名所を厳選!富山のおすすめ観光スポット人気ランキングTOP30

更新日: 2016年12月6日

さん

富山湾を囲むように海沿いに観光スポットを持つ富山には、立山連峰を背に豊かな自然があふれる山里や雄大な景勝地があり、歴史を深く刻む名所旧跡が点在します。市街地にも優れた施設や行楽地があり、新旧を合わせた魅力的な街並みを形成しています。そんな富山のおすすめの名所をご紹介します。

89

旅の楽しみは好奇心を満たしてくれる、知らない場所の景色だったり、初めて経験する食感だったり、意外な自分に気づくことだったり、さまざまですね。たとえ王道の観光スポットが用意されていても、世界一とか世界遺産とかに振り回されず、現地で出会ったおばあさんの優しさが一生の思い出に残ることだってありますね。富山には素直に驚ける自然の営みや想像以上の大きな山や谷があります。ホタルイカが光る不思議や涙が止まらない景色に出会えるかもしれません。すべてではないけれど富山の観光名所を厳選しました。友達やカップルで魅力いっぱいの富山へでかけませんか?海も山も街も、広い富山のおすすめ観光スポットをご紹介する人気ランキングTOP30です。

第30位 魚津蜃気楼展望地点

日本有数の蜃気楼の名所である魚津は、加賀藩の歴代藩主も目撃した記述が、魚津古今記にも残る観光スポットです。経田漁港からミラージュランドまでの「しんきろうロード」には、3月から6月にかけてカメラ三脚を立てたマニアや観光客が訪れます。背後に立山連峰がせまる富山湾は、海に流れ出す雪解け水の海水温と、大気の温度差から生じる空気の層に、光が屈折して起こる蜃気楼の観測点です。自然が相手の場所なので見ることができれば幸運だと思うくらいの気持ちで訪ねてみてはいかがですか?周辺にも見どころ多いスポットが点在するので、気軽に立ち寄って欲しいおすすめスポットです。

【基本情報】
【名称】:蜃気楼展望地点
【住所】:〒937-0067 富山県魚津市釈迦堂814
【電話】:0765-22-1049 (魚津埋没林博物館)
【アクセス】:あいの風とやま鉄道魚津駅から徒歩25分 北陸自動車道魚津ICから車で10分
【駐車場】:100台以上(海の駅蜃気楼とその周辺) 無料

第29位 東福寺野自然公園

滑川市にある富山湾をのぞむ高台の自然公園です。蒸気機関車「デコイチ」の本物と客車が宿泊施設になったSLハウスが人気です。バーベキュー広場やパークゴルフ、筏遊びに子供広場など高原の自然を満喫できる観光スポットです。滑川ICから10分のアクセスの良さと、リーズナブルな価格設定が魅力の、子連れや女子グループにもおすすめです。近くには縄文時代中期の縦穴住居跡を復元した不水掛遺跡公園(みずかからずいせきこうえん)があり、復元住居を実際に見ることのできる貴重な体験ができます。

【基本情報】
【名称】:東福寺野自然公園
【住所】:〒936-0823 富山県滑川市東福寺野41
【電話】:076-474-1141
【開園時間】:9時00分 ~17時00分
【休園日】:冬期12月16日~3月14日 夏季は無休
【入園料】:大人210円 小人150円 幼児50円 各施設の利用は別途
【アクセス】:北陸自動車道滑川ICから10分

第28位 となみ夢の平 散居村展望広場

砺波平野に広がる散居村の水田が鏡のように夕日を反射して美しい田園風景を見せる観光スポットです。水田など日本のどこにでもある風景ですが、住居が集中せず適度な間隔で点在する分散型の集落形態を散居村と言います。それぞれの農家ごとにカイニョと呼ばれる防風林があり、水田とのコントラストを際立たせています。富山の遅い春に田んぼに水が入る時期から、稲が緑のじゅうたんのような初夏、そして黄金色に光る秋の収穫期など四季の移り変わりで、美しい散居村の絶景に出会えます。冬には雪で白一色の水田と集落の黒が、墨絵のように幻想的な姿を見せます。散居村と言う聞き慣れない集落の自然が作り出す景観は必見です。カップルや家族連れにもおすすめの観光名所です。

【基本情報】
【名称】:となみ夢の平 散居村展望広場(さんきょそんてんぼうひろば)
【住所】:〒939-1428 富山県砺波市五谷八布施22-3
【電話】:0763-33-7666(砺波市観光協会)
【アクセス】:JR城端線砺波駅から車で25分 北陸自動車道砺波ICから車で20分
【その他】:駐車場あり

第27位 高岡大仏

高岡市街の道路沿いに突然現れる浄土宗大佛寺の境内に座す銅製の大仏です。この大仏が見えてくると、道行く営業マンも高岡に来たことを実感する、高岡のランドマークです。高岡大佛の横に大佛寺の寺務所と梵鐘だけなので、ご本尊は、この阿弥陀如来座像になります。屋根をつければ本堂になりますが、台座の回廊には地獄絵や焼失した木造大佛の仏頭が保管されています。高さ15.85メートルの高岡大仏の前が撮影スポットであり、近所の子供の遊び場でもある、浄土宗らしい気軽な雰囲気がおすすめの観光名所です。高岡の万葉祭りなどのイベントに合わせてライトアップされるので、富山を訪れたら一度は見ておきたい定番スポットです。

【基本情報】
【名称】:高岡大仏
【住所】:〒933-0039 富山県高岡市大手町11-29
【電話】:0766-23-9156
【拝観時間】:台座回廊 6:00~18:00
【入館料】:志納
【アクセス】:JR高岡駅から徒歩10分 能越自動車道高岡ICから車で10分
【その他】:参拝者用無料駐車場 P1 8台 P2 4台

第26位 黒薙温泉

黒部鉄道のトロッコ列車でのみ行ける黒部峡谷の秘湯です。例年4月下旬から11月までの運行期間だけ利用できる温泉です。宇奈月駅からトロッコ列車でV字峡谷を楽しみながら25分で黒薙駅に到着します。ここから徒歩20分で黒薙温泉旅館に到着します。当然ですが、タクシーが走る道はなく、携帯電話も使えません。旅館は宿泊も日帰りも可能です。男女内湯と露天風呂があり、水着対応可能の混浴露天風呂が峡谷をのぞむ場所にあります。黒薙川の豪快な流れで本物の自然を体感できる場所です。宿のフロントに耳栓の貸出があるほど野趣にあふれた富山の穴場スポットです。いまだ人跡未踏の場所が存在する黒部峡谷を一度は体験したい、若者にもおすすめの観光名所です。

【基本情報】
【名称】:黒薙温泉
【住所】:〒938-0282 富山県黒部市宇奈月町黒薙
【電話】:0765-62-1820 予約・問い合わせは平日8:00~17:00
【日帰り入浴】:9:00~16:00 大人650円 小人300円
【アクセス】:黒部峡谷鉄道宇奈月駅から黒薙駅下車徒歩25分

第25位 桜ヶ池クアガーデン

富山湾から離れた越中の山里に広がる温泉リゾートです。富山の多様な一面を見せる五箇山の観光にも最適な、おすすめのスポットです。東海北陸自動車道の城端SAからも歩いて行けるアクセスの良さと、温泉プールやスパを持つ充実したホテルライフが可能です。桜が池温泉は日帰り温泉としても利用可能で、多様なニーズにも対応しています。豊かな自然の桜が池を中心にキャンプ場などの設備に、豊富なアクティビティが若者や子連れに人気で、ホテル横のクライミングセンターの壁は圧巻です。あらゆる年齢層に対応した周辺観光にも便利な観光スポットです。

【基本情報】
【名称】:桜が池クアガーデン
【住所】:〒939-1835 富山県南砺市立野原東1514
【電話】:0763-62-8181
【営業時間】9:00~22:00
【定休日】:なし 2月にメンテナンス休館あり
【アクセス】:JR城端線城端駅から車で10分 東海北陸自動車道福光ICから車で10分
【その他】:施設利用料や宿泊については公式サイトを確認ください
【公式サイトURL】http://sakuragaike.co.jp/

第24位 大牧温泉

富山の名物温泉です。小牧ダムの建設により水没した庄川集落や大牧温泉の中で唯一残った旅館です。船でしか交通手段のない秘境温泉として注目される観光名所です。かつて平家の落ち武者が傷を癒やしたと言われる山深い立地や、庄川に沿って立つ温泉旅館として若者やカップルにも人気です。整った設備の旅館ですが、黒部峡谷などと同様、夏の季節は虫が多いなど、旅館内部は快適ですが、野天風呂などでは自然がいっぱいの経験もできます。こんな場所で都市ホテルのサービスを求めるものでもなく、部屋から眺める庄川の絶景が一生の思い出になるおすすめの観光スポットです。

【基本情報】
【名称】:大牧温泉
【住所】:〒932-0371 富山県南砺市利賀村大牧44
【電話】:0763-82-0363 大牧温泉観光旅館
【アクセス】:小牧ダムより庄川遊覧船で30分 北陸自動車道砺波ICからR156で約20分
【その他】:庄川遊覧船の船乗り場に無料の駐車場があります

第23位 魚津水族館

大正2年に作られた初代水族館を引き継ぐ100年の歴史を持つ水族館です。大型水槽に巨大魚が廻遊するような水族館ではありません。魚津の海と川に生息する生き物を中心に、より身近にふれて感じて水の生き物との共生を楽しく考えさせてくれる、スタッフの手作り感が満載で、笑顔が印象に残るおすすめスポットです。富山湾と河川や田んぼの生き物まで、富山にこだわった展示や紹介が新しく感じる、旅の立ち寄りスポットとして人気です。ベビーカーの貸出やスタッフ手作りのオリジナルグッズなど、心の温まる不思議な満足感が残る、子連れにおすすめの観光スポットです。

【基本情報】
【名称】:魚津水族館
【住所】:〒937-0857 富山県魚津市三ケ1390
【電話】:0765-24-4100
【開館時間】:9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】:12月29日~1月2日
【入館料】:一般(高校生以上)750円 小・中学生410円 幼児(3才以上)100円
【アクセス】:北陸自動車道魚津ICから15分 魚津市コミュニティバス水族館前下車すぐ

1 2 3 4
89

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス