名所を厳選!秩父のおすすめ観光スポット人気ランキングTOP20

更新日: 2016年8月13日

さん

都内から日帰りでも行ける!豊かな自然の中で、歴史、文化、食事をたっぷり堪能できる、埼玉県秩父市。春は芝桜、夏は天然氷のかき氷に川遊び、秋は紅葉、冬は夜祭りと、春夏秋冬いつ行っても楽しめる秩父のおすすめ観光スポットTOP20をご紹介します!

241
秩父は何度行っても新しい発見のあるまち。
最近では人気アニメの舞台にもなり、大学生などの若者や、子連れの家族も増え、ますます活気あるおすすめ観光名所となっています。
そんな秩父の観光スポット人気ランキングを是非Check!

1、羊山公園(ひつじやまこうえん)

秩父の人気観光スポットと聞いてまず思い浮かぶのがここ、羊山公園!園内の芝桜の丘には、毎年4月~5月頃に17600㎡の植栽面積に約40万株の芝桜が咲き、見事な花のじゅうたんが出来上がります。広い敷地に咲く花の中をゆったりと歩けば、二人の距離が縮まるかも?!園内にいる羊を見たり、子供たちに人気のアスレチックもあります。芝桜のピーク時のみ入園料、一般300円、団体(20名以上)250円(中学生以下は無料)が必要です。6月下旬~7月上旬頃に咲く花菖蒲もおすすめで、さわやかな色合いが夏の訪れを感じさせてくれます。

【住所】〒368-0023 埼玉県秩父市大宮6360
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】不定休
【電話】0494ー21-2277
【公式HP】http://navi.city.chichibu.lg.jp/p_flower/1808/

2、秩父夜祭り

秩父市民が誇る、秩父神社の例大祭、秩父夜祭り(冬祭り)。毎年12月2・3日に行われ県内外から約20万人の観光客が訪れる人気の祭りで、京都祇園祭、飛騨高山祭とともに「日本三大曳山祭り」に数えられています。一番のおすすめは、最終日の3日に行われる屋台曳き廻し。最大20tもある屋台を曳いて急な団子坂(だんござか)を登る様子は大迫力で盛り上がること間違いなし!豪華絢爛な屋台に勝るとも劣らないのが、羊山から打ち上げられる花火。スターマインや仕掛け花火など約7000発の花火が打ち上げられ、観る者を魅了します。打ち上げ花火は雨天決行です。

【開催住所】秩父鉄道秩父駅、羊山公園周辺
【問い合わせ】秩父祭り会館:〒368-0041 埼玉県秩父市番場町2-8
【営業時間】9:00~17:00(4月~11月)・10:00~17:00(12月~3月)
【定休日】第4・第5火曜日(※祝祭日は開館)、12月29日~1月1日
【電話】0494-23-1110
【公式HP】http://www.chichibu-matsuri.jp/

3、長瀞ライン下り

こちらも秩父観光としては定番のおすすめスポット!西武秩父駅から25分ちょっとで着く「長瀞駅」から徒歩1分です。8月の真夏は水しぶきを浴びて涼むことができ、10~11月には見事に色づいた紅葉の絶景を眺めながら、友達、家族、カップルでも楽しめます。はじめはゆったりのんびりと優雅な気分に浸れると思いきや、川の流れの速い所もありちょっとだけスリリング!でも安心してください!ベテランの船頭さんの熟練の技で操縦してくれます。船頭さんの巧みな操縦を見るのもおすすめです。

【住所】〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞489-2
【営業時間】9:00~16:00
【定休日】12月上旬~3月上旬
【電話】0494-66-0950
【公式HP】http://www.chichibu-railway.co.jp/nagatoro/

4、秩父神社

秩父総社である秩父神社は約2000年の歴史があり、現存する社殿は徳川家康より寄進されたとされ、子宝・子育てや、学業成就、縁結びに御利益があるとされています。社殿にあるは絢爛豪華な彫刻がおすすめで、「子宝・子育ての虎」や「つなぎの龍」、「三猿」もいて、鮮やかに彩られています。この三猿は、有名な日光東照宮の「見ざる・言わざる・聞かざる」とは少し違った表情をしていて、「よく見て・よく話して・よく聞いて」といった仕草を表しており、「お元気三猿」として親しまれています。例大祭である秩父夜祭りから結婚式、お参りなど、地元民だけでなく、観光客にも人気なある定番のスポットです。

【住所】〒368-0041埼玉県秩父市番場町1-3
【拝観時間】5:30~20:00(職員は9:00~17:00)
【定休日】無休
【電話】0494-22-0262
【公式HP】http://www.chichibu-jinja.or.jp/

5、秩父札所めぐり

秩父34ヶ所の観音霊場を一巡すると約100kmあるといわれており、歩いて巡ると約一週間、車だと約3日程度かかりますが、里山や蔵造りの街並みを眺めながらの散策コースとしても人気があります。2011年に放送されたアニメ、「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」通称「あの花」の舞台となった「定林寺(じょうりんじ)札所17番)」は、観光客だけでなくファンの聖地巡りとしてもおすすめです。

【住所】埼玉県秩父市栃谷418(札所1番 四萬部寺(しまぶじ)
【営業時間】ー
【定休日】ー
【電話】0494-22-4525
【公式HP】http://www.chichibufudasho.com/

6、SLパレオエクスプレス

「都心から一番近い蒸気機関車」というキャッチコピーを出して秩父鉄道が運行している、鉄道好きにはたまらない観光スポットです。秩父鉄道車両公園もあり子供と一緒に行くのもおすすめです。SLパレオエクスプレスに乗車するには、一か月前から販売されるSL座席指定券かSL整理券の購入が必要です。乗車区間の普通乗車券も忘れずに購入しましょう。

【住所】埼玉県秩父市荒川白久1627(秩父鉄道車両公園)
【乗車駅】秩父駅、三峰口駅、熊谷駅、羽生駅など
【運航スケジュール・乗車方法】下記HP参照
【営業時間】9:00〜17:00(車両公園入館は16:00まで)
【電話】0494-54-0020(秩父鉄道三峰口駅)
【公式HP】http://www.chichibu-railway.co.jp/

241

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス