フランスの気品溢れる香りが特徴!Givenchy(ジバンシー)人気おすすめ香水10選

更新日: 2017年7月10日

shiori さん

今回は、おすすめの香水ブランドGivenchy(ジバンシー)の魅力について迫っていきます!Givenchy(ジバンシー)人気の香水10選まとめていきます。メンズとレディース5選ずつあげているのでカップルで同じブランドを付けてみるのも良いのではないでしょうか。

Bottle of nameless perfume on female table with different staff. Diary, handmade bracelet and vial of essence on white wooden table. Feminine workplace

PIXTA ※イメージ画像

Givenchy(ジバンシー)とは

Givenchy(ジバンシー)、このブランド名を聞いてどんなイメージが思い浮かびますか?高級なハイブランド、リッチな印象、そして日本には大旋風を巻き起こした香水が思い浮かぶのではないでしょうか。今回はGivenchy(ジバンシー)の香水を特集致しますが、まずはこのブランドについて歴史やデザインの特徴等抑えていきましょう。

「モードの神童」ユベール・ド・ジバンシィ

Givenchy(ジバンシー)を作ったのはユベール・ド・ジバンシィ。ブランド名に自分の名前を当てるというのは多いですが、このGivenchy(ジバンシー)もその一つです。

1927年、ユベール・ド・ジバンシィは、フランスのプロテスタント貴族の家庭に生まれました。父は公爵の称号を持ち、非常に身分の高い家に生まれます。母方の祖父はゴブラン&ボーヴェ・テキスタイル・ワークショップの所長を務めた芸術家。そのいとこや叔父、叔母も音楽や絵画の才能を持った実にアーティスティックな一族だったと言われています。ユベール・ド・ジバンシィは8歳の時に洋服を仕立てる等、その才能を発揮していきます。ただ、この時代は、ファッションに携わる生業の評判は高いものではなく、身分の高い彼がその世界に入るには家族からの反対が強かったそうです。

1951年、24歳での初コレクションは、斬新なアイデアとシャープな感性が絶賛され、「モードの神童」と呼ばれ華々しいデビューを飾ります。そして、翌年1952年、Givenchy(ジバンシー)社を創立したのです。

ジバンシーの代表著名客といえば名女優オードリーヘプバーンです。 個人的にもユベールドジバンシィと馴染みがあったと言われています。Givenchy(ジバンシー)は名女優に支持されたこともあり、レディースブランドとして地位を確立しました。

Givenchy(ジバンシー)の特徴は?

「GIVENCHY」とブランド名が記載されているものが基本です。もう一つは、アルファベットのGを四角くアレンジして4個重ねたロゴでしょう。バッグや服、化粧品や香水のボトルにもついていることが多いですね。かなり有名なハイブランドの一つですが、Vuitton(ヴィトン)やGucci(グッチ)と違ってブランド名を思い切り押し出すようなデザインは少ないのでロゴのインパクトにおいては、控えめでしょう。

Givenchy(ジバンシー)の年齢層について

展開されている商品はハイブランドらしい高めな価格が多いので、30代全般、それ以上の年齢にふさわしいブランドと言われています。今回ご紹介するGivenchy(ジバンシー)の香水は、ハリウッドセレブや人気モデルや女優が付けているというだけありブランド力もさることながらセクシーな大人の香りが特徴なため、落ち着いた年齢になってくる30代、20代であれば気品やセクシーさをアピールしたい、そんな方向きのものが多いかもしれません。

ただ、香水のお値段は3000円あたりから割引されて出ているものも多いです。そのため、10代後半から手が届く価格ということもありGivenchy(ジバンシー)は若い世代にも非常に人気が高い統計がでています。ウルトラマリン等有名香水の台頭により、大人に憧れる若者たちがまず目指す、そんなブランドでもあるでしょう。

Givenchy(ジバンシー)人気おすすめ香水10選

そこで、今回は大人の香りの代表格Givenchy(ジバンシー)から人気の香水について考えていきたいと思います。Givenchy(ジバンシー)の香水は人気のお品が数多くありますが選りすぐってみました。どんな香水がいいのかな?と色々迷ってしまっている方、是非参考にしてみてくださいね。

1.Givenchy(ジバンシー)「ウルトラマリン メンズ香水」

www.amazon.co.jp/dp/B00021AWV4

長年愛用している方が多い、Givenchy(ジバンシー)ウルトラマリン。1995年に発売されると、鮮烈なブルーカラーそのままの爽快感が人気となり、爆発的にヒットした伝説の香水です。この名前を聞いた方は多いのではないでしょうか。紺碧のブルーに輝く海のように、自然と自由を謳歌する男性をイメージして作られたと言われています。名前の通り夏のほうが適している爽やかな香りと、持続性が高いと口コミでも人気です。

2.Givenchy(ジバンシー)「π(パイ) メンズ香水」


www.amazon.co.jp/dp/B000VXPVBY

商品のコンセプトは「無限の広がる自然と宇宙空間へ」。新しい発見のために無限に広がる知識や才能に挑戦し続ける男性たちに捧げる香りです。バニラの香りなので、ウルトラマリンが夏ならば秋や冬に似合う香りと言えるでしょう。香りの系統は違うものの、どちらも知的で上品な印象があります。季節で付け替えてみるのもおしゃれではないでしょうか。

3.Givenchy(ジバンシー)「PLAY(プレイ) メンズ香水」

www.amazon.co.jp/dp/B002VRPXNO

「PLAYボタンを押した瞬間に感情が揺さぶられ、五感を刺激して躍動の世界へ」こんなテーマが込められた香水PLAY。RWE、EEWDの左右のボタンも押したくなるような少し遊び心あるデザインでちょっと手に取ってみたくなる香水ですね。暖かさにプラスして大人な印象を与えてくれる香りは、どんな場面にも似合う癖のない香りとして人気が高ので、誕生日や記念日の贈り物として特におすすめです。

4.Givenchy(ジバンシー)「キセリュズルージュ メンズ香水」


www.amazon.co.jp/dp/B000C213Q6

1996年生まれのキセリュズルージュ。甘すぎずスパイシー、女性も違和感ないので、恋人とペアで使用するにも良いでしょう。セクシーなイメージがする香りなので夜、上質な服装で遊びに行く時に似合いそうな香りです。逆に日中お出かけや、ビジネスシーンでは止めたほうが無難かもしれません。少量で香りが持つので、コスパは良いと人気です。

5.Givenchy(ジバンシー)「ジェントルマン オンリー パリジャンブレイク メンズ香水」

www.amazon.co.jp/dp/B018URHU2U

2016年の春に限定発売された、男性向けサマーフレグランス。モン・サン・ミッシェルが描かれた背景画が素敵なパッケージです。フレッシュなレモンと、センシュアルなハイチベチバーの香りが心地よく、包み込みます。パリの休日の紳士を思わせるような爽やかさの中に官能的な一面ものぞかせる、相反する魅力あふれるフレグランスです。

6.Givenchy(ジバンシー)「オードモワゼル ローズ アラフォリ レディース香水」


www.amazon.co.jp/dp/B01G5EU662

可愛らしい彼女へのギフトにおすすめなのは、オードモワゼル ローズ アラフォリ。「おいしそうな甘さは、くるおしいほどにロマンチック。」というキャッチコピーの香水です。バラの匂いは軽く、りんご飴のようなおいしそうな甘い香りはとてもキュート。つけると清楚で可憐な印象の女性になれそうなフレグランスでしょう。持続性は低いので、外出の際は、アトマイザーがあったほうが良いと思います。

7.Givenchy(ジバンシー)「ジャルダン プレシュー レディース香水」

www.amazon.co.jp/dp/B01BGELX5O

2016年に発売された、ジャルダンプレシュー。ヴェルサイユ宮殿の王立農園に最多、バラの花々をアップルで香りづけした「マリー・アントワネット・ティー」を意識した商品。フローラル系と洋ナシのようなみずみずしい甘さの香りがバランスのとれたフレグランスです。貴方もフランス貴族の茶会の気分に浸りましょう。

8.Givenchy(ジバンシー)「プチサンボン レディース香水」


www.amazon.co.jp/dp/B002S01B3A

プチサボンは、世界で初めてのベビー用フレグランスで、パリの高級子供服ブランド「タルティーヌ・ショコラ」との協力によりこの世に誕生しました。甘さのあまりない、石鹸、柔軟剤のような爽やかな香りです。甘めな香水は苦手という方に良いでしょう。

]

9.Givenchy(ジバンシー)「BLOOM(ブルーム)レディース香水」


www.amazon.co.jp/dp/B00HVSIGUK

2014年に限定発売されたブルーム。春のブーケをイメージしているフローラル系の優しく甘いフレグランスです。ブルームは、Givenchy(ジバンシー)の創設者、ユベール・ド・ジバンシーが大切にしてきた花達から影響を受けてつくられたそうなので、Givenchy(ジバンシー)好きな方には是非ゲットしていただきたい香水の一つです。

10.Givenchy(ジバンシー)「アンジュデモン シークレット レディース香水」

www.amazon.co.jp/dp/B002NSJ2DI

「天使」と「悪魔」の相反する二極性を表したといわれるアンジュデモンシークレット。スパイシーで甘く、それでいてフレッシュさも感じさせる品のある香り、様々な顔をもちながらまとまりのよう香りは奥深く、流石Givenchy(ジバンシー)といったところでしょうか。ボトルがクリスタルのようで美しく、インテリアとしても素敵。@コスメでも口コミ評価は高く、口コミを見ると、まずボトルに惹かれてしまった!という声が高く、見た目の美しさからもプレゼントに最適でしょう。

まとめ

人気のGivenchy(ジバンシー)の香水たち、いかがでしたでしょうか。Givenchy(ジバンシー)の香水ボトルはどれも素敵ですね。女性へのプレゼントの場合は特に、ボトルの美しさもポイントになるのでおすすめ度は非常に高いです。

自分用へ検討されている方も、参考になれば幸いです。香りもあなたの特徴の一つになります。時代を超えて愛され続けてきたGivenchy(ジバンシー)のエレガンスな香水で自分の魅力を引き立てていきましょうね!

Bottle of nameless perfume on female table with different staff. Diary, handmade bracelet and vial of essence on white wooden table. Feminine workplace

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

shiori

さん

【出身地】福岡県 【住所】東京都中央区 【仕事】IT関係 【趣味】映画・旅行・スポーツ観戦・ファッション 都内のIT会社に務める普通のOLです。自分が好きなブランドアイテムの情報をお伝えしていきます!

まとめの内容について運営スタッフへ報告
shiori

さん

【出身地】福岡県 【住所】東京都中央区 【仕事】IT関係 【趣味】映画・旅行・スポーツ観戦・ファッション 都内のIT会社に務める普通のOLです。自分が好きなブランドアイテムの情報をお伝えしていきます!