【各社比較】今選ぶべきはこれ!お得な特典満載のプラチナカードおすすめランキングTOP30【2016年最新版】

更新日: 2016年12月7日

さん

ゴールドカードよりワンランク上のステータスには、プラチナカードならではの特典も満載!今回は「【各社比較】今選ぶべきはこれ!お得な特典満載のプラチナカードおすすめランキングTOP30【2016年最新版】」を厳選してご紹介します。

model3

【まずはじめに】

三井住友プラチナカード

https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/recommend/status.jsp


最近では年収200万円、20歳以上から持て年会費も一般カード並みのゴールドカードも増えました。それほど持つのが容易になった「ゴールドカード」ですが、「プラチナカード」と言えばいかがでしょうか。「ゴールドカード」の上位カードの「プラチナカード」、さらにランクが上の「ブラックカード」は審査基準も難しく手に入れがたいと感じている方も多いかと思います。
それでは、保有のメリットと言えば何でしょう。年会費も高いのに持つ意味があるか気になるところですね。
次章では上の2点に焦点を当て、「プラチナカード」を解説していきます。

【「プラチナカード」その審査基準】

 


Photo via Visual hunt

「プラチナカード」には、自分で申し込むタイプとインビテーション(招待制)の2種類が存在します。インビテーション(招待制)の場合は、「ゴールドカード」のクレヒス(クレジットヒストリー)からクレジットカード会社が自ら判断し「プラチナカード」を持つに相応しいと判断された顧客だけを対象に招待するのですから申し込めばほぼ手に入れることができると言えます。一方、自分で申し込むタイプの場合は、如実にスコアリング(※職業、勤続年数、年収、住居形態などを数値化したもの)が影響してきます。もちろん、信用情報機関(CICやJICC、全国銀行個人信用情報センター)等に事故歴の記載がないというのが大前提となりますが、その上で各クレジットカード会社が設定している基準をクリアしていることが「プラチナカード」取得の鍵となります。特に重要視されるのが、職業や勤続年数、年収とされ年収で600~800万円あれば審査基準に達している可能性が高いと言えます。それに付随して住宅ローンや車ローン以外の多額のローンを複数抱えていないことも加入には重要なポイントとなります。

【「プラチナカード」保有のメリット】


Photo via Visual hunt

保有メリットというと、ゴールドカードにはない高額の補償付帯やサービスが挙げられます。特に、海外空港のラウンジが無料で利用できる「プライオリティ・パス」の無料発行や上級志向の顧客が満足できる優待サービスを数多く設けており、それらの充実とクレジットカードのステータス性が保有の最大のメリットと言えます。

【「プラチナカード」はどこからどんな種類が出ているの?】


Photo via Visual hunt

「プラチナカード」は最初に「アメリカン・エキスプレス・カード」が発行していると言われており、「アメリカン・エキスプレス・カード」、銀行系、航空系(交通系)が積極的に展開しています。それらに、格式と伝統の「ダイナースカード」をプラスした4つが「プラチナカード」の主流と言えるでしょう。

それでは具体的にどこからどのようなブランドが出ているか、今回はお得な特典満載の「プラチナカードおすすめランキングTOP30【2016年最新版】」を厳選してご紹介します。

 

IT(インターネット)系&流通系

1.楽天ブラックカード


http://www.so-net.ne.jp/money/card/column/201510b.html

「楽天プレミアムカード」の上位カード「楽天ブラックカード」は、ブラックカードと名前がつくものの、プレミアムカードが実質のゴールドカードであることから、実際にはプラチナカードと言われています。その「楽天ブラックカード」ですがインビテーション(招待)制。最大のメリットは楽天系のネットショッピングのポイント還元率が脅威の3.0%という点。プラチナカードの定番サービスである「プライオリティ・パス」のプレステージ会員に無料で登録できるのはもちろんですが、世界主要空港のラウンジを同伴者2名まで無料利用できるのは数あるプラチナカードの中でも楽天カードだけのおすすめポイントです。

 

【年会費】30,000円+税/家族カード:2名まで無料

【特典&特徴】
・還元率:3.0%
・「プライオリティ・パス」:無料発行可/同伴者2名まで無料利用可
・ETCカード無料
・海外旅行傷害保険:自動付帯(最高1億円)/国内旅行傷害保険:自動付帯(最高5,000万円)

【おすすめポイント】
・楽天でのショッピングの強い味方!還元率は脅威の3.0%
・「プライオリティ・パス」プレステージ無料登録はもちろん、同伴者2名まで無料利用できるのは「楽天ブラックカード」だけ!

【公式サイト】楽天カード

 

2.エポスプラチナカード【招待制】


https://www.eposcard.co.jp/platinum/

「エポスプラチナカード」もインビテーション(招待)制のプラチナカード。プラチナカードとして年会費20,000円(税込)の最安値なのに、国際ブランドがVISAのためVISAのプラチナ優待が受けられる点もおすすめポイント。また年間利用額に応じてボーナスポイントが付与、まずは100万円以上の利用を目指すと20,000ポイント(2万円相当)が貰えるので合算で2.5%もの高還元率、最大のメリットが受けられます。「プライオリティ・パス」は無料登録可で、同伴者1名までラウンジが無料で利用できるのもうれしいサービス。全国約100店舗でコース料理が本人分が無料となり、ご夫婦やパートナーとのお出かけが多い方におすすめです。

 

【年会費】20,000円(税込)/家族カード:無

【特典&特徴】
・還元率:0.5%/丸井での利用:1.0%
・年間利用額に応じてボーナスポイント加算:100万以上利用で20,000ポイント(2万円相当)付与
・永久ポイントで貯まったポイントは有効に使える
・「プライオリティ・パス」:無料発行可/同伴者1名まで無料利用可
・「エポスプラチナグルメクーポン」:全国約100店舗/2名以上利用で会員本人分のコース料理が無料
・海外でカードを紛失時緊急カード発行可
・海外旅行傷害保険:自動付帯(最高1億円)/国内旅行傷害保険:利用付帯(最高1億円)
・その他サービス:「プラチナクラブ」「プラチナトラベル」国内外のパッケージツアーが5~15%OFF/「プラチナ空港宅配」/「プラチナゴルフ」/「国際線クローク」一時預かり/海外サポートデスク

【おすすめポイント】
・年間利用額100万以上で最大のメリット!還元率が通常0.5%+年間利用額2.0%で最高2.5%の還元
・誕生月利用ポイント2倍(1.0%)でますますお得
・「プライオリティ・パス」は同伴者1名まで無料利用可
・全国約100店舗のコース料理が本人含め2名以上利用で1名分が無料に!

【公式サイト】エポスプラチナカード

 

オーナー系他

3.レクサスカード


http://lexus-fs.jp/lfslaladvantage/index.html

トヨタとトヨタファイナンスがタッグを組んで誕生した「レクサスカード」はトヨタの最高級車「レクサス」オーナーだけが所持を許されたプラチナカード。年会費20,000円+税で持て、家族カードも無料で追加が可能。最もメリットが感じられるのが、ドライビングサポートでガソリン代が3.0%OFFから、JAF実質負担金を最大13,000円補償他ドライバーならではのサービスが充実。安心安全なカーライフを送ることができます。年間利用額に応じて特典がアップするプログラム導入で使えば使うほどお得になる点もおすすめポイントです。

 

【年会費】20,000円+税/家族カード:無料

【特典&特徴】
・還元率:1.0%
・ガソリン代:3.0%OFF(年間利用額:200万円以上の利用で5.0%OFF)
・ETC無料
・海外旅行傷害保険:自動付帯(最高1億円)/国内旅行傷害保険:利用付帯(最高1億円)
・ドライビングサポート:JAF実質負担金を最大13,000円補償/トヨタレンタリース利用:最大30%OFF他
・QUICPay申込可
・空港ラウンジ無料利用可:国内主要空港&海外の一部空港

【おすすめポイント】
・トヨタの最高級車「レクサス」オーナーのみが所有を許されたプラチナカード
・ガソリン代が3.0%OFFから、JAF実質負担金を最大13,000円補償他ドライバーを強力サポート
・年間100万円以上の利用額から使えば使うほどお得になる特典有り

【公式サイト】レクサスカード

4.ヒルトンHオナーズVISAプラチナカード


https://www.smbc-card.com/nyukai/hiltonplatinum/feature/index.jsp

「ヒルトンHオナーズ」とは、一流ホテルで知られるヒルトンホテルを旅行代理店や宿泊サイトを通さず直接予約できるカード。その「ヒルトンHオナーズ」と「VASA」が一体化したプラチナカード「ヒルトンHオナーズVISAプラチナカード」は、ヒルトン宿泊で大きなメリットを受けられるのが最大の特徴。国内宿泊料金がいつでも20%OFF、2人目のお客様は宿泊無料、フィットネスセンター&ヘルスクラブのご利用無料に加え、VISA加盟店の利用や宿泊でヒルトンHオナーズ・ボーナスポイントが貯まる独自のポイントプログラムにより、貯まったポイントは宿泊に利用したりマイルに交換することができるのでおすすめです。

 

【年会費】66,500円(税込)/家族カード:無料

【特典&特徴】
・還元率:1.0%
・国内空港ラウンジサービス:同伴者1名まで無料
・「プライオリティ・パス」:無料発行可
・国内ヒルトン系列宿泊施設:20%OFF/ホテル直営レストラン:10%OFF
・2人目:宿泊無料
・フィットネスセンター&ヘルスクラブ:利用無料
・専用アプリ利用で部屋選択や予約可
・カード更新特典:1,000ポイント付与/宿泊ボーナスポイント:最大2,000ポイント付与
・海外旅行傷害保険:自動付帯(最高1億円)/国内旅行傷害保険:利用付帯(最高1億円)
・その他サービス:「プラチナクラブ」「プラチナトラベル」国内外のパッケージツアーが5~15%OFF/「プラチナ空港宅配」/「プラチナゴルフ」/「国際線クローク」一時預かり/海外サポートデスク

【おすすめポイント】
・「三井住友VISAプラチナカード」の特典そのままに「ヒルトンHオナーズ」の特典が付加されたヒルトン系列宿泊に特化したクレジットカード
・国内のヒルトン系列の宿泊施設がいつでも20%OFF、2人目は宿泊無料、ホテル直営レストラン10%OFFなど会員ならではの特典満載
・専用アプリから部屋選択や予約ができるので、突然の利用もスムーズ

【公式サイト】ヒルトンHオナーズVISAプラチナカード

 

5.ザ・リッツ・カールトン大阪VISAプラチナカード


https://www.ritz-carlton.co.jp/members/rc_card/

同じく一流ホテルのリッツカールトン、その1号店の「ザ・リッツ・カールトン大阪」と「三井住友カード」が提携して発行された「ザ・リッツ・カールトン大阪VISAプラチナカード」もまた、VISAプラチナカードの特典そのままに「ザ・リッツ・カールトン大阪」での利用にお得がいっぱい詰まったおすすめのクレジットカード。その最大の特徴は、宿泊料が15%OFF、レストラン利用が10%OFF他、年間利用額が300万円以上でスイート宿泊(1泊65万円相当)とルームサービスでフランス料理が無料で提供される点です。

 

【年会費】52,500円(税込)/家族カード:10,500円(税込)

【特典&特徴】
・還元率:0.5%
・ホテル宿泊料:15%OFF
・レストラン優待:10%OFF
・年間利用額300万円以上:ザ・リッツ・カールトンスイートでの宿泊(1泊65万円相当)に招待&フランス料理「ラ・ベ」のディナーコース(ペアで10万円相当)ルームサービスで提供
・海外旅行傷害保険:自動付帯(最高1億円)/国内旅行傷害保険:利用付帯(最高5,000万円)
・その他サービス:「プラチナクラブ」/「プラチナダイニング」/「プラチナワインコンシェルジュ」/「コンシェルジュサービス」

【おすすめポイント】
・「ザ・リッツ・カールトン大阪」での利用でお得が満載のVISAプラチナカード
・「ザ・リッツ・カールトン大阪」の宿泊料がいつも15%OFF!レストラン利用は10%OFF!
・年間利用額300万円以上の利用でスイート(1泊65万円相当)を招待、さらにルームサービスでフランス料理のディナーコースが楽しめる

【公式サイト】ザ・リッツ・カールトン大阪VISAプラチナカード

 

銀行系

6.MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード


http://sp-point.net/mufg/platinum/

審査基準がかなり厳しいとされていたのは一昔前の話で、今では一定の条件を満たせば比較的容易く作れるようになったプラチナカード。中でも「MUFGカード プラチナ・アメリカンエキスプレス・カード」は銀行系の中にあって比較的審査が通りやすくランキングも常にトップクラスの人気を誇ります。20歳から保有が可能なので若年層におすすめです。三菱東京UFJ系列での取引にさまざまな優遇があるのは、銀行系ならでは。アメリカンエキスプレス・カードなので国内はもちろん海外でのメリットも大きく、ステータスを感じさせてくれるクレジットカードです。

 

【年会費】20,000円+税/家族カード:1枚目無料 2枚目以降3,000円+税

【特典&特徴】
・還元率:0.5%(継続利用で還元率アップ)
・初年度還元率&年間100万円以上利用時翌年還元率:0.75%
・海外での利用時還元率:1.0%
・「プライオリティ・パス」:無料発行可
・ETCカード発行:無料/ETC年会費:無料
・海外旅行傷害保険:付帯(最高1億円=自動付帯:5,000万円+利用付帯:5,000万円)/国内旅行傷害保険:自動付帯(最高5,000万円)
・「プラチナ・グルメセレクション」:コース料理2名以上利用で1名分無料
・その他サービス:プラチナコンシェルジュ/手荷物空港宅配サービス/コート預かりサービス/健康・介護相談他

【おすすめポイント】
・20歳から持てるプラチナカード「MUFGカード プラチナ・アメリカンエキスプレス・カード」は国内外の旅行&グルメを中心としたレジャーに最適!
・3大メガバンク三菱東京UFJ銀行系列の利用でさまざまな優遇が受けられる
・年間100万円以上の利用額から使えば使うほどお得になるポイントプログラム

【公式サイト】MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

model3

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス