一人暮らしは必見!食費を確実に抑える簡単節約術&コツ10選

更新日: 2016年5月3日

さん

春から一人暮らしをしたものの、思ったよりもお金がかかってしまうと感じている人いませんか?意外と使っているのが食費です。いざ、食費を抑えるといっても、何から始めたらいいのかわからない人必見。食費を確実に抑える簡単な節約術&コツ10選をご紹介。

食費を抑えるといっても、具体的に何をすればいいのかが気になるところ。面倒なことは続ける自信がない人も多いですよね。今回は、簡単に始められる節約術&コツをご紹介。一人暮らし初心者でも長く楽しく続けることができる、簡単に誰でもできる事を中心にまとめてみました。

1.食費に使う1か月分の予算を決める

Photo credit: [Jim] via Visual hunt

1か月にいくら食費にかかっているのか、意識したことはありますか?予算を決めずに何となく出費していると、思ったよりも使い過ぎていることがありますよね。決まって必ず出るもの、家賃・光熱費・通信費などをあらかじめ分けてみると、実際に食費に使える予算がわかります。まずはその中から、食費に使う金額を決めていくのも節約の初心者第一歩。さらに、食費用の財布などを別にしてみるのも、残高がわかりやすく便利ですよ。
一般的な1人暮らしの食費の平均は・・・
・学生  2万円~2万5千円
・社会人 3万円~5万円

収入によって増減はありますが、2万円から3万円なら余裕があるように感じますね。最初から無理に「1万円に抑えよう!」と思うと大変ですが、
「今月は余ったから、来月は2千円減らしてみよう!」
「慣れてきたから、1万5千円にできるかも?」
「先月は頑張って余ったから、今月は贅沢に外食してみよう!」
などと、最初から無理をしないこともポイントです。それぞれ、収入などにより予算もかわりますが、予算を決めて1か月過ごしてみるというのが重要です。

2.買い物の仕方を工夫する

Photo credit: I-5 Design & Manufacture via Visualhunt.com

食費を抑えるためには自炊が一番。ただ、自炊をするだけでは節約にはなりません。毎日特売品をチェックするのは無理ですが、お店により特売日の曜日が決まっていることもあります。生活スタイルに合わせて、自分の行きやすい曜日が特売日のスーパーを狙うのもいいのでは?毎日買い物に行くよりは、基本は週1回か冷蔵庫が空になったら買い物に行くのも、余分な物を買わないポイントです。次の項目では、細かい買い物のポイントをご紹介。

3.買い物する時のポイントを知る

Photo credit: Cyco GoOz via Visual Hunt

買い物に行ったものの、食材を無駄にしてしまっては節約にはなりませんよね。そのためには、買い物のポイントがあります。

・賞味期限の長く保存のきくもの
(米・乾麺・缶詰・乾物・こんにゃくなど)
・安い食材で、使い勝手のいいもの
(きのこ類・卵・玉ねぎ・ジャガイモ・根菜類など)
・冷凍保存も可能なもの
(肉・魚類・かぼちゃ・ブロッコリー・ほうれん草など)
・傷みやすいものや、賞味期限の短いものはすぐ使えるメニューを考えてから買う
(豆腐・ねりもの系・もやしなど)

献立を考えてから買い物に行くほうがいいのですが、数日分も献立が浮かばないことありますよね。お仕事をされていれば、残業などで自炊をできない日も。そんな時は、使い勝手の良い長持ちするものを買い置きしておけば安心。きのこ類や玉ねぎ、卵などは日持ちして色々と使えて家にあると便利です。食費を無駄にしない為にも、傷みやすいものなどは使うときにだけ買うのがポイントです。セール品だからと言って、使えないものを買ってダメにしては本末転倒に。冷凍保存を覚えるのも便利で、冷凍する際のコツは次の項目で詳しく紹介します。

4.冷凍保存をうまく活用する

Photo credit: keira-anne ♥ via Visualhunt.com

男性の人や、大学生など料理初心者の人に多いのが、冷凍保存の失敗。傷んでしまったら困ると適当に冷凍庫に入れてしまい、いざ使うときにダメにしたことありませんか?上手に冷凍できると、お弁当を作るときや、時間のないときなどもとても便利です。例えば、ブロッコリーやほうれん草、かぼちゃなどは下茹でして小分けにし冷凍すると、お弁当にもすぐに使えます。お肉や魚も、量が多いほうがお得なスーパーも多いので、小分けにして冷凍すればお得に。意外と便利なのが、ネギなど香味野菜を切って冷凍にしておくこと。一度に切って冷凍しておけば、チャーハンにも薬味にもすぐに使うことができ、調理時間も短縮ができます。わかりやすいサイトがあるのでご参考に。

旭化成ホームプロダクツ株式会社 Asahi KASEI

5.自炊に慣れてきたら、ランチはお弁当にチャレンジ!

Photo credit: saotin via Visualhunt

自炊になれてきたら、ランチにお弁当を持っていくのもおすすめ。食費の節約といえば、お弁当が浮かぶ人もいるのでは?慣れないうちは、おにぎりを毎日持っていくことから始めてもいいと思います。例えば、今まで毎日お弁当を買っていたとすればかなりの節約に。おにぎりを持っていけば、あとはサラダやおかずを一品買うだけ。お弁当を買うよりは、かなり安くなるのではないでしょうか。1人分の夕飯は意外と作りすぎてしまう事が多いもの。そんな時は、翌日もお弁当にしてランチに持っていければ、さらに節約になりますよね。お弁当も作り始めると、だんだんと楽しくなってしまう人もいるそうですよ。コンビニ弁当など栄養が偏りがちになるので、野菜を豊富に入れられるお弁当はおすすめ。最近はお弁当箱も、おにぎり用、丼用、スープ用などと豊富で楽しいですよ。

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MONKEY[モンキー] – キュレーションサービス