難関すぎる?人気クレジットカード審査基準の難易度ランキングTOP10【2016年・各社比較】

更新日: 2016年8月22日

さん

ステイタスの1つとしてのクレジットカード。年会費無料のクレジットカードは山ほどありますが、やはりプラチナやブラックカードを持つと社会的信用が違ってきます。審査基準が厳しいクレジットカードをご紹介しますので、ご参考にどうぞ。

entry-60-b

審査基準が厳しいクレジットカード


Photo credit: Clemson via VisualHunt / CC BY
クレジットカードの審査基準は、各社それぞれあるのだそうです。それはクレジットカード会社ごとに、ターゲットになると考えられる顧客層を求めており、社会的地位、収入を含め、他にも審査基準があるのだとか。よって、社会的地位、収入があっても審査難易度の低い審査に落ちたり、逆もあるそうです。仮に審査に落ちても、絶対にその理由を教えてくれないので、実態は口コミサイトなどでリサーチしていくしかないのです。

審査のためにはまずクレヒスを育てる


Photo credit: 401(K) 2013 via VisualHunt.com / CC BY-SA
高ステータスなクレジットカードを得るには、まず基本のクレジットカードを取得し、その後ゴールド、プラチナ、最終的にはブラックカードという順番でステータスを築いていくことになります。
そこで重要なのが、クレヒス、クレジットカードの履歴をどう作っていくかになります。光熱費など生活費に係わる費用、仕事の接待で高級クラブや料亭などでの利用を1枚のクレジットカードでまとめていくと、インビテーションをもらえるという口コミもあります。
ただしどこまでもヴェールに包まれている審査基準で、常に変動していくようなので、ご参考程度にご覧ください。

インビテーション制と申込み制


Photo credit: The.Comedian via Visualhunt.com / CC BY
プラチナカード以上になると、所有する方法としてインビテーション制と申込み制の2通りに分けられます。インビテーション制は、クレジットカード会社から招待を受けてからしか受け付けられないカードです。申込み制はインターネットなどから、ご本人が申し込む方法です。
インビテーション制が多いプラチナカードですが、数少なく申込み制もありますので合わせてご紹介します。

1.アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(ブラックカード)


card-professor.jp

クレジットカード審査の難易度ナンバー1のこちらは、アメックスからのインビテーションされた方のみ作れる、最上級ランクのクレジットカードです。しかも入会金、年会費を合わせて92万円ほどだとか!こちらの審査基準はまさにヴェールに包まれていて、プラチナでのクレジットカード利用額が大きいのはもちろんですが、それでも誰にでもインビテーションが送られているわけではないそうです。インビテーションがくるように、リサーチをしながらカードを利用していくのがおすすめです。
基本情報・特徴・おすすめポイント
【年会費】入会金50万円+税、年会費35万円+税
【特典】
・アメックス最上級のサービスが受けられる(コンシェルジュサービスや飲食店、宿泊先など)
【おすすめポイント】
・世界に通用するアメックスのブラックカードで、格上のサービスが受けられます
【公式サイト】アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(ブラックカード)

2.ダイナースプレミアムカード(ブラックカード)


https://www.diners.co.jp/premium/card.html
インビテーションがあった方のみ、お申込みができるクレジットカードです。こちらも難易度が高いクレジットカードの1つで、審査基準など明らかにはなっていませんが、人気の一枚です。そのおすすめの理由が、マイルの還元率がいいことで、2%。光熱費など様々なご利用をこの一枚に集約すればかなりマイルが貯まりやすいそうです。他社のクレジットカードと比較してもこの還元率がいちばんのおすすめポイントと言われています。
基本情報・特徴・おすすめポイント
【年会費】130,000円+税
【特典】
・コンシェルジュサービス
・予約が取れづらい料亭などの予約が可能
【おすすめポイント】
・ポイントが貯まりやすいので、高い年会費でもすぐ元がとれる
【公式サイト】ダイナースプレミアムカード

3.SBIワールドカード(ブラックカード)


http://www.sbigroup.co.jp/news/2007/0201_1060.html
こちらもインビテーションがあって、申し込めるクレジットカードです。日本国内で発行可能な最上級のマスターカードとも言われています。カードのブラック部分に天然ダイヤモンドを使用している輝きが楽しめるのもおすすめです。SBIは審査が厳しいことでも知られ、難易度は高めです。発行枚数がかなり少ないとのうわさで、取得方法はプラチナカードを徹底利用し、インビテーションを来るのを待つしかないそうです。
基本情報・特徴・おすすめポイント
【年会費】150,000円+税
【特典】
・業界トップクラスのキャッシュバック還元率があり、最高12%!
・プライオリティパスが無料
・マスターカード優待店の特別サービスがある
【おすすめポイント】
・マルチバンクシステムという、最大5つの銀行を設定できる
【公式サイト】SBIワールドカード

4.JCBザ・クラス(プラチナ・カード)


http://www.jcb-originalseries.jp/gold/2016/?13231213152100&ad_id=os_osgpc_hkk_2016os0353&utm_medium=hkk__os_j&utm_source=os___j&utm_term=os0353__hkk__j
こちらもインビテーション制のクレジットカードです。JCBのブラックカードとも呼べる、サービスの充実したわりに年会費が比較的安いおすすめの人気クレジットカードです。ゴールドカードのご利用中にインビテーションで、JCBゴールドザ・プレミアがあり、その後JCBザ・クラスとあるようです。審査の難易度については、ブラックカード取得レベルの覚悟でいましょう。
基本情報・特徴・おすすめポイント
【年会費】50,000円+税
【特典】
・24時間365日リクエストできるコンシェルジュサービスがある
・年1回、選び抜かれたプレゼントを選べる
・国内の有名レストランで1名様が無料になるグルメベネフィットがある
【おすすめポイント】
・他社と比較して年会費が安く、ひけを取らないサービスが充実
・東京ディズニーランドで優待を受けられるアトラクションや、会員のみのレストランがあるのでファンにおすすめ
【公式サイト】JCBザ・クラス

5.三井住友VISAプラチナカード


https://www.smbc-card.com/nyukai/platinum/feature/index.jsp
こちらは直接申込むことができるプラチナカードですが、審査難易度は厳しいと噂です。まずはゴールドカードで実績をつみ、インビテーションを受ける方法が手堅いとのこと。またご利用額が最低300万円からと明確に明示された審査基準もあります。最大のおすすめの特典は、USJでの優待です。同伴者4名様までご利用可能の、アトラクション優待入場券が一日1枚、遊びに行った時にもらえます。
基本情報・特徴・おすすめポイント
【年会費】50,000円+税
【特典】
・24時間対応のコンシェルジュサービス
・カードご利用額に応じて、商品券のプレゼントがあります
【おすすめポイント】
・USJのアトラクション優待入場券がもらえるので、USJファンにおすすめ
【公式サイト】三井住友プラチナカード

1 2 3
entry-60-b

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス