VANS(バンズ)で人気のスニーカー!オールドスクールならどんなコーデもバッチリ決まる!

更新日: 2017年8月16日

さん

VANS(バンズ)の定番スニーカーのひとつ、オールドスクール。シンプルなデザインはどんなコーディネートにも合うと人気を集めています。ガーリーからスポーティーまで様々なコーデの例と、おすすめの商品を厳選してピックアップ!ぜひ参考にしてみてくださいね。

Education Students People Knowledge Concept

pixta イメージ画像

VANS(バンズ)って?

VANS(バンズ)とは、1966年に生まれたアメリカのブランド。バルカナイズ製法という、アッパーとソールの間に生ゴムを流し入れて接着するという製法を取ることで強いグリップ感を生み出し、スケートボーダーを中心に人気を集めました。アクティブに動くアクションスポーツ向けのスニーカーをメインに販売しており、オールドスクールをはじめ、その動きやすさとシンプルなデザインで幅広い世代の方に人気。ロゴにも使われているキャッチコピー「OFF THE WALL」とは日本語で「変なやつ」や「型破り」といった意味を持ち、そのコピーどおり革新的な製品を生み出した歴史のあるブランドです。

VANS(バンズ)の人気スニーカー「オールドスクール」の特徴

 

オールドスクールスニーカーはVANS(バンズ)の定番商品。履きやすくて動きやすいととても人気を集めています。お値段も8千円程度とお手ごろ価格なので、10代後半から20代中心が主な支持層に。サイドに入ったサーフラインと呼ばれる曲線がデザインのポイントで、シンプルですが豊富なカラーバリエーションがあるためそれぞれ違った印象が楽しめる商品です。

VANS(バンズ)のスニーカー「オールドスクール」が人気の3つの理由

VANS(バンズ)のスニーカー「オールドスクール」が長く愛され続けてきた機能性と、美しさにはどんな秘密が隠されているのでしょうか。人気の理由をその履き心地とデザイン、コーディネートのしやすさの3つに注目。簡単にまとめてみましたので、ぜひチェックしてくださいね。

1.バルカナイズ製法だからこその高いグリップ力で動きやすさ抜群!

VANS(バンズ)のスニーカーを製造する際に使用されている「バルカナイズ製法」が、オールドスクールの人気の理由。バルカナイズ製法とは古くから使われているスニーカーの製法で、アッパーとソールの間にゴムを流し込み圧力をかけて接着します。これにより高い耐久性とグリップ感が生み出されるため、激しい動きにも耐えられるスニーカーに。プロスケーターも愛用するほど動きやすく、丈夫なところがポイントとなっています。

2.シンプルなデザインはどんな服装にもあわせやすい!

VANS(バンズ)スニーカーはシンプルなデザインが多く、オールドスクールも同様です。基本的には1色のアッパー、別色のラインがサイドに入るデザイン。このシンプルさはどんなコーディネートでも違和感が生まれないと人気を呼んでいます。なかでも黒のオールドスクールは万能と言われており、一年を通じて様々な服装に合わせることが可能。足元のコーデに悩んだときのお役立ち商品だと口コミでも評価されています。

3.豊富なカラーバリエーションで好みのシューズが見つかる!

VANS(バンズ)スニーカーはどれもカラバリ豊富。人気のオールドスクールも例外ではなく、赤や青の原色系・ピンクやベージュのパステル系・カモフラなどの柄物等様々です。同じオールドスクールでも色が違うだけで全く異なる表情をみせてくれるため、1足持っているととても便利。また、コーデにあわせて何色か用意しておくのもおすすめです。

VANS(バンズ)スニーカー「オールドスクール」の人気コーデ5選。

VANS(バンズ)スニーカー「オールドスクール」にはどのようなコーデが人気なのか、5つのおすすめポイントをご紹介。オールドスクールの持つ軽快さを前面に、スポーティーなコーデが多くなっています。どれも手軽に実践できる初心者向けのコーディネートなので、ぜひ試してみてくださいね。

1.スカート×スニーカーでカジュアル感アップ

クラシカルでシンプルなデザインのオールドスクールは、VANS(バンズ)スニーカーのなかでも軽やかな印象があるためスカートにあわせるのもおすすめ。長めのスカートでも、オールドスクールのサーフラインが足元に軽快さを与えるので重たくなりません。特に人気の高い黒のオールドスクールだと白いラインが際立ち、爽やかな雰囲気に。ガーリーなスカートなら、甘みが抜けラフ感が生まれるので試してみてくださいね。

2.ダメージジーンズと組み合わせて

ダメージジーンズのラフ感を、オールドスクールが引き締めてくれるコーディネート。VANS(バンズ)スニーカー自体にもラフさはありますが、より砕けたコーデにあわせるとカッチリ感が引き出され全身のバランスをまとめてくれます。アクティブさとスタイリッシュさを兼ね備えたコーデとして人気。カラフルなものよりも、オーソドックスな黒やネイビーなど落ち着いた色を合わせるのがおすすめです。

1 2 3
Education Students People Knowledge Concept

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告