これって誰が喜ぶの?内祝いのお返しで本当に困った物&嬉しかった物とは

更新日: 2017年7月10日

さん

お祝いをしてもらった相手に対して何を贈るか迷ってる方必見!せっかくお返しをあげるのだから張り切って用意したい気持ちはわかります。だけど、ちょっと待って下さいね。貴方が良い!と思って選んだ商品って相手からしても本当にいい商品なのでしょうか?一見喜んでそうに見えて、喜んでるふりなのかもしれませんよ。ここでは口コミや本当に売れてる商品を元に貰ったら困るものと嬉しいものを紹介していきたいと思います。

pixta_20437950_S

PIXTA ※イメージ画像

「絶対に喜んでもらえる!早く届いて欲しいな。」

pixta_1235352_Spixta

こんな気持ちで内祝いのお返しを選んでいますか?しかし貴方の選ぶ内祝いのお返しって本当に相手が貰って嬉しいものなのでしょうか?貰った時はいい顔をして喜んでくれてても本心はどうなんでしょう。お返しを貰ったことことに対して「ありがとう。」と言ってくれていても、貰ってよかったという心からの「ありがとう。」は言ってもらえないかも…。どうしても主観だけで考えがちで相手のことを考えずに自分が思う良い物を贈りがちですが、使う人が本当に嬉しいと思える贈り物を贈ってあげましょう。

内祝いとは?

pixta_23771983_Spixta

内祝いは、おめでたいことに対して「喜びを分かち合いましょう!」という想いや、これまでお世話になった人たちへの感謝の気持ちを表す目的で行われてきました。元々、自分たちから贈り物や挨拶に行くのが基本でしたが、時が経つにつれて祝ってもらったことに対して御礼を渡すというのが一般的になってきました。なので、お祝いを貰った相手以外にも贈り物を渡しても問題は無いのです。例えお祝いの贈り物を貰っていなくても、自分が感謝を伝えたい相手が居るなら報告と共にささやかなプレゼントを渡すのもいいかと思います。
一般的に、結婚、出産、入学、病気の快気などのお祝い事の時に内祝いを行います。内祝いの基本的なマナーや「のし」に書くことも合わせてチェックしてみて下さいね。

本当に要らない!貰って困った贈り物3選

pixta_22076466_Spixta

センスなさすぎ!と言われてしまう贈り物だけはあげたくないと思います。どうせあげるなら相手の喜ぶ顔が見たいはず。口コミで酷評の本当に要らない商品と貰いたくない理由をあげていきます。もちろん合う合わないがありますので、相手に合わせて選ぶようにして下さい。

1.名入りのグッズ

Healthy drink in small bottlespixta

貰った誰もが困るお返し。確かにお祝い事なので、おめでたいですが名前入りのものは使うタイミングに困るというのが本音です。よく内祝いランキングなどで上位にランクインしているので選んでしまいがちですが、何も考えずにそんなランキングばかり見て買う人が多いから悪循環が起きて上位に名入グッズが入ってきてしまうのです。本当に相手のことを考えて、貰って嬉しいものは何か?と考えたら名入れグッズは選ばないのでは?実際に貰った人の声も聞いてみましたので参考にして下さい。

名入れのジュース瓶を貰って飲み切ったは良いけど捨てるか迷いました。結局捨ててしまったけど、送ってくれた新郎新婦に申し訳なかったかな?と残念な気持ちになりました。(38歳 女性)

2.賞味期限の早いお菓子や小分けになっていないもの

カステラpixta

内祝いのお返しの定番はお菓子だと思われがちですが意外と喜ばれないことが多いです。特にカステラやお饅頭などは賞味期限が短いので好まれません。また小分けになっていないものだと一度に食べ切らなければいけなかったり、切り分けたりするのが面倒くさいという意見もあります。定番のクッキーなども量が多すぎて食べきれなかったという声もちらほら。昔のように缶に入ったクッキーやマドレーヌはナンセンスなのかもしれません。もちろん相手が本当に好きなら別の話ですが…。それでも食べることを急かすような、生菓子は避けるようにしましょう。

有名店のクッキーを大きな缶で貰いました。しかし私はまだ独身の男。正直こんなに貰っても食べきれないですし、そもそも甘いのがあまり得意じゃない。忙しいのは分かるけどもっと自分に合ったものが欲しかったな、というのが正直な感想。(27歳 男性)

3.趣味の合わない小物や雑貨

自分の好きなデザインやブランドを相手にプレゼントするのって極めて危険なんです。良いものを贈ったつもりが相手からしたらありがた迷惑として捉えられてるかもしれません。もらった手前、捨てられないし消耗品でも無いので処理に困るのが小物や雑貨系のお返しです。とっておくのも正直邪魔になるので、自分好みを相手に押し付けるのだけはやめてあげましょう。

旅行好きの派手な友達が、ボヘミアン柄のマグカップをくれました。しかし私の家はモノクロでまとめているので、そのコップは圧倒的存在感を放ったまま飾られることに。友人が来る度に家の見えるところに置いてあげる生活はいつまで続くのでしょうか。(33歳 女性)

貰って嬉しい内祝いのお返し3選!間違いなく喜ばれる贈り物だけを紹介

pixta_25112443_Spixta

相手が欲しくないものをあげたところで感謝の気持ちは半減どころか微塵も伝わらないかもしれません。感謝の気持ちは伝えるためには一人ひとりに合ったプレゼント選びをしていくことが重要です。口コミで評判の良いものを選んでみたのでお返し選びの参考にして下さい。

1.ギフトカード・商品券

pixta_8510973_Spixta

間違いなく嬉しいのがギフトカードや商品券。スーパーや百貨店で使えるし金額も明白!その明白になってしまう金額だけうまく調整したいですが‥.。貰う側からするとどんなプレゼントよりも使い勝手の良いですし、あげる側からしても準備するのに時間が掛からないのが良い点ですね。お祝い事の後ってどうしてもバタついて色々な事が後手後手になってしまうので、準備する手間が掛からないのでオススメです。ですが、ただあげるのでは無くしっかりとマナーとメッセージなどは添えるようにしましょうね。

どんな凝った贈り物よりも商品券のほうが嬉しい。自分の好きな物を買うことが出来るので重宝します。(29歳 女性)
家族が多いのでお菓子や調味料をもらうよりも商品券やギフトカードを貰えるほうが日頃の買い物で使えるので嬉しいです。(33歳 女性)

2.カタログギフト

冊子pixta

今の時代のカタログギフトは侮れません。カタログギフト専門サイトや高島屋や伊勢丹などの百貨店からもカタログギフトが発売されています。値段も安いもので3000円〜あるので気軽に選べて良いですね。上で述べた商品券やギフトカードもいいですが、カタログギフトとして渡すと金額感もバレないですし、こだわって選んでくれたのかな?なんて思われるかもしませんね。自分が知らない相手の一面を知ることが出来て更に友好関係が深まることもあるのだとか。

自分で選べるのが良い!実際自分が贈ったものより値段の高いカタログギフトが送られてきた時は申し訳ないけど、「よっしゃ!ラッキー!」と一人でガッツポーズ。(39歳 女性)
結婚の内祝いのお返しとしてもらったのがカタログギフトでした。新郎新婦曰く、僕の趣味が分からない、とのことでこのお返しにしたのだとか。密かにハマってるチョコレートを詰め合わせを選んだと話したら、驚いてましたね。(28歳 男性)

3.タオルや洗剤などの日用品

スクリーンショット 2017-04-26 17.48.52http://www.gift-kodawariya.com/shopdetail/000000000225/

毎日使える無難なものが人気のお返しの定番品です。凝った贈り物にしなくても、喜んでくれるものが日用品です。ただ1点だけ気を付けなければいけないのが、癖の強くない物を選ぶこと。タオルなら白、黒の無地、洗剤なら無香料のもので統一することをお忘れなく。この違いだけで喜ばるお返しになるかどうか決まりますからね。調子にのって個性的なものを贈るのは止めましょう。

実は家のタオルはほとんどお歳暮と内祝いで貰ったものだけです。自分では買わないけど質の良いタオルって気持ちいいので毎日使いたくなりますよね。もらったタオルを大切に使っています。(34歳 女性)
洗剤や入浴剤をもらうことが多いですが、匂いに敏感な僕は好きじゃない匂いのもを貰うと捨てちゃいます。勿体無いので実家に送る時もありますが面倒くさくなって捨ててしまう方が多いです。無臭のやつなら使いますけどね。(28歳 男性)

貰って嬉しいものをあげてお互いハッピーに!

pixta_4203134_Spixta

いかがでしたか?貰って困るもの、嬉しいものが理解できたと思います。建前上の感謝の言葉よりも心からの「ありがとう!」が聞きたいですよね。相手がどんなタイプか貰ったら困らないだろうか?ということを踏まえて内祝いのお返し選びをして下さいね。一人ひとりに合ったプレゼント選びをしよう。

pixta_20437950_S

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

大手人材業界を転職後、IT,web業界で働く40歳、一児の父です。ビジネス、副業、仕事の悩みが得意分野です。前職の経験から多くの職種についての知識は少なからずあります。また現在働いている会社で得た知見をもとにインターネット企業に関することも皆様にお伝えできれば幸いです。皆様のためになるような分かりやすい記事執筆を心がけていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

大手人材業界を転職後、IT,web業界で働く40歳、一児の父です。ビジネス、副業、仕事の悩みが得意分野です。前職の経験から多くの職種についての知識は少なからずあります。また現在働いている会社で得た知見をもとにインターネット企業に関することも皆様にお伝えできれば幸いです。皆様のためになるような分かりやすい記事執筆を心がけていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。