初心者は必見!確実に食費を節約する為の「簡単なコツ」10選(一人暮らし~家族)

更新日: 2016年4月25日

さん

食事は生きていくためには欠かせないもの。でも毎日かかる食費は、一人暮らしや子供が多い家庭など大変ですよね。しかし毎日のことだからこそ少しずつ、でも確実に節約できる方法があるんです。

2

一人暮らしを始める人、育ち盛りの子供が多い家庭など、毎日かかる食費に悩まされている人も多いのではないでしょうか。しかし食費は毎日欠かせないものだからこそ少しの工夫で簡単にやりくりできてしまうのです。食事を我慢することなく、出費を減らせたら最高ですよね!今回は確実に食費を節約するための「簡単なコツ」を10選、ここでご紹介します。ぜひ試してみてください。

 

1、買いだめはしないようにする

https://farm4.staticflickr.com/3843/14229013087_3e06e0639d_c.jpg

もっとも食費の節約でやりがちなのが買いだめ。ついつい安い特売品の表示が目に入ると、安さのあまり少し多めに買っておきたくなってしまいますよね。しかし買いだめは節約においては天敵。もつだろうと思って買ったものもついつい家にあれば食べてしまってなくなってしまったり、特に夫婦だけの家などでは多すぎて余ってしまって捨ててしまったり。少なければ大事に使うものなんです。一週間で使いきれるイメージで買って、持ちがいいものは少しずつ、足りなくなったら次の週に買いに行くことにしましょう。

2、1週分の食費の予算を決め、買い物は週に一回しか行かない

https://farm4.staticflickr.com/3248/2998682296_ebf2898931_o.jpg

食品を買いに行くのは一週間に一回と決めることで毎日あれこれと色々な食材を買うことがなくなり、余計なものを買ってしまうことがなくなります。一人暮らしを始めたばかりの学生さんなどは大変かもしれませんが、こうしていくことで、冷蔵庫の中にあるものだけで作れる料理技術も身につくのです。なければ他のものを使う、それが余るものを少なくし食費の節約にもとってもつながります。

3、食材1つ100円ルール

https://farm4.staticflickr.com/3402/3337684874_4915db915f_b.jpg

節約技としてとても有効なのがこの1つ100円ルールです。食材を安くしようと意気込んでいても、いざスーパーに行き沢山目に入ってくる食材の値札を見ながら買い物かごに入れていくのを繰り返していると沢山買ったのかそうでないのかわからなくなってきませんか?そんな時に役だ暑のがこの技です。食材は1つ100円と決めそのプラスマイナスで買い物かごに入れていくのです。100円以下のものがあったらマイナス分だけ他のものに、逆に200円近くするものだったら食材の種類は少なめに、そうすると自然と頭の中で計算しやすいだけでなく食費の予算を決めるのも楽になって、スムーズに節約できるようになります。

4、5日分の食事の献立を考える

https://farm1.staticflickr.com/48/143364051_0c322b96e0_o.jpg

1週間は7日ですが、あえて考えるのは5日分のみ。7日分の献立を考えると言われると多すぎて頭の中がこんがらがってしまいがち。なにより7日分きっちり献立を決めても、その日売っているものや疲れの状態などで献立どうりにはなかなかいかないもの。続かない、出来ない、では意味がないので大雑把に5日分メインメニューだけ決めましょう。そして5日分の献立で必要食材を買うと必ず一つは余る食材が出てきてしまいますよね。それに必要な食材を他のメインメニューから少しずつ残しておきます。そうすることで5日分の食費で一週間分のメインメニューを作れて節約に。五日間の栄養バランスも考えられて一石二鳥!

5、スーパーには遅めの時間に行くのがお得!

https://farm4.staticflickr.com/3271/2998681864_88155daf9b_o.jpg

スーパーはお昼や夕方よりも夕食後に買いに行くのが食費節約の秘訣。24時間営業でない限りは閉店間際になると売り残ってしまいそうなものに割引シールを張り始めます。閉店時間間際のスーパーには割引のシールが貼られた商品がずらり。また閉店間際でなくてもお昼がちょうど終わった頃などお客さんの波が過ぎた頃に貼られる商品なども。商品の割引シールが貼られる時間帯はスーパーに寄って仕入れの時間などから決められているので、近くのスーパーがどれくらいの時間帯がセールになるのかしっかりチェックしておきましょう。

1 2 3
2

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス