浅草観光ではハズせない!必ず行くべきオススメ観光スポット30選

更新日: 2016年7月22日

さん

東京浅草は、今でも下町の風情を残す街並みが人気の観光地です。海外からの観光客も多いこの街は、歴史あるスポットから最新のスポットまで、たくさんの観光名所があります。ぜひ浅草観光で訪れたいおすすめ観光スポットをご紹介します。

145

国内はもちろん、海外からも多くの観光客が訪れる東京浅草。今でも昔ながらの街並みが色濃く残る浅草には、歴史ある観光スポットから最新の観光スポットまで、たくさんの観光名所があります。浅草観光の際には絶対ハズせないオススメ定番スポットから穴場スポットまで、ランキング形式にしてご紹介します。

1、浅草寺

浅草駅より徒歩5分にある浅草寺は、東京都内最古のお寺として、1年を通して国内外から多くの観光客が訪れる東京浅草を代表する観光スポットです。浅草ンシンボル「雷門」は、浅草寺表参道入口にある門のことで、浅草らしい写真撮影スポットとしてもおすすめです。本堂の他にも、宝蔵門、五重塔、二天門、弁天堂、伝方院など、歴史ある諸堂を多数見ることができます。本堂は戦争中に焼失しており、昭和33年10月に再建されました。1年を通して様々な行事があり、新年1月の新年大祈祷会や12月の羽子板市は多くの参拝客で賑わいます。

【住所】東京都台東区浅草2-3-1
【営業時間】(諸堂)6:00~17:00 ※10~3月は6:30
【電話】03-3842-0181
【公式HP】http://www.senso-ji.jp/

2、仲見世通り

雷門から宝蔵門までの表参道にある、日本で最も古い商店街の1つです。約250mの参道には89店舗が立ち並び、浅草土産、グルメ、伝統工芸品、雑貨などが所狭しと売られています。お団子やお饅頭、お煎餅など食べ歩きグルメも充実しており、お気に入りのお菓子を片手に散策するのもおすすめです。平成元年4月には、全店舗のシャッターに浅草の祭事が描かれ、平成4年11月には建物や看板の改修工事が行われ、すっきりとした美しい仲見世通りとして生まれ変わった姿は、新たな浅草観光スポットとしても人気があります。

【住所】東京都台東区浅草1-36-3
【営業時間】(仲見世会館)10:00~17:00
【電話】03-3844-3350
【公式HP】http://www.asakusa-nakamise.jp/index.html

3、浅草花やしき

浅草寺すぐそばにある、1949年に開園した日本最古の遊園地です。浅草観光の定番スポットとして、休日ともなると多くの家族連れやカップルで賑わいます。大人から子供まで楽しめるアトラクションも多く、日本最古のローラーコースターが建物の間を走り抜けるさまはスリル満点。他にも、雨でもできるBBQガーデン、忍者体験道場、プロレス、ステージショーなどもおすすめです。花やしきの日の8月7日は、すべての人が入園無料になるのは嬉しいですね。

【住所】東京都台東区浅草2-28-1
【営業時間】10:00~18:00(営業時間は季節・天候により異なります)
【定休日】年中無休
【電話】03-3842-8780
【公式HP】http://www.hanayashiki.net/

4、東京スカイツリー

2012年5月にオープンした東京スカイツリーは、世界一高い電波塔を兼ねた商業施設です。地上160階634mの超高層ビルは、多くの観光客が訪れる新しい浅草観光のスポットとしてハズすことはできません。展望デッキからは、晴れた日には東京都心はもちろん、遠く富士山やディズニーランドを臨むことができます。夜はライトアップされた幻想的なスカイツリーから、宝石箱のような夜景を見ることもできデートにおすすめです。

【住所】東京都墨田区押上一丁目1番13号
【営業時間】8:00~22:00(最終入場21:00)
【定休日】年中無休
【電話】0570-55-0634
【公式HP】http://www.tokyo-skytree.jp/

5、東京ソラマチ

2012年5月にオープンした東京ソラマチは、東京スカイツリーに隣接したショッピングモールで、312店舗のショップ、レストラン、プラネタリウム、水族館などのレジャー施設も完備した浅草の人気観光スポットです。子連れファミリーが安心して楽しめるお店や、女子会でぷち贅沢ができるお店など、大人から子供まで満喫できるショップが充実しており、いつも家族連れやカップル、若者で賑わっています。スカイツリーが見えるレストランもあり、夜景の綺麗なスポットとしてデートにもおすすめです。

【住所】東京都墨田区押上一丁目1番2号
【営業時間】10:00~21:00、(6,7,30,31階)11:00~23:00
【定休日】年中無休
【電話】0570-55-0102
【公式HP】http://www.tokyo-solamachi.jp/

6、吾妻橋

全長約150mの隅田川にかかる吾妻橋は、昭和6年に作られた赤い色が印象的な浅草エリアを代表する橋です。交通量は多いですが、橋の両端には歩道も完備しており、そこから眺める浅草らしい景色や夜景は絶景で、スカイツリーとアサヒビール本社ビルが一緒に見えるベストビューポイントとして、観光客にも人気があります。

【住所】東京都墨田区一丁目

7、隅田川ライン

浅草、浜離宮、日の出桟橋を約40分で結ぶ観光水上バスです。浅草の定番スポットや隅田川にかかる12の橋を川から眺める景色は、また一味違った雰囲気が味わえると、外国人や修学旅行生に人気があります。3、4月のお花見の時期は、川面からのお花見も風情があっておすすめ。船内では軽食やドリンクも売られており、風情ある下町浅草の景色を眺めながら飲むビールは格別と評判です。

【住所】東京都台東区花川戸1丁目1−1
【営業時間】8:00~18:00
【定休日】
【電話】0120-977-311
【公式HP】https://www.suijobus.co.jp/cruise/line/su_line.html

8、隅田公園

隅田川沿いにある隅田公園は、約700本の桜が植えられ日本さくら名所100選にも選ばれる、都内有数の桜の名所として有名です。3月に開催されるさくらまつりは、毎年多くの花見客が訪れる、浅草観光の人気スポットとなっています。また、2月は梅まつり、4月は浅草流鏑馬、6月はアジサイロード、7月は隅田川花火大会、8月は灯籠流し、フリーマーケットなど、春夏秋冬を通して様々なイベントが開催されており、こちらも多くの観光客が訪れています。1年を通して季節の草花を楽しめるので、自然を感じながらゆったり散策するのにおすすめの公園です。

【住所】東京都墨田区向島1,2,5丁目
【公式HP】http://visit-sumida.jp/spot/6133/

145

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス