可愛すぎて欲しくなる!marimekko(マリメッコ)で人気の生地10選

更新日: 2017年7月11日

さん

手芸が好きなあなたも不得意なあなたも、marimekko(マリメッコ)の生地を見たら絶対欲しくなること間違いなし!素敵なデザインばかりなので、これであれを作りたいなど想像力が膨らみます。今回はマリメッコのオシャレな生地を10選ご紹介していきます。

Seamless background with abstract ethnic pattern.

pixta イメージ画像

marimekko(マリメッコ)って?

1949年、ヘルシンキにヴィリヨ・ラティア氏が布のプリント会社を設立したのがmarimekko(マリメッコ)ブランドの始り。彼の妻であるアルミ・ラティアには、既にどんな生地が人気になるのかハッキリとした展望があったそうです。彼女のデザインだけではなく、若い有能なアーティストも集めて今までにない大胆な生地の柄を作り出していきました。そのためmarimekko(マリメッコ)の生地を使った手作りの布製品はとても人気。素材が良いので誕生日のプレゼントや記念日のギフトなど、ハンドメイドの贈り物におすすめしたい生地ばかりです。

marimekko(マリメッコ)の生地はどの世代に人気?

marimekko(マリメッコ)の生地は素材が良く、何と言ってもいつまでも飽きのこない素敵な柄が口コミでも人気です。店舗ではセールはめったにしないそうで、値段は生地によって様々ですがネットショップでは激安セールがあるので、気になる方は要チェックです。また人気のウニッコ柄は、幅140㎝の長さ1mで5000円ほど。50㎝四方のバックを作るとなると表の生地は2500円くらいになります。裏地も100㎝幅で1m買うと1000円。つまりmarimekko(マリメッコ)の既製品のバックなら価格が1万円前後はするので、手作りした方がお得だと分かります。柄は子どもからお年寄りまで、幅広く愛される種類の豊富な生地になっています。

marimekko(マリメッコ)の人気生地10選

marimekko(マリメッコ)の一番人気の生地と言っても良いウニッコ柄。実は発売されてから50年以上も経っているのに、色褪せることのない人気のロングセラー。他にも素朴だけれどずっと使っていたくなるような、洗練された柄やレトロ感がたまらない生地など種類が豊富なmarimekko(マリメッコ)。手芸が得意な方ならこの生地を使っていろいろな物を作りたくなりそう!

10.marimekko(マリメッコ)「ミニウニッコ/レッド」

www.amazon.co.jp/dp/B00CV6SUIU

marimekko(マリメッコ)のロゴがなくたって、このウニッコ柄を見たらすぐどこのブランドかがわかるくらい人気なウニッコ。発祥地の地フィンランドで造られた、正真正銘の本物のmarimekko(マリメッコ)の生地です。こんなカーテンややテーブルクロスがあったら値段を見ないでも買ってしまいたくなる人気の模様です。

9.marimekko(マリメッコ)「カットクロス/プータルフリンパルハート/ホワイト」

www.amazon.co.jp/dp/B00O2SABW8

marimekko(マリメッコ)のプータルフリンパルハートの生地は、そのシンプルなデザインの中に遊び心が散りばめられている人気の柄になっています。こちらの生地は野菜や花のような植物が描かれていますが、フィンランド語で最高の庭師という意味なのだとか。名前とピッタリで素敵なmarimekko(マリメッコ)の人気柄です。

8.marimekko(マリメッコ)「カットクロス/プケッティ/ベージュ」

www.amazon.co.jp/dp/B00PVKJAV4

プケッティシリーズは、marimekko(マリメッコ)の中でも人気のある生地です。こちらの商品はそんなプケッティのベージュ色で、カーテンにしても柄がうるさくない生地のため、部屋を落ち着いた雰囲気にしてくれると人気。リビングでも寝室でもどこでも合いそうなmarimekko(マリメッコ)独特の模様が良いですね。

1 2 3
Seamless background with abstract ethnic pattern.

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告