするかもしれませんよね。

4.癒しの音楽やアロマグッズを使う

体が疲れているときは、ゆっくりと過ごすことが1番。そして、ゆっくりした時間の中で、気持ちが安らぐ音楽を聴いたり、お気に入りのアロマで香りを楽しんだりすこともおすすめです。特にアロマは脳に刺激を与え感情のコントロールをしたり、ホルモンの分泌を促し血流を増加させる効果もあります。疲労回復にはローズマリーやラベンダー、レモンなども効果的ですよ。

5.ウォーキングやストレッチで適度に体を動かす

ゆっくり休めたら、次は少し体を動かしてみましょう。激しいスポーツではなく、軽いウィーキングやストレッチ、足つぼやハンドマッサージがよいでしょう。適度な刺激で脳も活性化し血流もよくなります。体も心もリフレッシュさせましょう。

6.心を許せる相手にゆっくり話を聞いてもらう


pixta
もし悩みがある場合は1人で抱え込まず、家族や親友、彼氏彼女など心を許せる相手に話してみることをおすすめします。少し話せただけでも気持ちはだいぶ軽くなりますよ。ため込むことはせず吐き出すことも重要です。「ちょっと疲れている」「こんなことがあって・・・」と打ち明けることで、アドバイスをもらえたり励ましてもらえることもありますよね。カフェでお茶をするのも仕事帰りに飲みに行くのも必ず息抜きになります。時間がないことを言い訳にしないでくださいね。また元気になったら今度は相手の話も聞いてあげましょう。

こんな時は専門家への相談や転職を考えた方がいいかも


PIXTA
疲れの原因はお伝えした通り、本当にさまざま。体の不調や精神的な面でもサインをくれることがあります。気分転換や日々の生活リズムを立て直すことで解決する場合もありますが、なかなか改善しなかったり、改善する気力すらないなんてことも・・・そんな時は専門家への相談や環境をガラッと変えることが必要になるかもしれません。

1.意味もなく涙が出てくる

突然涙が出たり悲しくなる、虚無感に襲われるけど次の日には元気になっている…そんな経験を繰り返している人に知ってもらいたいのはうつ病予備軍になっている可能性もあります。精神的な疲れから引き起こされることが多いうつ病。この症状は普段自分を抑えて他人と付き合ったり、我慢している性格の人に多いかもしれません。中でも夜に涙が出たり気分が落ち込み憂鬱な気分が消えない場合、またそのせいで眠れないなどの状態になることが増えます。自分なりにリフレッシュしてもなかなか気分が晴れないときは、一度専門家へ相談したほうがよいでしょう。

2.何に対しても無気力になる

体が疲れていると当然、力も出ませんしやる気も起きません。なんで自分はこんな楽しくない仕事をしているんだろうとネガティブな考えばかり出てきますよね。そんなときは、栄養のある食事と睡眠をたっぷり取りましょう!ただ、食事も睡眠もなかなか取れなかったり、やる気のない状態が続くようでしたら早めに専門家へ相談しましょう。精神的に負荷がかかりすぎている可能があります。症状がひどくなる前に対処することが大切です。

3.休みたい時に休めない職場である

連勤や残業も続くのに、なかなか思うように休日を取れない・・・体調が悪いのに仕事を休むわけにはいかない・・・そんな状況にある場合は、思い切って環境を変えてみることも必要かもしれません。休みたいときに休めないことが続くと体力も精神的にも疲労が大きくなります。この先もこんな状況が続くと考えるだけでも辛く仕事がはかどらないですよね。また、そんな職場環境は改善が必要です。改善するために努力しても自分だけではどうにもならない場合は、転職も視野に入れてみましょう。まずは体を休め、また新しい環境で生き生きと働くこともおすすめです!

疲れたら無理をしない!それが仕事を続けていけるコツ


pixta

疲れを感じるポイントは人それぞれ。体調や精神バランスを見ながら、自分のなりの付き合い方が必要です。とくにコンディションを整え、生産性・効率性のある仕事をすることが重要です。疲れたときは無理をせず、休みましょう。短時間でも休息を取ったり、休日の過ごし方を工夫するだけで改善することも多いはずです。疲れが取れないまま仕事を無理に続けても悪循環に陥るだけです。他人に迷惑をかけないためにも、自分に合うリフレッシュ方法を見つけてみてくださいね。

Happy young woman in sweater on lonely beach rejoicing

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

大手人材業界を転職後、IT,web業界で働く40歳、一児の父です。ビジネス、副業、仕事の悩みが得意分野です。前職の経験から多くの職種についての知識は少なからずあります。また現在働いている会社で得た知見をもとにインターネット企業に関することも皆様にお伝えできれば幸いです。皆様のためになるような分かりやすい記事執筆を心がけていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

大手人材業界を転職後、IT,web業界で働く40歳、一児の父です。ビジネス、副業、仕事の悩みが得意分野です。前職の経験から多くの職種についての知識は少なからずあります。また現在働いている会社で得た知見をもとにインターネット企業に関することも皆様にお伝えできれば幸いです。皆様のためになるような分かりやすい記事執筆を心がけていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。