クレカ依存者は必須!限度額が高いおすすめ人気クレジットカード10選【各社比較】

更新日: 2016年10月2日

さん

日常から非日常までさまざまなシチュエーションで切っても切り離せない方も多いことでしょう。フル活用すると利用制限に引っ掛かってしまう可能性もあり心配ですね。そこで今回は、もしものときに利用枠で困らない「限度額が高いおすすめ人気クレジットカード10選【各社比較】」をご紹介します。

8266503630_bc32fe1117_c

【まずはじめに】


Photo via Visual Hunt
せっかく作ったクレジットカードの利用限度額が思ったより低く、大きなショッピングができない、支払いが重なって限度額に引っ掛かりカード決済ができなかったということはありませんか。特にボーナスを当て込んでまとまったショッピングをしたい時、限度額が低いと心もとないですね。
クレジットカードは今や通信料や光熱費、果ては近くのコンビニでもっとも使える電子マネーのチャージに使える時代。旅先での利用、貴金属など高額商品の支払いなど、日常から非日常までさまざまなシチュエーションで切っても切り離せない方も多いことでしょう。だからこそ、フル活用すると利用制限に引っ掛かってしまう可能性も。そこで今回は、もしものときに利用枠で困らない「限度額が高いおすすめ人気クレジットカード10選【各社比較】」をご紹介します。

【限度額は何で決まるの?】


Photo via Visual Hunt
「若年層で定職を持たずアルバイトをしている人」と「大手の会社や公務員で勤続年数10年を超え年収400万円の人」からお金を10万円貸してと頼まれたらあなたはどちらに貸しますか。多くの人は後者と答えるでしょう。クレジットカードと言うとお金を借りるという認識の方は少ないと思いますが、店でショッピングした代金を一時的に立て替えて払ってくれるのがクレジットカード会社なのです。だから社会的信用度によって立て替えてくれる金額が違うのは当然。最初にクレジットカードを申し込んだ時、カード会社は属性(年齢や勤続年数、年収など)からスコアリングし、返済能力に見合った利用限度額を設定するのです。

【限度額が高いクレジットカードは申し込めないの?】


Photo via Visual hunt
結論から言うと、最低利用限度額はカード会社によって設定はさまざまです。比較的審査が甘く枠が大きなクレジットカード会社もあれば審査が厳しくクレジットカードを作れたとしても5万円、10万円の小額のクレジットカード会社もあります。属性が低い方でも比較的利用限度額が広げやすいのはやはりIT(インターネット)系や流通系と言えるでしょう。一方で、属性に自信がある方なら銀行系のクレジットカードでも最初から高い限度額を設定してもらえる可能性もあります。まずは自分自身の属性を理解し、どのクレジットカード会社のどのブランドを選べば良いかを見極めることが必要になります。

一般カード

1.楽天カード


http://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/everyday/point/card/?l-id=everyday_pc_top_gnavi_card
専業主婦やフリーターなど審査が心配な方にも、スコアリングが高く他のクレジットカードで良好なクレヒス(クレジットヒストリー)を培っている方にもおすすめのクレジットカードが「楽天カード」。ごく一般的な会社員で50万円、信用度が高ければ最初から100万円と、ゴールドカード並みに利用限度額を高く設定してもらえる可能性があります。逆に専業主婦やフリーターなどは同居の夫や両親の収入が審査基準に含まれますが、利用枠を少しでも多く得たければ定職に就いてから申し込むことが、少しでも利用限度額を高く引き出すポイントになります。

【年会費】永年無料
【利用限度額】5~300万円
【特徴】
・還元率:1.0~2.0%
・入会特典:5,000~7,000ポイント
・楽天グループでのショッピング 還元率:2.0~4.0%
・楽天ポイント加盟店でのクレジット決済:3.0%
・楽天カードで楽天Edyのクレジット決済 還元率:0.5%/楽天ポイントは楽天Edyへ変換可能
【おすすめポイント】
・専業主婦でも審査が通ると評判で限度額も高め!審査に不安がある方、無料カードで限度額の高いカードを使いたい方におすすめ
・還元率は最強レベル!しかも貯まったポイントは楽天Edyへ変換可能
【公式サイト】楽天カード

2.ACマスターカード


http://www.acom.co.jp/p/lineup/credit.html
「ACマスターカード」はアコムが発行しているクレジットカード。アコムは最近はUFJのバンクイックなど多くの銀行と提携しカードローンの与信審査の一部を担っている消費者金融。独自のスコアリングシステムが確立されおり即日発行というスピード審査も可能。ポイント還元などのメリットはなく、年会費無料で分割払いなどの支払い方法が多彩、手数料率も他社に比べて破格の10.0~14.6%。カードローン枠を含め最大500万円、ショッピング枠のみでも最大300万円と与信審査次第で大きな利用限度額が認可されるなど独自のサービスが際立っています。審査がもっとも甘いと言われる消費者金融系のクレジットカードなので、与信が心配な専業主婦や学生にもおすすめです。

【年会費】永年無料
【利用限度額】ショッピング枠10~300万円/カードローン枠:ショッピング枠含め最大500万円
【特徴】
・還元率:0.0%
・最短で即日発行可
・手数料率/実質年率:10.0~14.6%
・利用限度額はカードローン枠を含めると最大500万円、ショッピング枠のみでも最大300万円
【おすすめポイント】
・審査がもっとも甘いと言われる消費者金融系クレジットカードで専業主婦や学生でも簡単に作れる
・アコムが培った独自のスコアリングで、与信審査の結果によっては100万円以上の認可が下りる可能性あり
・最短で即日発行可、またカードローン枠も認可されることがあるので急ぎで入用なときの救世主
・支払い金額が自由でマイペースで返済、しかも手数料、実質年率が低めなので分割やリボを他社で利用するよりお得
【公式サイト】ACマスターカード

3.ライフカード


http://www.lifecard.co.jp/card/credit/lifemsr/3-02.html
ライフカードは還元率は0.5%と標準的ながら利用すればするほどポイントが貯まるポイントプログラムになっており還元率重視の方から多くの支持を得ているクレジットカード。利用限度額はショッピング枠もキャッシング枠も最高200万円とゴールド並みに高額な利用枠をもらえる可能性もあり、与信審査の内容によっては最初から100万超の利用枠を設定してもらえた方もいるとのこと。属性やクレヒス(クレジットヒストリー)に自信のある方におすすめです。

【年会費】永年無料
【利用限度額】ショッピング枠:10~200万円/キャッシング枠:0~200万円
【特徴】
・還元率:0.5~2.5%
・初年度ポイント:1.5倍(1.0%)付与/誕生月ポイント:5倍(2.5%)
・年間利用額50万円以上で300ポイント付与/次年度基本ポイント:1.5倍(1.0%)
【おすすめポイント】
・年会費無料で還元率が高め!しかも50万円以上の年間利用で300ポイントの付与とポイントアップ1.5倍(1.0%)
・ショッピング枠もキャッシング枠もゴールド並みの利用限度額が設定されている
・勤続年数や年数などの属性が良くクレヒス(クレジットヒストリー)が良好な人なら最初から100万超の利用枠をもらえることも有り
【公式サイト】ライフカード

4.JCB一般カード


https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/ippan.html
年会費は掛かるものの、国内唯一の国際ブランドJCBのプロパーカードとして、ステータスを重んじる方なら視野に入れておきたい「JCB一般カード」。利用限度額は最低10万円から、公表はされていませんが100万円までと言われており、入会時に通知されます。利用者の利用限度枠は50万円がコア(核)となっており、勤続年数や収入、住居形態など属性が良ければまとまった限度額が期待できるのでおすすめのクレジットカードです。

【年会費】初年度 オンライン入会:無料 オンライン以外:1,250円+税/2年目以降:1,250円+税(※WEB明細サービス利用+50万円以上利用で無料)
【利用限度額】10~100万円(※非公表にて参考限度額/入会時に通知)
【特徴】
・還元率:0.5%
・海外での利用:1.0%
・ETC追加発行無料
・海外&国内旅行傷害保険付帯
【おすすめポイント】
・クレジットカードの審査難易度は中程度
・国内唯一の国際ブランドJCBのプロパーカードとしてステータス性も有り
・一般的に最初の利用限度額は50万円程度と言われており、属性が高くクレヒス(クレジットヒストリー)に自信がある方におすすめ
【公式サイト】JCB一般カード

5.三井住友VISAクラシックカード


https://www.smbc-card.com/nyukai/card/classic.jsp
銀行が発行するクレジットカードとして、抜群の安定感&安心、安全な「三井住友VISAカード」は、堅実派やステータス重視派におすすめ。与信審査は他社に比べ格段に厳しい感もあり、利用枠のコア(核)が30万円と言われています。ただし、勤続年数が長ければ長いほどスコアリングが高くなり、堅実な取引を培ってきた方は利用限度額が高く設定してもらえることも。以前からのユーザーで利用限度額が低いと嘆いている方は、勤続年数が3年、5年、10年と節目を迎えた時に増額申請をすることをおすすめします。

【年会費】初年度無料/2年目以降 1,250円+税(「マイ・ペイすリボ」を継続+前年度のカード利用1回以上で無料)
【利用限度額】ショッピング利用枠:10~80万円/キャッシング利用枠:0~50万円
【特徴】
・還元率:0.5%
・海外旅行傷害保険自動付帯/国内旅行傷害保険利用付帯
・ポイントアッププログラムで使えば使うほどポイントが貯まる(※年間利用額50万円~/100万円~/300万円~でボーナスポイントが累進制)
【おすすめポイント】
・銀行発行のクレジットカードとしてステータス重視の方におすすめ
・ポイント還元率は一般的ながら、海外&国内旅行傷害保険など補償やセキュリティ面でもしもの時に安心&安全
・与信審査は厳しいが、堅実にクレヒス(クレジットヒストリー)を積み重ねられる
【公式サイト】三井住友VISAクラシックカード

1 2 3
8266503630_bc32fe1117_c

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス