IWCの人気腕時計6選!買う前に知っておくべき定番から最新モデルを紹介

更新日: 2017年8月4日

Watcher さん

腕時計選びに迷っている皆さん!IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)をご存知ですか?IWCは時計好きからは根強い人気を誇るスイスの時計メーカーです。スイスの伝統的な時計作りのノウハウとアメリカの機械化された自動製造技術を取り入れた時計作りが特徴です。シンプルながらも洗練されたデザインが光るIWCの全6コレクションの腕時計から1つずつオススメをピックアップしました。

Close up watch and wallet

pixta イメージ画像

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)って?

1868年にスイス・シャフハウゼンでボストン出身の時計職人フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ氏が立ち上げたのが「IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)」です。スイスの時計職人とアメリカの先進的な製造技術の融合を狙って立ち上げ、1985年に発表した「パルウェーバー・ポケットウォッチ」は”時”と”分”をデジタル表示する革新的な時計で時計業界に強いインパクトを与えました。懐中時計で地位を確立した後、1915年に腕時計業界に本格的に参入しました。爆発的なヒットはしないまでも今日まで高く評価され人気を保ち続けています。人気理由としては長く使い続けられる品質の高さが一番の要因でしょう。一つ一つの部品はもちろん、デザインからムーブメントの製造、耐久テストまでも自社で行う完璧なマニュファクチュールがあるからこそ高品質な腕時計が生み出されるのです。IWCの腕時計は日本ではあまり馴染みが無いかもしれませんが本当にオススメの出来る腕時計ブランドの一つです。

徹底された品質管理。永年使えることが人気のIWC腕時計

da-vinci-pure-beauty-pr-stage-image.0ccc288a191c4b642569b9c686b896f5https://www.iwc.com/ja/collection/davinci/

創業時の1868年から変わらずスイスのライン川のほとりで製造を続けています。それは地理的条件がこれ以上の場所がないと考えるからです。近隣の工場施設や水力発電が揃うこの地での製造を続け、徹底したマニュファクチュールを実現しています。一つの時計作りでも、何を一番強化したいのかをデザイナー、時計製造技術者とが議論し検証し「モデル化」していきます。こだわりは製造段階から品質テストまで余念がなく、アフターサービスまで充実しています。製造の際、開発者は何年も先も使えるようにアフターサービスが容易に出来るように設計するそうです。世界25ヶ国に200人以上居るIWCの時計技術者がいかなる時も修理やオーバーホールに対応してくれるというカスタマーサポートも永年愛される秘密なのかもしれません。親子やその先の世代まで受け継がれる時計は一度つけてみたくなりますね。

世代問わずオススメ。本当の腕時計を求める人へ!

古臭くなく、派手すぎるということのない無難なデザインといったら良いでしょうか。カジュアルでもフォーマルでも付けることのができるIWCの腕時計。流行りに流されないデザインと高い技術力に裏打ちされた永久的に使うことが腕時計は世代を選ばないのが良いところですね。自分が年を重ねるごとに時計にも味が出てきてより一層の愛着が湧くはずです。

【関連記事】【完全版】オシャレなおすすめ人気メンズ腕時計ブランド100選(大学生から社会人まで)

【関連記事】1本は必ず欲しい!人気の高い流行りのおしゃれな腕時計ブランド10選

つければ分かる品質の高さ!おすすめのIWC腕時計6選

つけたら実感出来る高品質なIWCの腕時計。全6コレクションから売れ筋の人気モデルを選りすぐって紹介させて頂きます。コレクションそれぞれの特徴も時計選びの参考にしてくださいね!メンズもレディースも合わせてご紹介致します。それではご覧ください。

1.ダ・ヴィンチコレクション「ダ・ヴィンチ オートマティック」

www.amazon.co.jp/dp/B00XMZAGB8

1969年に初代ダ・ヴィンチが発表されて以来、永年に渡り愛され続けてきました。最近ではベルトのカラーや素材が豊富に取り揃えられメンズ、レディース問わず人気のコレクションになっています。今回紹介するのはゴールドのケースと渋い本革ベルトが光るモデルです。どんな服装にも合わせやすく、フェイスも小さめなので男女共につけることが出来るのがポイントです。

2.インヂュニアコレクション「インヂュニア ダブル クロノグラフ」

www.amazon.co.jp/dp/B008KUJ2M4

1970年代はじめにダイバーのヘルメットからこのインヂュニアコレクションを作り上げました。これまで隠されていたビスや機能ボアをあえて時計の上に置き、露骨なデザインを取り入れました。それは力強さやスポーティーな仕上りは大きなインパクトを与え話題になりました。現在でも伝統的なデザインは受け継がれ、男らしい腕時計が若い世代に人気となっています。

3.パイロットウォッチコレクション「パイロットウォッチ クロノグラフ」

www.amazon.co.jp/dp/B008J7ETL2

1936年にIWC史上、初めてパイロットウォッチが作られました。視認性に重きが置かれるパイロットウォッチですが、大きめのフェイスデザインの先駆者となったのがIWCの腕時計と言っても過言では無いでしょう。1940年に販売された「ビッグ・パイロット・ウォッチ 52 T. S. C.」はその後のパイロットウォッチ業界に絶大な影響を与えました。その意志をも受け継ぐ「パイロットウォッチ クロノグラフ」は現在でも多くのパイロットから愛されています。もちろん普段使いも出来るので見やすくて、重厚感の溢れる時計を下がっしている方にもオススメです。

4.ポルトギーゼコレクション「ポルトギーゼ オートマチック」

www.amazon.co.jp/dp/B0191M6BNM

IWCを代表する腕時計といえば「ポルトギーゼ」は外せません。誕生から75年を超えるポルトギーゼは年々進化しつつあるものの、発売当初から変わらない大きめのムーブメントを搭載している点がポイントです。時代は小さく、薄く、軽くという腕時計に注目していますがIWCのポルトギーゼコレクションは伝統ある形を継承し、コアな時計ファンからの人気を勝ち取っています。ポルトギーゼをつけているだけで玄人目で見られることでしょう。

5.アクアタイマーコレクション「アクアタイマー オートマチック」

www.amazon.co.jp/dp/B01FZJAK4Q

ダイバーのために開発されたアクアタイマーコレクションは、世界各国のダイビングを楽しむ者へ喜びを届けています。一見簡素な作りですが、安全面への配慮から誤った方向にベセルを回転させても正しい設定の潜水時間を把握できるようになっています。また暗い水中でもしっかりとタイムを把握できる夜光塗料が塗られているので視認性も優れていると言えます。ダイバー必見のウォッチです!

6.ポートフィノコレクション「ポートフィノ クロノグラフ」

www.amazon.co.jp/dp/B06Y3QKHXN

イタリアの小さな漁村「ポートフィノ」がそのままコレクション名になった腕時計。絶えず人気のあるポートフィノは、時計としての魅力を最大限に引き出し、クラシカルながらも日常的に使える腕時計を目指しました。華美な装飾はなく上品で目立ちすぎないポートフィノは比較的40代、50代の男女に人気のあるコレクションです。

ずっと使い続けるならIWCの腕時計!

IW503302_MOOD_972x426.efdad6ae163dd740bb76b54677d93a7ehttps://www.iwc.com/ja/collection/portugieser/

腕時計は一生モノ。どうせなら壊れないで使い続けたいですよね。一つ一つの部品の製造からアフターサービスまでこだわり抜いたIWCの腕時計なら本当に一生使い続けることが出来るので是非一度手に取ってもらえたらと思います。必ず満足してもらうことが出来る腕時計なのでプレゼントなどにもおすすめですよ。

【関連記事】【完全版】オシャレなおすすめ人気メンズ腕時計ブランド100選(大学生から社会人まで)

【関連記事】1本は必ず欲しい!人気の高い流行りのおしゃれな腕時計ブランド10選

Close up watch and wallet

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

Watcher

さん

人生で初めて買った時計は学生の時に買ったG-SHOCK。それ以来、数あるブランドの腕時計を試してきました。気になるモデルがあれば買って付けたくなってしまうほど腕時計の魅了されています。普段はサラリーマンなのでシルバー系の腕時計を、休日はカジュアルめのものを付けて毎日ちょっとしたお洒落を楽しんでいます。よく「お洒落は足元から」って言いますよね、もちろん間違ってはいないとは思いますが、私の場合「お洒落腕元から」とも思っています。腕時計選びに困った際に参考になる記事を書いていきたいと思います。宜しくお願いします。

まとめの内容について運営スタッフへ報告
Watcher

さん

人生で初めて買った時計は学生の時に買ったG-SHOCK。それ以来、数あるブランドの腕時計を試してきました。気になるモデルがあれば買って付けたくなってしまうほど腕時計の魅了されています。普段はサラリーマンなのでシルバー系の腕時計を、休日はカジュアルめのものを付けて毎日ちょっとしたお洒落を楽しんでいます。よく「お洒落は足元から」って言いますよね、もちろん間違ってはいないとは思いますが、私の場合「お洒落腕元から」とも思っています。腕時計選びに困った際に参考になる記事を書いていきたいと思います。宜しくお願いします。