2枚目のクレジットカード審査を通るために必要な10のコト

更新日: 2016年8月22日

さん

クレジットカードはそれぞれに特徴やメリットが違うので、2~3枚を上手に使い分けたいもの。けれど、2枚目のクレジットカードの申し込みって審査が通るかどうか心配ですね。そこで今回は、「2枚目のクレジットカード審査を通るために必要な10のコト」をご紹介します。

くれか

クレジットカードはそれぞれに特徴やメリットが違うので、2~3枚を上手に使い分けることができればメリットも多く享受できます。例えば、ネットショッピングと旅行が趣味という人なら、1枚目のカードはネットショッピング系クレジットカード、2枚目のカードは航空会社系又は鉄道系という具合です。また細かいところでは電子マネーや傷害保険の付与なども複数枚のカードで補い合えるとメリットは最大に。けれど、2枚目のクレジットカードの申し込みって審査が通るかどうか心配ですね。そこで今回は、「2枚目のクレジットカード審査を通るために必要な10のコト」をご紹介します。

1.申込書は丁寧に書きすべて埋めましょう


Photo via Visualhunt

2枚目だけではなく、何枚目のクレジットカードの申し込みであっても共通ですが、申込書は丁寧に書きすべて埋めましょう。「そんなの基本だよ」と思っている方はスルーしてください。最近はウェブで簡単に申し込みができますが、手書きの場合、書きなぐったような字は、切羽詰っているのか?と痛くもない腹を探られても仕方がありません。また記入漏れが審査に大きく影響します。居住年数や勤務年数、年収は若干であれば切り上げた方が通りやすくなります。ただし嘘はいけません。勤務先と雇用形態、役職、ローンの有無は正確に書きましょう。申込書から属性をスコアリング(※本人がどの程度返済能力があるかを判断する数式のようなもの、後述参照)していきます。会社員で安定した収入があり、車や住宅ローン以外のローンやキャッシングがなく、過去に異動情報(※クレジットカードの事故の有無など、後述参照)がない場合は、おおむねこの情報だけで審査が通るものです。蛇足ですが、申し込み資格に満たず審査が通らない場合も多いので、きちんと確認しましょう。

2.キャッシングは申し込まない


Photo via Visualhunt

最近では、キャッシング機能が付いたカードが多数ありますが、「2枚目も純粋にクレジットカードとしてのみ使いたい」という方なら、キャッシング機能を付けなければ審査は甘くなります。特に自営業や学生、主婦、フリーター、賃貸にお住まいなど属性(※後述参照)に不安がある方は、「キャッシングが目的では」と思われないためにも、不要であれば申し込まない方が無難です。

3.短期間にクレジットカードの多重申し込みがないか


Photo via Visualhunt

短期間に複数(2社以上)のクレジットカードの申し込みがあると、大量のポイントバックやショッピング枠の現金化が目的と評価されやすい傾向にあります。純粋にクレジットカードを作りたいだけであっても、複数の申込は自重しましょう。2枚目だけでなく3枚目も検討しているのであれば、クレヒス(クレジットヒストリー、※後述参照)を作り、期間を空けて申し込むのがおすすめです。

4.一度審査に落ちたら新規クレジットカードの申込みは半年後以降


Photo via Visualhunt

2枚目のクレジットカードを申し込んで、不運にも審査に落ちてしまった方は、もしかしたらたまたまそのクレジットカード会社の審査基準に満たなかっただけかも知れません。その場合は、本人には非がないので他のカード会社であれば通る可能性があります。しかし、ここは気持ちをぐっと堪え、申し込みは半年後以降にしましょう。クレジットカード会社が加盟するCIC(個人信用情報機関)では過去半年間の申し込み状況が確認できるようになっており、加盟するクレジットカード会社はその内容を把握できます。つまり、自分に不利な情報が記載されている段階での申し込みとなるので、再度審査落ちする可能性が高くなるのです。

5.最初(1枚目)のカードで良好なクレヒスを作りましょう


Photo via Visualhunt

クレヒスとはクレジットヒストリーの略で、クレジットカードの利用履歴のことです。クレジットカードの利用履歴はCIC(個人信用情報機関)に記載され、2枚目のクレジットカードを申し込む際には、クレジットカード会社が必ず照会を掛けます。つまりあなたが、1枚目のクレジットカードをどのくらいの頻度でどのように利用してきたかすべてが分かってしまうことになります。積極的に活用し、延滞なく良好な支払い状況であることが条件になりますが、30代になって初めてクレジットカードを作ったという方は、過去事故があった(いわゆるブラック)ために白紙であるとも捉えかねられないため、2枚目のカードを作るのは最低でも半年後、できれば7、8ヶ月から1年くらいの期間の利用で信用を積み重ねたいものです。

6.異動情報がないか


Photo via Visualhunt

異動情報とは、CIC(個人信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)に記載されている事故(悪質な延滞や支払いが不可能になる状況)の有無のことを言います。この情報はCIC(個人信用情報機関)では5年間、JICC(日本信用情報機構)では1年間もの期間に亘り記載されます。1枚目のクレジットカードで悪質な延滞などがあった場合、2枚目のクレジットカードを作るのは非常に困難になります。盲点なのが実は携帯電話の料金。携帯電話本体の購入は、ほとんどが12回払い、24回払いの割賦になっている場合が多いので、過去に延滞したことがある場合には、当然事故情報として記載されます。自分の異動情報について不安がある方は、有料(500円~1,000円)で開示してもらうことができるので、確認しておきましょう。

7.キャッシングはCIC(信用情報機関)の記録に残る


Photo via Visualhunt

1枚目のクレジットカードにキャッシング機能が付いていてよく利用している人が、2枚目のクレジットカードを作る場合には注意が必要です。クレジットカードのキャッシングは少ないもので10万から平均30万円というものが多いのですが、下の「属性とスコアリングを理解しましょう」でも触れますが、その金額合計が年収にそぐわないほどの多額の場合には、審査落ちの原因となる場合があります。申し込み用紙の「無担保借り入れ」に実際の借入金額より少ない金額で申告しても意味がありません。クレジットカード会社はあなたのローンの状況をしっかりと把握していると考えてください。

8.属性とスコアリングを理解しましょう


Photo via Visualhunt

クレジットカードの審査の基準となってくるのが、実は属性を数値化したスコアリング。異動情報がない場合、おおよそ審査の可否はスコアリングで決まると言っても過言ではありません。属性というのは、年齢、住宅状況、居住年数、配偶者の有無、同居家族の人数、職業、勤め先、勤続年数、年収、無担保借り入れなどです。申込時に記入した内容が属性と考えることができます。住宅は賃貸より持ち家、職業は自営業>会社員>公務員、居住年数や勤続年数は長いほど、年収も多いほど属性が良いとされます。一番大きく影響されるのが無担保借り入れ。3社以上の消費者金融への借り入れ状況があり、無担保借り入れが年収の1/3以上の場合はかなり困難です。学生や専業主婦の場合は、両親や配偶者の収入等が判断基準となります。学生時代に初めてのクレジットカードを作れたのに、社会人になって2枚目のカードの申し込みで審査に落ちたという場合は、賃貸でひとり暮らし、勤続年数が1年に満たないなどの理由が考えられます。逆に言えば、2枚目のカードを作るなら学生のうちか、社会人になってからは勤続年数が1年を越えてから(できれば3年以上)の申し込みがおすすめです。

9.銀行系クレジットカードの盲点 公共料金や税金などで差し押さえを受けていないか


Photo via Visualhunt

メインバンクにしている銀行系クレジットカードを作る場合、意外なところに落とし穴が潜んでいる場合があります。公共料金や税金が未納で差し押さえを受けているという人が、2枚目のクレジットカードを申し込む時は要注意。銀行系クレジットカード会社が、口座のある支所に積極的に連絡を取ることはありませんが、銀行の口座番号や名義が不明等の理由から問合せでまれに滞納がばれてしまうことがあります。クレジットカード会社は信用のない人とは取引はできないと判断されます。日頃から、カード払いはもちろんですが、他の料金支払い等もクリーンにしておきたいものです。

10.審査が甘いクレジットカード会社へ申し込もう


Photo via Visualhunt

これまでさまざまな注意点やコツをお伝えしましたが、どうしても2枚目のクレジットカードを作りたいと思ったときは、やはり審査基準が甘いカード会社に申し込むのが無難です。一般にクレジットカードの審査は、銀行系が一番厳しいと言われ、次いで信販系&外資系、メーカー系&流通系、ネット系と言われています。一方、メーカー系や流通系、ネット系が審査が甘くゆるい理由は、顧客の囲い込みを主たる目的としているからなのです。ステータスのあるブランドに申し込むのは20代で勤続年数も3年を越え収入が安定するのを待ち、まずは使いやすさに着眼し、人気の高いメーカー系や流通系、ネット系から選ぶのがおすすめです。

まとめ

「2枚目のクレジットカード審査を通るために必要な10のコト」をご紹介しましたがいかがでしたか。基本的なコトから専門的なコトまで、勉強すればするほど奥が深いクレジットカードの世界。クレジットカードは、無担保で一時的に支払いを立て替えてくれるものであり、クレジットカード会社とあなたの関係は信用で成り立っています。だからこそ、クレジットカード会社の信用に足る、賢くてクリーンな使い方をしたいものですね。今後のマネーライフの参考にしていただけると幸いです。

 

くれか

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん