名所を厳選!川越のおすすめ観光スポット人気ランキングTOP20

更新日: 2016年8月13日

さん

蔵造りのどこか懐かしい雰囲気が漂う“小江戸川越”。朝ドラの撮影地として使用された「時の鐘」や縁結びの神様として知られ、神前の結婚式でも人気のある「川越氷川神社」など、女性やカップルにも人気の観光地です。魅力満載の川越のおすすめスポットをご紹介します。

240

江戸時代から「小江戸川越」として栄えてきた今話題の観光地、埼玉県川越市。2013年3月に東武東上線、東急メトロ副都心線、東急東横線、横浜高速みなとみらい線が相互直通運転を開始し、川越駅から横浜、元町中華街まで乗り換えなしで行けるようになり、ますます多くの観光客が訪れています。魅力満載の川越のおすすめスポットをcheck!

1、川越氷川神社

 

縁結びの神様として知られ、県内外から多くの観光客が訪れる川越のおすすめ観光名所です。絵馬トンネルや境内は温かい雰囲気に包まれた境内は、女子同士やカップルのデートでは定番のスポットで、埼玉の観光ランキングでも常に上位に入っています。また鯛の形をしたおみくじもあり、「一年安鯛(一年安泰)」や「あい鯛(会いたい)」などユニークなネーミングで心を和ませてくれます。7月上旬から8月下旬まで飾られる短冊に願いが込められと風鈴のトンネルも人気で、涼しい音色に子供や若者から大人まで癒されます。

【住所】埼玉県川越市宮下町2-11-3
【電話番号】 049-224-0589
【お問い合わせ時間】9:00から17:00
【定休日】なし
【HP】http://www.kawagoehikawa.jp/

2、時の鐘

朝ドラの撮影でも使われた、川越市のシンボルとして有名な観光スポットです。江戸時代初めから川越城下に時を告げてきた市民に親しまれてきた時計台で、市の指定文化財に指定されている貴重な歴史的遺産です。蔵造りの街並み散策時、友達や家族と記念撮影するのにもぜひおすすめです。

【住所】埼玉県川越市幸町15-7
【電話番号】049-222-5556(川越市観光案内所)
【営業時間】自由
【定休日】なし
【HP】  http://www.city.kawagoe.saitama.jp/kosodatekyoiku/kyoikuinkai/rekishi/oshirase/tokinokane.html#cmseikyo

3、喜多院

川越大師として親しまれている小江戸川越の定番観光スポットの一つ、喜多院。初詣や名物のだるま市には境内を埋め尽くす程の人で賑わい、2月の節分には100人の年男による豆まき、3月下旬から4月上旬ごろには満開になった桜の中で春まつりが行われ、境内をより一層美しく見せてくれます。おすすめは「五百羅漢」で様々な表情や仕草をした羅漢様がまるで本当にひそひそ話をしているようです。また徳川家光誕生の間であり文化財に指定されている客間は必見です。

【住所】〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町1-20-1
【電話番号】049-222-0859(喜多院拝観寺務所)
【お問い合わせ時間】9:00から16:00
【定休日】なし
【HP】http://www.kawagoe.com/kitain/

4、菓子屋横町

昔懐かしい雰囲気を残すほんわか温かい気持ちにさせてくれる小江戸川越の定番観光スポットです。「元祖 日本一長いふ菓子」が人気で、1mほどあるふがしは驚いてテンションが上がります。おせんべいを大きく膨らました「ふくれ煎」も人気があり、とても割れやすいので観光の最後に買うのがおすすめです。

【住所】〒350-0062 埼玉県川越市元町2丁目
【電話番号】049-224-5940
【営業時間】店舗によって異なる
【定休日】店舗によって異なる
【HP】http://www.koedo.or.jp/miru-asobu/115/

5、蔵造りの街並み

川越観光といえば、そう!「蔵造りの街並み」です。昭和レトロな街並みと、鬼瓦、重厚な観音開きの扉などで作られた歴史的な建物が並ぶ商店街で、川越名産のさつまいもを使ったサイダー「サイモー」などユニークな商品もあり大学生のグループなど若者が盛り上がる姿も見られます。メイン通りから一本裏の道に入ってみると、店蔵が文化財に指定されている「松本醤油商店」で醤油造り見学(要予約)ができるなど穴場スポットもあり、メイン通りとは違うゆったりとした観光にもおすすめです。

【住所】〒350-0063 埼玉県川越市幸町7-9(川越市蔵造り資料館)、埼玉県川越市仲町10-13(松本醤油商店)
【電話番号】 049-222-5399(川越市蔵造り資料館)、049-222-0432(松本醤油商店)
【営業時間】9:00から16:30(川越市蔵造り資料館)、9:00から18:00(松本醤油商店)
【定休日】月曜日(川越市蔵造り資料館)、年中無休(松本醤油商店)
【HP】http://www.koedo.or.jp/miru-asobu/103/ (川越市蔵造り資料館)、http://www.hatsukari.co.jp/ (松本醤油商店)

6、川越まつり

川越の秋祭り「川越まつり」は、国指定重要無形民俗文化財に指定されており、川越市が一年で一番盛り上がる日といっても過言ではないでしょう。昼と夜両方の祭りの姿を見るのがおすすめで、昼は山車を曳く迫力ある人々の姿や、人形、まつり囃子などを楽しみ、夜は蔵造りの街並みに飾り置きされる幻想的な雰囲気に様変わりした山車と曳きまわしで、連日たくさんの観光客でにぎわいます。360年以上守られてきた歴史ある祭りで盛り上がればその後の寒い冬も熱く乗り切ることができるかも。

【住所】〒350-0062 埼玉県川越市元町2-7-10(川越まつり会館)
【電話番号】049-225-2727
【開催日時】毎年10月中旬
【HP】http://www.kawagoematsuri.jp/index.html

240

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

川越観光・おでかけのまとめランキング

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス