これぞ大人のカジュアル!LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)で人気のリュック10選

更新日: 2017年8月2日

さん

カジュアルになり過ぎない大人のリュックをお探しの方、それなら思い切ってLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)で選んでみませんか?メンズ、レディース共にハイブランドならではのラグジュアリーなリュックが揃っています。今回はそんな大人気のLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のリュックを厳選して10アイテムご紹介します。

man with backpack standing at city street wall

pixta イメージ画像

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)って?

知らない人はいないくらい世界的はハイブランドであるLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)は1854年に世界初の旅行用バッグ専門店をフランスのパリに創業しました。革よりも軽く防水性にも優れたグリ・トリアノン・キャンバスというコットン素材を使用したトランクを考案し、1867年の万博博覧会で銅メダルを獲得。それをきっかけに世界的に名をはせていきます。1896年にはコピー商品対策の為に、創業者のイニシャルであるLとV、花、星を組み合わせたモノグラム柄を日本の家紋をヒントに世界で初めて取り入れました。1981年には日本で初の直営店を銀座にオープン。代表的なモノグラム柄は瞬く間に人気アイテムとなりました。現在は複合企業体であるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループとなっています。人気のバッグは特にアイテム数が多く、ハンドバッグからショルダーバッグ、ビジネスバッグ、リュック、ポシェットと多種多様に取りそろえられています。

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のリュックを支持する層は

世界中のセレブから支持されるLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)。知らない人を探す方が難しいくらいの知名度です。ハイブランド中のハイブランドですから小さなバッグでもそれなりのお値段なので、幅広い層から支持されながらも実際に愛用できるのはある程度ものを見る目を養ったおしゃれな大人と言えそうです。LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)にはいくつか人気のラインがあり、エピやヴェルニやダミエ・アズールなどは若い女性が持つ華やかで若々しいイメージを持っています。デザインもリュックやポシェットなど年代を問わないシリーズも揃っています。毎年発表される新作を楽しみにしている方も多いのでは?代表的なモノグラムからスタートして少しづつコレクションを増やしていくのもおすすめの楽しみ方です。

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)の偽物を見分けるポイント

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のリュックを購入するならやはり直営店で新品定価購入するのが一番ですが、ネット通販で買い求めた時や中古品を手に入れた時、もしくはプレゼントされた時にその商品が本物かどうかという点は気になりますよね。実は世界中で一番コピー商品が作られているブランドはLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)と言われています。人気の高いハイブランドゆえの弊害とも言えますが中にはスーパーコピーと呼ばれる見極めが難しいレベルのかなり精度の高い偽物も多く出回っています。そこで絶対にコピー商品を掴まされない為に覚えておきたい注意点を3点をご紹介します。

まず1点目はファスナーやフックなどの金具部分です。LOUISVUITTON(ルイヴィトン)ロゴが入っていることは絶対条件ですが、注目したいのが金具の厚み。偽物は金具に厚みがなく質の低い安っぽいものをつかっていることが多いようです。

2点目は縫製の質。少々わかりにくいかもしれませんが本物と偽物では比べてみると明らかにその品質が違います。ポイントとしては本物ははっきりとした黄色の糸を使用している点。偽物はベージュや黒の糸を使っていることが多いようです。もうひとつ注目して欲しい点は縫い目が均等であるかどうか。本物は正確な均等幅で縫製されています。

3点目は素材の質とコーティング。本物は上質の革に独自のコーティングを施しているので手触りがなめらかです。偽物はゴムのような手触りが多いと言われています。触ってみて違和感を感じたら偽物を疑ったほうが良いかもしれません。

少なくともこの3点には注意を払うことでコピー商品を掴んでしまうリスクは軽減できるかもしれません。参考にしてみてください。

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)の修理について

長い歴史をもつLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)には、現行モデルにないサイズ展開や仕様違いのレアなアイテムなど様々な廃番モデルがあります。 クラシカルなオールドモノグラムを楽しむのもLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)の楽しみ方のひとつ。ただあまりに古いと壊れていたり、汚れも気になるところです。そこでLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)は直営店舗でリペアサービスを行っています。パリのアトリエと同じ卓越した技術を習得した専属の職人が、フランスから取り寄せた純正の部材を使用し1点1点丁寧に仕上げてくれる人気の有料サービス。部分的なステッチのほつれからハンドルやファスナーの交換まで幅広い要望に対応してくれます。リュックは他のバッグに比べて扱いが粗野になりがちなので、ほつれたり破れたりと故障も多いもの。そんな時もリペアサービスを利用すれば自然な修理を施してくれます。また、簡単な修理ならその場でお直し可能な場合もあるようです。

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)で人気のリュック10選

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)はもともと旅行バッグの老舗メゾンです。大切に置いておくバッグよりどんどん使ってその機能性や使い心地を実感できるのが一番の魅力。バッグだけでもたくさんの種類を世に送り出しているLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)ですが中でもリュックの使い勝手の良さは世代を超えた人気を誇ります。ぜひ自分のライフスタイルに合ったリュックを見つけてみましょう。メンズ、レディース取り交ぜておすすめをチョイスしました。

10.LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)「ジェイク・バックパック/ダミエ・エベヌ」

出典:http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/jake-backpack-damier-ebene-010551

アイコニックなダミエ・エべヌキャンバスを使用し、上品でマスキュリンな雰囲気のジェイク・バックパックは、幅広いシーンでお使いいただけるLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)メンズ仕様のリュック。ラグジュアリーなディテールが施され、装いにエレガントな雰囲気を添えます。オフィスはもちろん、カジュアルな週末旅行にも最適です。

【公式サイト】http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/jake-backpack-damier-ebene-010551

9.LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)「ロックミー・バックパック/ノワール」

出典:http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/lockme-backpack-lockme-013318

しなやかなカーフレザーにLVツイストロックをさりげなくあしらったLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のロックミー・バックパックリュックです。もともと人気の「ロックミー」コレクションに新たに仲間入りしたこちらのリュック。アクティブな女性の日常使いにぴったりな、軽量でフェミニンなアイテムです。機能性が魅力のリュックは、肩掛けやハンドバッグとしてもお楽しみいただけます。

【公式サイト】http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/lockme-backpack-lockme-013318

8.LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)「バックパック・エクスプローラー/モノグラム・エクリプス」

出典:http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/backpack-explorer-monogram-eclipse-013923

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)の過去のアイコンである「ノエ・マラン」を想起させる、ハイブリッドで美しく革新的なリュックがバックパック・エクスプローラーです。伝統的なバックパックのワンストラップとトートバックの便利な開口部を組み合わせました。都会でのお出掛けはもちろん、ジムや小旅行にも最適です。持っているだけで男ぶりが上がると女性人気の高いバッグです。

【公式サイト】http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/backpack-explorer-monogram-eclipse-013923

man with backpack standing at city street wall

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん