初心者は必見!京都「嵐山」のおすすめ観光スポットランキングTOP20

更新日: 2016年6月4日

さん

桜の春、紅葉の秋だけではない一年中見どころ満載の嵐山!知れば知るほど奥が深く訪れるたびに知的好奇心を刺激してくれる嵐山は、美しい自然と歴史的建造物、絶景やグルメなど様々な魅力的要素がある場所です。その中から定番から穴場まで、デート・家族旅行・ひとり旅におすすめの観光スポットを20か所ご紹介します。

12558923_755168117948737_171038089_n

京都の観光といえば、桜の春、紅葉の秋だけではありません。1年中通して見所満載の嵐山!知れば知るほど奥が深く、訪れるたびに知的好奇心を刺激してくれる嵐山は、美しい自然と歴史的建造物、絶景やグルメなど様々な魅力的要素がある場所です。その中から選りすぐりの定番から穴場まで、デート・家族旅行・ひとり旅などにオススメの観光スポットを20か所ご紹介します。

1 渡月橋

桂川にかかるこの橋は、嵐山というとこの渡月橋が写った画像を目にするほど、嵐山のシンボル的な存在の定番の観光名所です。橋の欄干部分は木造造りとなっており、四季折々の嵐山の景色に溶け込んで観光客の目を楽しませてくれています。桂川と季節によって表情を変える山々は桜のピンク、新緑の緑、紅葉の赤、雪の白と美しく、京都の街中とは違った自然の魅力を感じさせてくれます。ここで観光の思い出に写真を撮るのもおすすめです。

【住所】京都府京都市右京区嵯峨天龍寺
【公式HP】https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=3000071

2 竹林の小径

「竹林の小径」は嵐山の中でも特に人気のあるおすすめの観光スポットです。野宮神社から大河内山荘までの約300メートルの小径は、CMや映画にもよく出てくる絶景のスポットです。もちろん無料で楽しめるので大学生や若者のデートにもおすすめです。一年中楽しめますが特に夏は高く伸びた竹の間を通る風が涼しくて気持ちよく、7月から9月はぜひ訪れてみたい観光の定番のスポットです。

【住所】京都府京都市右京区嵐山
【公式HP】http://kyototravel.info/竹林の道

3 保津川下り

保津川下りは、丹波亀岡から京都の名勝嵐山までの約16kmの渓流を約2時間で下る舟下りです。急流もあるのでスリルも楽しめて家族や子連れにもおすすめの観光のプランです。船からの眺めは素晴らしく、嵐山の自然を堪能することができます。舟を操る船頭さんの熟練の舵さばきも見もので、暑い夏は気持ちよくておすすめです。運航は基本的に3月頃から11月頃までとなっていますので、詳しくはホームページをご確認ください。

【住所】京都府亀岡市保津町下中島2
【電話番号】0771-22-5846
【公式HP】http://www.hozugawakudari.jp

4 桂離宮

1615年(元和元)から約30年の月日をかけて智仁親王が造営に着手した日本庭園美の集大成といわれる回遊式庭園です。庭園はいくつもの庭でできており、書院や茶庭の建築物も点在しており、古書院、中書院、新御殿は別荘建築の最高の技法が用いられて素晴らしく見ごたえがある嵐山のおすすめです。人気の観光スポットのランキングに必ず入る観光の名所で、見頃は秋の紅葉の季節で11月中旬から下旬ごろです。参観には事前の申し込みが必要ですので公式ホームページをご確認ください。

【住所】京都府京都市西京区桂御園
【電話番号】 075-211-1215
【公式HP】http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/katsura.html

5 大河内山荘庭園

大河内山荘は昭和初期の映画俳優大河内伝次郎が、別荘として30年に渡り庭師広瀬利兵衛とともに造りあげた庭園で、嵐山や比叡山、保津峡を借景にした回遊式庭園です。特に桜や楓が多く、春(3月〜4月)と秋(11月)は見応えがありおすすめです。国の文化財にも指定されており、人気の観光のスポットです。山荘内には大河内伝次郎の記念館もあります。

【住所】京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町10
【電話番号】075-872-2233
【拝観時間】9:00~17:00
【休日】無休
【料金】高校生以上 1,000円、中学生以下  500円
【公式HP】https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=4000001

6 天龍寺

天龍寺は1339年、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために亀山離宮を禅寺に改めました。世界遺産にも登録されており、嵐山や渡月橋、天龍寺の西側に広がる亀山公園などもかつては境内地だったほどの広大な臨済宗の禅刹です。夢窓国師作の曹源池庭園は見ごたえがあります。法堂(はっとう)天井に日本画家加山又造画伯(1927~2004)により描かれた「雲龍図」が有名です。(公開日は毎年期間が春、夏、秋と決められていますのでホームページでご確認ください。)迫力ある天井はアート好きの方はもちろん、友達との観光にもおすすめです。

【住所】京都府京都市右京区 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
【電話番号】075-881-1235
【拝観料】庭園(曹源池・百花苑)高校生以上 500円 小・中学生 300円
※他の建物への拝観は追加料金が発生する場合がございます。
【拝観時間】8時30分 ~ 17時30分(17時30分に閉門)※10月21日から3月20日までは17時に閉門
【公式HP】http://www.tenryuji.com/index.html

12558923_755168117948737_171038089_n

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス