【決定版】一度は行くべし!北陸の人気観光スポットおすすめ厳選TOP20

更新日: 2017年7月1日

さん

ますます観光客の注目を集める北陸は、ひろいエリアに人気スポットがあります。 その中から一度は訪ねておきたいおすすめスポットを、定番からレアな場所まで厳選しました。魅力あふれる北陸の人気スポットをご紹介します。

pixta_22740958_S

第14位 見附島(石川県)

能登半島の東に位置する不思議な形をした島です。弘法大師が佐渡から当地へ上陸するときに、最初に目にとまった島として見附島(みつけじま)と名付けられました。観光には車がないと対応できない場所ですが、富山湾の西岸の入り口にあり、この景観を求めてカップルや子連れも訪れます。夜間にはライトアップされた幻想的な姿も人気です。近くの見附島キャンプ場にはツーリングの大学生や女子グループも訪れます。石川のこの海岸からも遠くに立山連峰の稜線を見ることができます。奇岩や断崖の景勝地を多く持つ北陸の海岸線で、地球の鼓動が聞こえそうなおすすめスポットです。

【基本情報】
【名称】:見附島(軍艦島)
【住所】:〒927-1222 石川県珠洲市宝立町鵜飼
【電話】:0768-82-7776(珠洲市観光交流課)
【アクセス】: 能登空港より車で40分

第13位 ホタルイカ海岸(富山県)

富山湾の風物詩とまで言われる神秘的なホタルイカの青い光が、海岸線を埋め尽くすホタルイカの身投げと呼ばれる現象です。春先の3月から5月に高岡市から滑川市の海岸で見られます。気象条件に左右されやすく確約された場所も時間もありませんが、そんな幻想的な出会いを求めてカップルや子連れが訪れます。北陸のホタルイカ漁で知られる観光の町の滑川市には、ホタルイカミュージアムを併設する、道の駅ウエーブパークなめりかわがあります。ホタルイカの生態を知り、ホタルイカ漁を見学できる遊覧船が運行しています。青白く光る姿を手頃に楽しめるおすすめの観光スポットです。

【基本情報】
【名称】:ホタルイカ海岸
【住所】:富山湾氷見市から滑川市の群遊海岸域
【住所】:
〒936-0021
富山県滑川市中川原410(ほたるいかミュージアム)
【電話】:
076-475-0100
(滑川市観光協会 ほたるいか海上観光部)
【アクセス】: ほたるいかミュージアム 北陸自動車道滑川ICから10分
【アクセス】:雨晴海岸 能越自動車道高岡北ICから車で15分

第12位 黒部峡谷トロッコ電車(富山県)

北陸の人跡未踏の場所が多く残る、日本一のV字峡谷を走るトロッコ電車です。黒部ダム建設資材の運搬路線として敷設されたレールを、今は観光のトロッコ電車が走ります。富山県屈指の温泉地、宇奈月温泉駅を始発とする観光列車です。欅平にいたる20.1キロを黒部川沿いに渓谷の紅葉や青葉を楽しみつつ、途中駅をチョイスして川遊びや温泉を楽しむ若者や子連れでにぎわいます。一番のおすすめはV字の深い谷を体感することです。右側の席に座ってはるか眼下に流れる黒部川と、峡谷の断崖にへばりつくように走る、高さと谷のスケールは、誰もが初めて経験する思い出になります。富山を訪れたら一度は訪ねたいおすすめの観光名所です。

【基本情報】
【名称】:黒部峡谷トロッコ電車
【住所】:〒938-0293 富山県黒部市黒部峡谷口11番地
【電話】:0765-62-1011 (黒部峡谷鉄道営業センター)
【受付時間】:9:00~17:00(4月~11月)9:00~16:00(12月~3月)
【アクセス】:北陸自動車道 黒部ICから20分 富山地方鉄道 宇奈月温泉駅から徒歩5分

第11位 金沢21世紀美術館(石川県)

兼六園の近くにある総硝子張りの円形のフォルムが美しい石川の現代美術館です。この美術館をさらに有名にしたプールの底にいるような、楽しい展示作品のスイミング・プールが北陸で人気です。女子や大学生のグループが、いろんなポーズで水の底の世界を表現します。混んだ時はゾンビ集団が立ち尽くすよーな不思議な空間を体感できます。無料の交流ゾーンと有料の展覧会ゾーンに分かれています。昼は子供連れ、夜はデートスポットとして、多くの人に親しまれるおすすめの観光スポットです。

【基本情報】
【名称】:金沢21世紀美術館
【住所】:〒920-0962 石川県金沢市広坂1丁目2-1
【電話】:076-220-2800
【開館時間】:
展覧会ゾーン 10:00~18:00
(金・土曜は20:00まで)
【開館時間】:
交流ゾーン 9:00~22:00
展示ブースにより開室時間は異なります
【休館日】:展覧会ゾーン  月曜日(祝休日の場合は翌平日) 年末年始
【休館日】:交流ゾーン 年末年始 各室は展覧会ゾーンに準ずる
【アクセス】:北緯区自動車道 金沢西ICから20分 JR金沢駅よりバス15分

第10位 のとじま臨海公園水族館(石川県)

和倉温泉からも近く、ジンベイザメの泳ぐ大水槽をはじめ回遊水槽や円柱水槽など水族館に必要な見て楽しめる機能に優れた石川県で唯一の水族館です。能登半島周辺の魚介を中心に展示し、能登観光の人気スポットとなっています。能登島大橋周辺にはキャンプ場などの多彩なマリンプログラムを持つ施設が点在し、若者を中心にカップルや子連れのレジャー拠点になっています。水槽をこたつで鑑賞するブースなどユニークな取り組みで、リピーターも多い観光名所です。北陸の能登島を訪れたら立ち寄りたいおすすめスポットです。

【基本情報】
【名称】:のとじま臨海公園水族館
【住所】:〒926-0216 石川県七尾市能登島曲町15部40
【電話】:0767-84-1271
【開館時間】:
9:00~17:00(3月20日~11月30日)
9:00~16:30(12月1日~3月19日)
【休館日】:12月29日~12月31日
【アクセス】:金沢市内から能登自動車道で約90分
【利用料金】:一般(高校生以上) 1850円 中学生以下 (3才以上) 510円

第9位 福井県立恐竜博物館(福井県)

いまや福井だけでなく北陸の観光スポットとして、豊富な展示と発掘ツアーなど子供や若者に人気のプログラムで、高い支持を受ける注目のミュージアムです。いきなりロボットで動くティラノが出迎えてくれます。恐竜と言えば子供が対象と思われがちですが、質量共に期待を上回る、子連れから若者やあらゆる年齢層にも楽しめる観光スポットです。フクイの名を冠する発掘化石も多くあり、日本の恐竜情報の発信基地となっています。一度は訪れたいおすすめスポットです。子供も大人も好奇心を刺激してくれる、忘れていたワクワクするような世界を体験しましょう。

【基本情報】
【名称】:福井県立恐竜博物館
【住所】:〒911-8601 福井県勝山市村岡町51-11
【電話】:0779-88-0001
【開館時間】:9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】:第2第4水曜日 12月29日~1月2日
【観覧料】:一般 720円 高・大学生 410円 小・中学生 260円
【アクセス】:JR福井駅からえちぜん鉄道乗り換え勝山駅下車バス乗り継ぎ70分
【アクセス】:小松空港から車約60分

1 2 3 4
pixta_22740958_S

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

北陸観光・おでかけのまとめランキング