ステータスが高いからこそ?ゴールドカードの審査難易度ランキングTOP10【徹底比較】

更新日: 2017年7月4日

さん

ゴールドカードは学生でも持てる時代になりましたが、現在でも審査が厳しめのステータスの高いゴールドカードは存在します。一目置かれる、これぞゴールドカードという一枚をお探しの方に、おすすめの10枚をご紹介します。

PIXTA ※イメージ画像

限られた人たちへのゴールドカードとは?

Photo credit: Philip Taylor PT via Visualhunt / CC BY

ひと昔前は、ゴールドカードを取得するのは30歳以上で年収500万円以上などという審査の仕切線がハッキリしていました。しかし最近は学生でもゴールドカードを持つことができ、申込み資格に年収を明記してあるカード会社は少数派です。そういった中でも、ステータスを感じさせ、これぞゴールドカードと呼ぶにふさわしいカードも存在します。この限られた人たちだけが所有するゴールドカードのステータスとはいったい何をもってそう言うのかを説明し、厳選した10枚をご紹介していきます。

ゴールドカードのステータスとは?

Photo credit: Tax Credits via VisualHunt / CC BY

ゴールドカードのステータスを決めるのには、それなりの理由があります。大きく3つに分けましたので、ご覧下さい。
1.認知度
2.年会費
3.特典内容
これら3点をざっくり見ると大体お分かり頂けるかと思います。
1.認知度は、誰でもしっているクレジットカードのゴールドカードということになります。
2.年会費が高いほどやはりステータスも高くなっている傾向にあります。
3、特典内容は、主に旅行の保険の手厚さ、グルメではカード会員専用の予約枠や優遇、エンターテイメントでは優先チケットなどといった内容です。
年会費が無料や、格安年会費のゴールドカードと、ステータスのある審査基準の厳しいゴールドカードではこういった内容が違ってきます。

ゴールドカードを選ぶ基準は?

Photo via Visual hunt

ステータスの定義がつかめても、何を判断基準にしてゴールドカードを選べばいいか迷いますよね。ステータスのあるゴールドカードの年会費は大体が1万円ほど、またはそれ以上なので、特典内容や、ポイントの貯まりやすさ、特約店などで決めてみてはどうでしょうか?あなたがよく利用するお店やネットショッピングが、そのゴールドカードを利用すればポイントが5倍貯まるとあっては選ばない手はないですよね。年会費がかかっても、ポイント還元率を考えるとすぐにもとが取れてしまいます。さらに、何と言ってもお財布を見るたびに心強いゴールドカードがあると思えばどこか気持ちも違ってくるかと思います。一般的にステータスがあるとみられるゴールドカードは、審査が厳しいと言われていますがおすすめの10枚をご紹介します。

1.ダイナースクラブカード


https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/dinersclubcard.html

審査が厳しいことで知られるこちらのクレジットカードは、厳密にはゴールドカードではありませんが、同等もしくはそれ以上のカードとしてあげられる一枚です。世界中のどこで利用しても、翌月一括払いのチャージカードとして一律の利用制限を設けないというポリシーがあり、それ相応の年収の方々が所有する、まさに世界のステータスカードとして知られています。入会の申込みは、「年齢27歳以上の方」とあるのみですが、医者、弁護士など高所得者が持つことでも知られていますので、審査や年収の基準は厳しいものと言われています。ダイナースだけあって、食事面の特典も非常に豊富です。対象レストランの所定のコース代金が1名もしくは2名分が無料となる特典もあります。他に、コールセンターに食事の予算を伝え代わりに予約をしてもらうと、サインすることなくスマートに帰ることのできるなど信頼の証を体感できる一枚です。

基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】22,000円+税
【特典】
・カードの利用額に一律の制限枠が無い
・国内外600箇所以上の空港ラウンジが無料で利用できる
・最高1億円の国内、海外旅行保険付帯
・24時間無休のコールセンターの対応
・無期限有効のダイナースクラブ リワードポイントが、100円ごとに1ポイント加算
【おすすめポイント】
・世界のステータスカードを手にしたい方へおすすめ
・プラチナカードレベルのサービスをお探しの方におすすめ
・グルメやエンターテイメントを充実させた方へおすすめ
【公式サイト】ダイナースクラブカード

2.アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

https://www.americanexpress.com/japan/

世界中どこでも通じるステータスカードと言えば、ダイナースクラブカードと並んでこちらのゴールドカードです。所持するには、審査が厳しいゴールドカードと言われていますが,詳細はヴェールに包まれています。年会費が高額なだけあり、特典も豊富です。特に旅行でこちらのクレジットカードの威力を実感できるのが、プライオリティパスというVIP空港ラウンジが利用や、海外旅行の出発、帰国時にスーツケース1個を無料で配送となるサービスがあります。さらに家族カード1枚の年会費は無料となりますので、これらの特典で家族旅行が大変楽になりますよね。そして、国内外約200店のレストランでは、特定のコースを2名以上で予約すると、1名分が無料となる特別なサービスもあります。

基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】29,000円+税
【特典】
・国内外900ケ所以上の空港VIPラウンジを利用できるプライオリティ・パス・メンバーシップに、家族カード会員と共に年会費無料(通常99米ドル)。
・1回27米ドルの空港ラウンジ利用料が年間2回まで無料になる。
・海外旅行の出発、帰国時にスーツケース1個を無料配送
・無期限でポイントが貯められる
【おすすめポイント】
・世界に通用するステータスカードが欲しい方へおすすめ
・さらに上のプラチナカードを作りたい方へおすすめ
【公式サイト】アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

3.三井住友VISAゴールドカード

https://www.smbc-card.com/nyukai/card/responsive/img/goldcard/img_card_01.png

「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」という入会資格で、年収は問われていませんが、誰もが知るゴールドカードで信用のおける一枚です。20代の方には、専用のゴールドカードがある為ある程度審査の難易度を知れるかと思います。クレジットカード発行枚数のランキング1位のVISAを搭載しており、三井住友が日本で初めてVISAカードと提携しました。こういった歴史や数こそが、ステータスを感じさせます。特典の内容は、ダイナースやアメックスのように、旅行や娯楽に特に優れたサービスが集まっていることもなく、使いやすいゴールドカードとしても人気です。

基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】10,000円+税(インターネット入会で初年度無料
【特典】
・インターネットよりの入会で初年度の年会費無料
・翌年以降もお支払方法などのプランを利用で、年会費が4,000円+税にまで割引になります
・全国主要空港のラウンジ無料使用可能
・国内、海外旅行保険最高5,000万円付帯
【おすすめポイント】
・通常カードの2倍ポイントが貯まる
・歴史があるからこそ安心できる三井住友VISAカードでステータスを感じたい方へおすすめ
・お医者様へ24時間、年中無休で健康相談をすることができます
【公式サイト】三井住友VISAゴールドカード

4.JCBゴールド ザ・プレミア

http://www.jcb-originalseries.jp/premier/?_ga=1.183790694.1108976405.1463235787

日本を代表する国際的クレジットカードのJCBが発行する別格のゴールドカードです。通常のゴールドカードを利用中に、一定条件を満たしていると招待される、レベルアップされたオプションのゴールドカードです。JCBゴールドカードとは別に年会費が5000円必要となりますが、100万円(税込)以上ご利用になると無料となるそうです。特典はゴールドカードのサービスにプラスされ、世界900か所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスの年会費が無料となる特典や、プレミアム会員専用の電話受付などがあります。国内では京都駅ビル内に、専用ラウンジがあったり、全国の特約店で食事が30%割引になるなど、プラスの年会費分が補える充実した内容となっています。

基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】5,000円+税(別途JCBゴールドの年会費10,000円+税が必要)
【特典】
・プライオリティパス年会費無料
・JCBの特別宿泊プランあり
・ポイントが5年間有効になります(ゴールドカードでは3年間)
・JCBゴールドと比較し、ポイント優遇率が10%アップし、最大70%の優遇率となります
【おすすめポイント】
・さらにステータスの高いJCBゴールドカードを持ちたい方へおすすめ
・日本国内でのサービスの充実が欲しい方へおすすめ
・プライオリティパス付帯をお探しの方におすすめ
【公式サイト】JCBゴールドカード

5.セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

http://www.saisoncard.co.jp/amextop/gold-cs/

「18歳以上(高校生は除く)の電話連絡が可能な方で、当社の提携する金融機関に決済口座をお持ちの方に限りお申込みいただけます」という、ゴールドカードのわりに敷居が低く感じられるお申込み対象が提示されています。株式会社クレディセゾンがアメリカンエキスプレスと提携したコスパが良いと人気の一枚です。誰もが知るアメックスのゴールドカードだけあり、ステータスも十分です。審査基準は、本家アメックスよりは緩めと言われていますが、特典内容は見劣りすることもありません。永久不滅ポイントが貯まり、安心のトラべルサービスが充実しており、最短3営業日で発行されます。本家アメックスへ敷居が高く感じる方は、初年度年会費無料となっている期間に、まずこちらのから所有してみてもいいかもしれませんね。

基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】10,000円+税(初年度無料のキャンペーンを行なっている場合があります)
【特典】
・永久不滅ポイントが貯められる
・海外での利用はポイント2倍に
・国内主要空港ラウンジの利用可
・国内、海外旅行保険最高5,000万円
【おすすめポイント】
・最短3営業日で発行されるので、お急ぎの方へおすすめ
・お得な年間費で利用したい方へおすすめ
・PARCO、Loft、西友、LIVINでのお買い物がお得になるのでよく利用される方へおすすめ

【公式サイト】セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告