marimekko(マリメッコ)の人気クッションカバー5選。お部屋のアクセントにピッタリ

更新日: 2017年7月21日

さん

無地のソファにポツンと置くだけで、部屋の雰囲気が明るくなるmarimekko(マリメッコ)の人気クッションカバー。たかがクッションカバー、されどクッションカバー。オシャレなデザインなら部屋までグッとオシャレに見えますよ。今回は人気のカバーを5選ご紹介していきます。

Sofa with pillows

pixta イメージ画像

marimekko(マリメッコ)って?

第二次世界大戦後の暗い雰囲気が充満していた戦後のフィンランドで、marimekko(マリメッコ)の色鮮やかで大胆なデザインは衝撃的なデザインとして誕生しました。今となっては美しく雄大に広がる北欧の自然を元に生まれたmarimekko(マリメッコ)の作品は、日本でも大人気のファブリックブランド。クッションカバーはソファーに1つだけ置いてあっても、部屋のオシャレにワンポイントになると人気アイテムです。定番のウニッコから、カラフルな大柄模様までテンションが上がるクッションカバーばかりが揃っています。

どんな部屋にも合うmarimekko(マリメッコ)人気クッションカバー

marimekko(マリメッコ)の人気クッションカバーは、数千円代から数万円と生地によって相場は違ってきます。ただクッションカバーくらいなら手作りできそう!と思う方は、人気の生地を購入して好きなサイズで作っても良いですね。カーテンやテーブルクロス同様に、ライフスタイルによく馴染む柄が多いのがmarimekko(マリメッコ)の特徴。生活雑貨をmarimekko(マリメッコ)で揃えたら、とっても素敵な部屋になること間違いなし!プレゼントにクッションとクッションカバーを贈るのもおすすめです。

marimekko(マリメッコ)の人気クッションカバー5選

部屋のインテリアのアクセントになったり、ポイントになったり、クッションカバー自体は小さな面積ですが、その存在感が大きいのがmarimekko(マリメッコ)の商品が人気のある理由です。部屋の雰囲気を壊すどころか、ワンランク上の部屋にしてくれるmarimekko(マリメッコ)の素敵なクッションカバーは、何枚あっても嬉しいですね。

5.marimekko(マリメッコ)「ピエニウニッコ/コットン/ホワイト&ブラック」

ピンクやレッド、イエローなどのウニッコと違って、ぐっとシックな雰囲気になる黒のmarimekko(マリメッコ)のウニッコ柄クッションカバー。落ち着いた色合いの部屋にしたい時に人気のカバーです。派手な色じゃないので、贈り物に何枚も揃えて贈っても喜ばれそうな人気商品。marimekko(マリメッコ)の取扱店舗ならどこでも置いてあるデザインなので安心です。もし売り切れになっていても、クッションカバーはハンドメイドで簡単に作ることができます。

4.marimekko(マリメッコ)「ボッツナ/コットン/ホワイト」

www.amazon.co.jp/dp/B004UJM86Q

45㎝四方のクッションという、標準的なサイズのmarimekko(マリメッコ)のクッションカバーです。ホワイトが強めの洗練されたデザインのため、部屋をオシャレに演出してくれる人気の素敵なクッションカバーです。それに口コミでは洋風でも和風のインテリアでもどちらにも合うと好評です。marimekko(マリメッコ)のポッツナ柄は飽きのこない人気デザインなので、誕生日や記念日のギフトの贈るのもおすすめです。

3.marimekko(マリメッコ)「ピエ二ウニッコ/コットン/ピンク&レッド」

www.amazon.co.jp/dp/B073XHNQHY

50×50サイズのmarimekko(マリメッコ)を代表する、人気のウニッコクッションカバー。黒や茶色のソファやイスに、このクッションカバーを付けたクッションを置くだけで、絶妙な部屋のコーディネートが完成します。marimekko(マリメッコ)独特のポップな人気カラーなので、こんなクッションが何個あっても可愛いですね。値段もそれほど高くはないので、コレクションしちゃいましょう!

2.marimekko(マリメッコ)「プータルフリン パルハート/ライトグレイ&ブラック&グリーン」

www.amazon.co.jp/dp/B01LZWEN9E

激安ショップでは決して手に入らない、marimekko(マリメッコ)のオシャレで洗練されたデザインの人気クッションカバーです。この大ぶりな植物柄なら、60×60の大きめクッションでもかなり可愛いのでインパクトが出ます。marimekko(マリメッコ)の商品の中でも特に人気のある柄なので、気になったら即効でこのクッションカバーをチェックしてみてくださいね。

1.marimekko(マリメッコ)「ルーツウニッコ/コットン/マルチ」

www.amazon.co.jp/dp/B011X5OY8Y

見方によっては幾何学模様にも見える、上品でハイセンスなmarimekko(マリメッコ)の人気クッションカバーです。欧米ではホテルのように自宅でもベッドの上に枕の他、小さいサイズから大きめサイズまでいくつかクッションを置くのが通常です。このmarimekko(マリメッコ)のクッションカバーなら、どんな部屋のインテリアにも合うような人気のある柄なので、ベッドに何個あっても素敵です。

まとめ

人気のある同じ柄を何個も揃えても良いですし、marimekko(マリメッコ)の他の柄のクッションカバーを色違いで揃えるのも可愛いですよね。リビングはグリーン系、寝室はブルー系、子ども部屋はレッド系など、同じ系統の色で統一すると一層オシャレ!ついついクッションカバーのコレクターになってしまいたくなる、オシャレなデザインが豊富でした。さすがは人気ファブリックブランドのmarimekko(マリメッコ)です。

Sofa with pillows

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告