見どころ満載!石垣島の定番おすすめ観光スポット厳選TOP30

更新日: 2016年8月8日

さん

沖縄県で沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島として知られる石垣島。白い砂浜、美しく青い海、都会では味わう事のできない開放感を感じられる自然の数々に、どこから楽しめばいいか迷ってしまいますね。今回はそんな見どころ満載の石垣島の中でも特に定番のおすすめスポットを30箇所厳選してお届けします。ビーチはもちろん、石垣島の絶景を楽しめる景勝地、沖縄ならではの観光名所まで余すことなくご紹介いたします。

13745065_158101441287524_844658425_n

沖縄県で沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島として知られる石垣島。白い砂浜、美しく青い海、都会では味わう事のできない開放感を感じられる自然の数々に、どこから楽しめばいいか迷ってしまいますね。今回はそんな見どころ満載の石垣島の中でも特に定番のおすすめスポットを30箇所厳選してお届けします。ビーチはもちろん、石垣島の絶景を楽しめる景勝地から、沖縄ならではの観光名所まで余すことなくご紹介いたします。

1、川平湾

まず石垣島ではずすことのできない、おすすめの観光名所と言えば川平湾です。石垣島の北西部に位置する湾で、「日本百景」や「ミシュランの観光ガイドブック」で3ツ星にも選ばれている、石垣島の中でも人気ランキング上位に入る定番観光スポットです。白くサラサラと輝く砂浜、光の加減や潮の満ち引きにより刻々とその色を変える海面、緑豊かな島々が点在する姿はまさに絶景と言っても過言ではなく、その景色は一日中飽きることなく眺めていることができます。残念ながら、湾内の潮流の強さから遊泳禁止となっていますが、船の底がガラス張りになっているグラスボートでの遊覧が可能となっており、サンゴ礁や、熱帯魚の泳ぐ様子など、海の中の様子も余すことなく楽しむことができます。また、川平湾は数少ない黒真珠の養殖地としても知られています。川平湾に店舗を置く琉球真珠川平本店では、黒真珠のほかにも、貝殻で作ったアクセサリーなど、各種お土産を取り扱っています。川平湾にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【住所】沖縄県石垣市字川平
【電話】0980-82-1535 (石垣市観光課)
【関連リンク】http://www.rurubu.com/sight/detail.aspx?BookID=B5002570

2、米原ビーチ

もし石垣島でシュノーケリングを楽しみたいならば、ここ米原ビーチをおすすめいたします。潮の流れが早いため、充分な注意が必要となりますが、サンゴの量が石垣島のほかのビーチに比べてとても多く、水の透明度も抜群なので、海中の景色を楽しむのにぴったりな場所となっています。また、波打ちぎわから色とりどりの熱帯魚が見られるのもこのビーチの魅力の一つです。魚たちがとても人に慣れているため、かなり間近で観察することができます。魚の餌にできる、魚肉ソーセージなどを持っていけば、より多くの熱帯魚が寄ってくるので子供さんに喜ばれること間違いありません。白い浜辺と、緑の濃い海岸線は散歩コースにも最適なので、綺麗な貝殻を探しながら浜辺を歩くというのも米原ビーチでの素敵な楽しみ方だと思います。のんびり過ごしたい方、ご家族連れの方におすすめの観光スポットです。

【住所】沖縄県石垣市米原
【電話】0980-82-2809(石垣市観光交流協会)
【関連リンク】http://www.churashima.net/shima/special/beach/yaeyama/yonehara/

3、石垣島サンセットビーチ

子連れの方にも安心しておすすめできる海水浴場が、石垣島サンセットビーチです。石垣島北部の久宇良にあるこちらは、映画のロケ地になったり、サザンオールスターズの名曲に出てきたこともある、石垣島を代表するとても美しい海岸です。有料で、5月から10月までの期間限定の営業とはなりますが、海岸は綺麗に整備され、海中にハブクラゲ侵入防止ネットを設置、監視員の方もいるため、より安全に海水浴を楽しむことができます。また、石垣島で唯一、干潮でも泳ぐことができるビーチでもあります。海水浴以外にもシュノーケルなど様々なマリンスポーツを体験できます。シュノーケル初心者の方でも、スタッフの方が丁寧に教えてくれるので心配ありません。興味のある方は是非ここで始めてみられても良いのではないでしょうか。名前にもなっているように夕陽が綺麗な観光地でもあります。

【住所】沖縄県石垣市平久保234-323
【営業時間】9:30~18:00(最終受付17:00)
【営業期間】5月1日~10月15日まで
【電話】0980-89-2234
【公式HP】http://www.i-sb.jp/

4、底地ビーチ

絶景で有名な川平湾から、車で約10分走ると辿りつく底地ビーチは、遠浅で、波も比較的穏やかな、安心して海遊びを楽しめる海水浴場です。石垣島唯一の市営ビーチであり、日本で一番海開きが早いことでも知られています。7月上旬~9月下旬は監視員の方もいるため、より安全に海で泳ぐことができます。白い砂浜とモクマオウの林が隣り合っているため、木陰が多く、夏の暑い日にも浜辺でゆっくり快適に過ごすことができるのが嬉しいですね。底地ビーチ沖合いは日本を代表するダイビングスポットでもあります。6月から8月は比較的海が穏やかなのでダイビングシーズンにピッタリ。海中ではマンタとの遭遇率が高いそうなので、ダイビングに挑戦された際は会えるかもしれませんね。夕暮れ時以降は特にカップルのデートスポットとしてもおすすめで、夜になるときらめく満点の星空を楽しめる観光スポットでもあります。

【住所】沖縄県石垣市字川平長田185-1
【営業時間】9:00~17:00(監視・救護所)
【営業期間】7月上旬~9月下旬(監視・救護所)
【電話】0980-86-8686 (石垣島エコクラブ)
【関連リンク】http://www.rurubu.com/sight/detail.aspx?BookID=JP005250

5、フサキリゾートヴィレッジ

フサキリゾートヴィレッジは、石垣島の西に位置するフサキビーチに面する、琉球の文化を感じることのできるリゾートホテルです。琉球調のインテリアをあしらったガーデンテラスと、琉球赤瓦コテージから宿泊施設をお選びいただくことができます。館内は一年中南国の花が咲き乱れ、まさに楽園といった雰囲気が漂っており、ゆったりとした島時間をお楽しみいただけます。赤瓦コテージの裏では、ウミガメが産卵に訪れるという、石垣島屈指の天然ビーチ、フサキビーチが出迎えてくれます。ビーチインフォメーションでは、3月~10月は夏季マリンメニューを実施しており、暖かければ12月まで泳ぐことも可能です。ビーチ横には「フサキエンジェルピア」という桟橋が設置してあり、日中は釣りをしたり、のんびり過ごすのにもぴったりな場所となっています。夕方には美しいサンセットを見ることもできる、フサキリゾートヴィレッジの中でも特におすすめしたいスポットの一つです。 沖縄で泳ぐというと、海ばかりを思い浮かべるかもしれませんが、このホテルには海を見ながら楽しむことができるガーデンプールもあります。宿泊をされている方には、パラソルやチェア、ビーチタオルの無料貸し出しも行っていますので、プールサイドでトロピカルジュースを飲みながらまったり過ごすというのもいかがでしょうか。フサキガーデンには多種多様な南国の植物が溢れており、南国の昆虫を探すこともできます。自然いっぱいの空間は子供さんに喜ばれること間違いなしです。また、館内には女子に嬉しいアロマヒーリングサロンもあり、旅の疲れや日ごろのストレスを癒すのにも最適です。新鮮な島魚、石垣産黒毛和牛や、新鮮野菜を使ったメニューを味わえるレストランや、石垣島ならではのお土産を取り扱った売店もあり、ここで過ごすだけで石垣島観光の良いところを一気に楽しむことができる、おすすめの観光ホテルです。

【住所】沖縄県石垣市新川1625
【電話】0980-88-7000
【公式HP】http://www.fusaki.com/

6、石垣島鍾乳洞

沖縄というと南国ムード溢れる暖かい場所ばかりのイメージがあるかもしれません。日本最南端・石垣島最大の鍾乳洞「石垣島鍾乳洞」はそんなイメージとは全く異なる場所ですが、とてもおすすめしたい観光スポットの1つです。市街地から近いわりに、観光客が少なく、ゆっくり楽しむことができる穴場といえます。海はどうしても天気に左右されがちですが、ここは雨の日でも問題なく入ることができます。夏でもひんやりと涼しいため、暑さが苦手な方にもおすすめです。ここ「石垣島鍾乳洞」では、全長3.2キロメートル中、約660メートルを公開しています。鍾乳洞内では20万年の時をかけて自然が作り出した芸術を目の当たりにできます。その全ての美しさはもちろん、滴る水の音を楽しめる水琴窟や、トトロに似ていることからその名が付いたトトロの鍾乳石など、見どころいっぱいです。洞窟内には貝の化石なども見られ、かつてここが海底であったことを思わせます。また、石垣島鍾乳洞では、入り口で巨大ヤシガニや、日本最大級の蝶であるオオゴマダラの展示も行っています。旅の思い出にぴったりな漆喰シーサー色絵付、ビーチアート教室、ドリームキャッチャーストラップ作りなども体験でき、人気を集めています。沖縄の家庭の味が気軽に味わえる「石垣島食堂」も併設されています。石垣島の特産品を集めた物産館もあり、お土産を買う事ができるのも嬉しいですね。ぜひ友達同士で迷路のように入り組んだ鍾乳洞を楽しんでみてください。
【住所】沖縄県石垣市石垣1666番地
【営業時間】9:00~18:30(最終入洞受付18:00)
【定休日】年中無休
【電話】0980-83-1550
【公式HP】http://www.ishigaki-cave.com/

7、伊原間サビチ洞

石垣島にある、もうひとつの鍾乳洞のご紹介です。こちら伊原間サビチ洞は日本で唯一、海に抜けられる鍾乳洞です。洞窟の入口には「大うなぎの池」があります。そこには大うなぎが生息しており、運が良ければ大うなぎがお出迎えしてくれます。この鍾乳洞は3億7000年前に海底隆起により生まれたと言われており、考古学的にも貴重な場所です。ひんやりとした洞窟内を10分ほど歩きます。迷路のような薄暗い鍾乳洞内を歩くのは、大学生くらいの若者は特に、ロールプレイングの主人公になったようでワクワクするのではないでしょうか。青みがかった照明があてられた鍾乳石はとても幻想的で美しいです。洞窟内は、地下美術館としても使われており、工芸品や、焼き物も展示されています。歩を進める度に段々と潮の香りが強くなり、海と繋がっているということを実感できます。少々ファンタジックな雰囲気に包まれた洞窟内から、明るい海辺へ出る際は、安堵と爽快感を同時に感じられるのではないでしょうか。干潮時に行けば、多くの海の生き物を見ることができるので、是非干潮の時に合わせて行かれることをおすすめいたします。また、足元が濡れて滑りやすいので、こちらへ観光にお越しの際は、是非歩きやすい靴を履いて行ってくださいね。

【住所】沖縄県石垣市字伊原間185-44
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】年中無休
【電話】0980-89-2121
【関連リンク】http://www.odnsym.com/isigakijima/ibarumasabitidou.html

1 2 3 4 5
13745065_158101441287524_844658425_n

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

石垣島観光・おでかけのまとめランキング

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス