【保存版】宮崎のおすすめ観光スポット30選!ランキング上位の名所を厳選

更新日: 2016年9月1日

さん

九州でも何故か鹿児島より南国のイメージが強い宮崎。リゾート施設はもちろん、景観絶景や寺社仏閣など定番から穴場までの観光名所が点在しています。その中でも、厳選したおすすめ観光スポットTOP30選をご紹介します。

325

南国の印象からリゾート地のイメージが強い宮崎。特産フルーツのひとつがマンゴーだったり、パームツリーが並ぶ風景が似合ったりと、どこか日本らしくないイメージがある宮崎ですが、景観絶景や強烈なグルメスポット、何よりも圧倒的な存在感を誇る幾多のパワースポットの聖地など、意外過ぎる観光スポットも多く点在しています。そのような宮崎ですので【保存版】宮崎のおすすめ観光スポット30選!ランキング上位の名所を厳選したものをランキング形式でご紹介します。宮崎での観光プランの参考にいかがでしょうか?

30位:桜の名所とキャンプ場「石山観音池公園」

宮崎を代表する桜の名所でもある「石山観音寺公園」ですが、実は春夏秋冬1年中家族連れで遊べるおすすめのレジャー観光スポットでもある事はご存知でしょうか?石山観音池を中心にある広大な敷地にはゴーカートなどのアトラクションや草スキー体験も。レストランも併設され、宮崎のご当地メニューも堪能できます。一方でキャンプ場やバンガローも併設され、アウトドアな観光がしたい家族連れにおすすめの穴場スポットの側面も。子供、子連れや家族連れ、大学生や若者団体グループにもおすすめです。

【住所】〒885-1205 宮崎県都城市高城町石山4195
【営業時間】8:30-17:00
【定休日】なし
【料金】施設によって料金が違う※要公式HP確認
【電話】0986-58-6139 ※観音池公園総合案内所
【公式HP】http://kannon-sakura.com/

29位:そして何気にシーガイア「フェニックスリゾート温泉 松泉宮」

宮崎にある県内有数のリゾート施設「フェニックス・シーガイア・リゾート」内に併設されている温泉施設「松泉宮」。フェニックスリゾートに宿泊していない人も日帰り入浴可能です。しかも大浴場だけではなく、露天風呂や貸切風呂も利用可能です。宮崎観光の合間に贅沢に温泉に浸かるという使い方も良いかも。「松泉宮」で旅の疲れを取ってからホテルに戻るのもおすすめ。かなりおしゃれで雰囲気もあるので、カップルなど、貸切風呂利用などにもおすすめです。是非定番スポットにいかがでしょうか?

【住所】〒880-8545 宮崎県宮崎市山崎町浜山
【営業時間】大浴場:6:00-23:00
※浴場によって営業時間が違うので事前確認必須
【定休日】なし
【入浴料】大浴場:大人2000円 小人1000円
※浴場によって入浴料が違うので事前確認必須
【電話】0985-21-1111
【公式HP】http://www.seagaia.co.jp/

28位:実は宮崎にもスキー場が!「五ヶ瀬ハイランドスキー場」

日本最南端にあるスキー場が宮崎にあるのはご存知でしょうか?少々意外に思いますが、ちゃんとあるのです!「五ヶ瀬ハイランドスキー場」がそうです。ここ数年「南ちゃん!」で有名になったあのスキー場です。宮崎県とはいえ、標高1600mもある向坂山の北斜面にスキー場があるため、毎年12月上旬には滑走可能に。日本最南端という立地も手伝い、県内外問わず世代問わず多くのスキーヤーで賑わうゲレンデ。ウィンタースポーツな人なら、興味はあるはずです。大学生などの若者スキーヤー・ボーダーに特におすすめの定番プレイスポットです。意外にも広葉樹のキレイな樹氷が見られる穴場観光スポットとも。

【住所】〒882-1201 宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町大字鞍岡4647-171
【電話】0982-83-2141
【公式HP】http://www.gokase.co.jp/

27位:ご当地ワインもしっかりと「五ヶ瀬ワイナリー」

大自然に包まれたその景色は元より、標高660mの丘の上にあるワイナリーにて、厳選された地元産100%のブドウで作られるワインは、今や宮崎を代表するご当地ワインブランドに。「五ヶ瀬ワイナリー」はワイン好きにはスルーできない定番観光スポットになるはずです。ワイン好きにおすすめなのは云うに及ばず、レストランも併設しているのでグルメ好きにもおすすめ。特にボジョレーヌーボの時期や収穫の時期などに観光に訪れるのもおすすめです。

【住所】〒882-1202 宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町桑野内4847-1
【営業時間】09:00-17:00
【定休日】不定休
【電話】0982-73-5477
【公式HP】http://gokase-winery.com/

26位:車やバイクで行くべき!「えびの高原」

日本で最初に国立公園に指定された歴史があり、春夏秋冬の変化を伴いながら歴史に裏打ちされた雄大な大自然が今も横たわっている「えびの高原」。宮崎の霧島山の最高峰韓国岳の麓に横たわり標高1200mを誇ります。かつては至る所で火山ガスが噴出していた頃、ススキばかりが占めていたこの一帯は、その火山ガスの影響で「えび色」に変っていた…一連のこの現象が「えびの高原」の名前の由来とも云われています。トレッキングや散策におすすめの定番観光スポットでもあり、付近には温泉などの施設も点在しています。是非カップルで車やバイクでデートで訪れる事をおすすめします。

【住所】〒889-4300 宮崎県えびの市
【営業時間】終日解放
【定休日】なし
【電話】0984-35-3838
【参照HP】http://www.city.ebino.lg.jp/

25位:CGのような滝かも?「猪八重渓谷」

宮崎県日南市にある「猪八重渓谷」は、五重の滝を中心に20カ所以上もの滝群が点在。奇跡的に一定の温度・湿度が保たれており、約300もの苔の種類が「猪八重渓谷」一帯で確認されています。ちなみに全世界で1800種類あると云われる苔の種類の1/6を「猪八重渓谷」が占めており…貴重な苔の宝庫として知られています。また、森林浴効果が高い事でも知られ、「猪八重渓谷」は「森林セラピー基地」の認定を受けています。ある意味、パワースポットもいえる「猪八重渓谷」、カップルで森林浴デートにいかがでしょう?パワースポット好きの友達との定番観光スポットとしてもおすすめです。※ちなみに「猪八重渓谷」は「いのはえけいこく」と読みます。

【住所】〒889-2403 宮崎県日南市北郷町北河内
【営業時間】終日解放
【定休日】なし
【電話】0987-55-2111
【参考HP】http://www.kankou-nichinan.jp/

24位:整然とした棚田群「坂元棚田」

宮崎県どころか、全国でも有数の棚田の風景が美しい場所として有名の「坂元棚田」。宮崎県日南市坂谷地区にあり、昔ながらの手法での旨い米づくりに拘っている地域でもあります。自然あふれた坂元棚田の風景は見るだけでも十二分に癒され、懐かしい既視感を覚える観光スポットです。ただ、農業地ゆえに殆ど観光地化されていないので訪問の際は注意が必要です。騒がないといった前提なら、カップルのデートや、大学生や若者、友達同士で訪問するにもおすすめの観光名所です。あなたも1度癒されに訪問してはいかがでしょうか?

※問い合わせ先の日南市役所農政課の基本情報です。
【住所】〒887-0021宮崎県日南市中央通1-1-4 日南市役所農政課
【電話】0987-31-1132 日南市役所農政課
【公式HP】http://www.pref.miyazaki.lg.jp/

23位:海鮮だけじゃない?「離島 島野浦」

「国土交通省都市・地域整備局」主催による「島の宝100景」に選ばれた「島野浦島」。宮崎県延岡市沖にある、日豊海岸国定公園の一部でもあるリアス式海岸に囲まれた離島です。周囲に小島が多く点在する事から、県内外から磯釣りの方も多く訪れ、海食トンネル「鼻熊」や「ソフト・ハードコーラル」などのダイバースポットがあり、海中に生息する生き物の種類も多い事から、ダイバー立ちにも支持されているプレイスポットです。昔から漁業が盛んな地域でもあり、海鮮グルメには事を欠きません。「遠見場山」などの絶景ポイントもあり、観光名所としての条件も有り過ぎる「島野浦島」です。マリンスポーツ好きの大学生や若者、釣り好きな方々におすすめの観光スポットです。

【住所】〒882-009 宮崎県延岡市島浦町
【電話】0982-43-1050 島浦町区役場
【公式HP】http://nobekan.jp/

325

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス