【2016年最新】要チェック!東北の有名なオススメ花火大会TOP20【開催日程・スケジュール一覧】

更新日: 2016年6月8日

さん

青森・岩手・宮城・秋田・福島の6県で構成されている東北地方。同じ雪国であり東北であってもその文化の違いが多く見られ、さまざまな楽しみ方ができます。北海道を含め北日本とよばれることもあり、冬は寒く雪国のイメージがあります。そんな東北で行われる夏祭りや花火大会はみどころが満載。今回は、東北で楽しむことができるおすすめの花火大会を紹介しましょう。

11355837_1615145242070131_1368544528_n

厳しい寒さと豊かな自然に育まれた様々な見どころがある東北地方。雪国の名所として、多くの文学人や著名人がその様子を表現している場所でもあります。そんな東北地方で楽しむことができる花火大会について紹介しましょう。

1.塩竈みなとまつり前夜祭 花火大会

東北の花火大会の中でも、約100隻の供奉船が集結する日本最大船祭りといえば、塩竈みなと祭りです。宮城県の松島湾を一周する大漁旗や吹流しを飾る船たちは、活気と元気を与えてくれますよ。前夜祭では、色とりどりの花火がうちあがります。宮城県内のランキングでも第2位と人気の塩竈の花火。打ち上げ数は4,500発。豪華絢爛な花火をぜひ、宮城県で楽しんでみてください。

【打ち上げ数】約4,500発
【日程】平成28年7月17日(日)~7月18日(月・祝)
【スケジュール】
※雨天時:7月25日に順延
塩竈市観光物産協会
〒985-8501
宮城県塩竈市旭町1-1
TEL 022-364-1165
FAX 022-364-1169
http://kankoubussan.shiogama.miyagi.jp/
【アクセス】JR仙石線本塩釜駅から徒歩10分

2.全国花火大会競技大会 大曲花火大会2016

東北で最大の花火大会といえば、秋田県で行われる全国花火競技大会 大曲花火大会です。全国の一流の花火師たちが集い、日本一の花火を競い合う花火大会として全国の花火ファンをはじめ、多くの人に人気のイベントです。この花火大会で、内閣総理大臣賞、経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、中小企業庁長官賞など多くの賞を授与されることから、花火師たちの斬新で新しい作品をアピールする機会となっており、目標になっているのだとか。おすすめの見どころは、1年かけて作られるスターマイン。鮮やかな花火の競演をぜひ大曲で味わってみてください。

【打ち上げ数】約18,000発
【日程】2016年8月27日 予定
【スケジュール】
※雨天時:雨天決行、強風・大雨の場合は順延(順延日は協議後決定)
大曲商工会議所 〒014-0027 秋田県大仙市大曲通町1番13号 TEL:0187-62-1262
http://www.oomagari-hanabi.com/
【アクセス】
JR秋田新幹線大曲駅から徒歩30分
秋田自動車道大曲ICから国道105号を大曲橋方面へ車で7km。<無料>駐車場あり(19000台)。一部有料・普通車1台3000円~※駐車場台数は河川敷臨時駐車場を含む市内駐車場の合計。
※会場周辺の交通規制:あり(大会数日前から会場周辺)

3.ジャックド花火大会 第25回ジャックドまつり

東北の花火大会といえば、青森のジャックドまつり花火大会がおすすめです。青森南部地方で、一番最初に始まる夏祭りとして有名なんだとか。定番のスターマインや仕掛け花火など見どころが満載な花火は、観客席と近いこともあり、迫力ある花火を目の前で楽しむことができます。打ち上げ数は18,000発。臨場感たっぷりの花火をぜひ青森でお楽しみください。

【打ち上げ数】18,000発
【日程】未定(※2015年は、7月11日【土曜日】20:15~より開催)
【スケジュール】
小雨決行(荒天時は翌日に延期)
第24回ジャックドまつり実行委員会 TEL0178-84-2119
http://www.jakkudo.com/
【アクセス】青い森鉄道苫米地駅から徒歩5分、八戸道八戸ICから車で15分

4.盛岡花火の祭典

岩手県盛岡地区で最大の花火大会といえば、盛岡花火の祭典です。東北の花火大会の中でも、10号玉を打ち上げられるのは盛岡だけなんだとか。ダイナミックなスターマインから始まり、連続花火、仕掛け花火など様々な技巧と趣向を凝らした美しい花火たちの競演をぜひ、盛岡で味わってみてください。2016年は、打ち上げ数10,000発の花火の祭典を楽しんでみませんか?

【打ち上げ数】10,000発
【日程】2016年8月6日 (土曜日)
【スケジュール】
小雨決行(荒天時は2016年8/7(日)に延期)
主催/盛岡花火の祭典実行委員会(盛岡商工会議所都南支所)
電話 019-638-3399 FAX 019-637-4608
E-mai tonan@ccimorioka.or.jp
http://www.ccimorioka.or.jp/hanabi/access.html
【アクセス】
R岩手飯岡駅から徒歩30分、JR盛岡駅からバスに乗り約30分 日赤前下車徒歩3分、東北道盛岡南ICから国道4号経由で車で10分
※JR岩手飯岡駅・盛岡市中央卸売市場から有料臨時シャトルバス(片道 中学生以上300円、小学生以下150円)運行。
当日は会場周辺で交通規制あり(18:00~21:30)

5.淺川の花火

山を這うような炎の祭典を東北の花火大会で楽しむなら、淺川の花火がおすすめです。福島最古の歴史を持つといわれている淺川の花火。開催日程は毎年8月16日のお盆に行われます。みどころはなんと言っても、「大からくり」や「地雷火」。特に、浅川町を睥睨する城山の山肌を這うように炎が炸裂する地雷火は迫力満点!炎の祭典を見ようと県内外からのファンも多いのだとか。2016年は淺川だけでしかみることのできない花火を楽しんでみませんか?

【打ち上げ数】約3,200発
【日程】2016年8月16日(火曜日)
【スケジュール】
小雨決行(荒天時2016年8月17日に延期)
浅川町役場農政商工課 0247-36-1183
http://www.town.asakawa.fukushima.jp/
【アクセス】JR磐城浅川駅から徒歩10分 東北道白河ICから車で30分または須賀川ICから車で40分

6.2016年酒田花火ショー

東北の花火大会ではずせないのが、山形県の酒田花火ショーです。打ち上げ数は12,000発。最上川に大輪の花を咲かせるひと時は、一生に一度は見ておくべきでしょう。おすすめは水上スターマインや空中スターマインの同時打ち。迫力あるダイナミックなスターマインのコラボレーションは、酒田花火ショーならではです。他にも、尺玉10連発、メッセージ花火やキャラクター花火など盛りだくさん。2016年の花火デートに酒田花火ショーはいかがでしょうか?

【打ち上げ数】約12,000発
【日程】2016年8月6日(土曜日)
【スケジュール】
小雨決行(荒天時は2016年8月7日【日曜日】に延期)
0234-24-2233 (一社)酒田観光物産協会 ※当日の問い合わせは0180-99-3370(テレドーム、音声案内)
http://www.sakata-kankou.com/event/readme/firework/
【アクセス】JR酒田駅からタクシーで10分 山形道酒田ICから車で10分 ※JR酒田駅から有料臨時直行バス運行

1 2 3 4
11355837_1615145242070131_1368544528_n

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス