2017年最新版!人気お掃除ロボットおすすめランキングTOP10【徹底比較で検証】

更新日: 2017年1月8日

さん

いまではすっかりおなじみの家電となった掃除ロボット。日本で初めて初代ルンバが発売されたのは2004年のことなので、もう10年以上になるんですね!コードレスと高い吸引力で人気のダイソンも近々掃除ロボットを発売開始するとの情報もあり、掃除ロボットの市場からますます目が離せませんね。

ルンバ1

日本で初めて掃除ロボットの発売を開始したのは米アイロボット社でした。円盤型でお部屋の中を自在に動きまわる「ルンバ」です。近年、ロボット掃除機の市場は拡大の一途をたどり、日本の家電メーカーからもさまざまな掃除ロボットが販売されています。

掃除ロボットを選ぶ際に気をつけたい点はいくつかありますが、やはり一番に気になるのは価格ですよね。10万円以上する高性能モデルから1万円未満で買えるシンプル機能のものまでそろっています。電気代やバッテリーの寿命、お部屋のサイズや段差のあるなしなども考慮に入れなければなりません。テーブルやソファなどの下にも入りこめるか、高さなども検討したいところです。たくさんの種類が販売されている掃除ロボットの中からどれを選んだらいいのか迷ってしまいそうですが、口コミや公開されている商品スペック、販売台数などを参考にした2017年最新人気の掃除ロボットおすすめランキングを今回はご紹介します。

10位 LGエレクトロニクス HOM-BOT スクエア VR6260LVM

LG
http://www.amazon.co.jp/dp/B00CWQ1ZEA

LGエレクトロニクス ロボット掃除機 (チタンシルバー)LG Electronic HOM-BOT SQUARE (ホームボット スクエア) VR6260LVM  39,500円

韓国の3大家電メーカーのひとつであるLGエレクトロニクスから発売されている掃除ロボット「ホームボットスクエア」はスクエアデザインと側面回転ブラシが長いのが特徴です。その長さを生かし、お部屋の隅々まできれいに掃除することができます。直線的なデザインは壁際にぎりぎりまで接近することが可能で、壁際の汚れも残さずきれいにしてくれます。お掃除エリア記憶機能、デジタルバンパー、段差感知センサー、落下防止機能など機能も充実。また、マイクロファイバークロスを装着することでフローリングや畳のから拭きもできます。4万円を切る価格もおすすめポイントのひとつです。

9位 Neato Robotics Botvac 85 BV-85

ネイト
http://www.amazon.co.jp/dp/B00P0KIHGY

ネイトロボティクス ロボット掃除機 (ホワイト&ラグナブルー)【掃除機】Neato Robotics Botvac BV-85  51,200円

アメリカを代表するロボット掃除機メーカーのネイトロボティクスが販売する「Botvac 85 BV-85」は、円盤型の掃除ロボットが苦手とするお部屋の隅や壁際の掃除に適したDシェイプデザインを採用しています。最新のカーナビにも搭載されているSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)と独自のレーザーセンサーを搭載しており、部屋の形状や家具のレイアウトなどを把握し、独自のシステムナビゲーションで規則性のある直線的なパターンで掃除を行います。また、アレルゲンカット高性能フィルターを搭載しているので、お部屋の空気も排気で汚れることがありません。アレルギーが気になる方にはおすすめですね。

8位 CCP LAQULITO CZ-C02

ラクリト
http://www.amazon.co.jp/dp/B00WM93XQU

CCP 【LAQULITO】 自動ロボット掃除機 (自動で運転・充電/24hメモリータイマー付) スタンダードモデル ブラウンメタリック CZ-C02-BR  17,480円

CCPは株式会社バンダイのグループ企業で、家電以外にも玩具やホビー関連の商品も手掛けている国内メーカーです。こちらはCCPから発売されているラクリートシリーズの最新機種になります。(2015年10月現在)デュアル回転ブラシでお部屋の隅々までゴミをかき込み、バキューム方式で効率的に吸引します。また、ラクリート専用モップシートを装着すれば、フローリングのから拭きもできます。掃除ロボットの中ではロープライスながら、4つのクリーニングモード、タイマー機能、自動充電、落下防止、7.5mmまでの段差を乗り越えられるなど機能も充実しているので、掃除ロボットを試してみたい方にもおすすめです。

7位 MONEUAL JAPAN クレモン MR7780J

クレモン
http://www.amazon.co.jp/dp/B00A719WYW

モニュエル ロボットクリーナー クレモンMR7780J-R レッド MR7780J-R   15,660円

モニュエルは、韓国国内ではサムスン、LGに続く第三の家電メーカーとして知られています。そのモニュエルから発売されている掃除ロボット「クレモン」は長寿命・低騒音・小型・高性能がキャッチフレーズで、日本国内メーカー製のブラシレスDCモーターを搭載、充電池には充電時間が短く長寿命の「リン酸鉄リチウムイオンバッテリー」を採用しています。また、15種類の多彩なセンサーの働きにより、衝突回避、落下防止など、お部屋に合わせてお掃除してくれます。ゲーム感覚でロボット掃除機を操れる「ハンドルリモコン」が付属されており、お子さんでも楽しくクレモンの動きを操ることができるのもおすすめポイントのひとつです。

6位 シャープ COCOROBO RX-V95A

ココロボ
http://www.amazon.co.jp/dp/B00UWLU066

SHARP プラズマクラスター搭載 ロボット家電 COCOROBO ハイグレードモデル ゴールド系 RX-V95A-N  62,681円

強力な吸じん力が自慢のシャープ「ココロボ」は、お掃除機能が充実しているのはもちろんですが、もっとも特徴的なのは「ココロエンジン」と呼ばれる人工知能を搭載していることでしょう。ココロボ自身の状況(充電量、ダストボックスの状態など)やお部屋の状況などによって気分が変化し、言葉や光、ダンスを組み合わせたリアクションをしたり、音声認識機能であいさつを返してくれたり、留守中のお掃除結果を言葉にして知らせてくれたりします。家電でありながらペットのような感覚が芽生えるココロボは、女性の方に特におすすめです。掃除ロボット本来の掃除機能も、もちろん十分な機能が搭載されています。

1 2 3
ルンバ1

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MONKEY[モンキー] – キュレーションサービス