【各社比較】限度額が高いのはどれ?お得な人気プラチナカードおすすめ厳選TOP10

更新日: 2016年8月22日

さん

ステータスも高く、充実したサービスも魅力のプラチナカード。年会費が高いカードも出ている中、限度額も気になりませんか?ゴールドカードと変わらないものから、上限の設定がないものまで幅広くなっています。そんな気になる限度額を、各社比較しやすいようにランキング形式でご紹介していきます。

17353393689_81285173d8_b

 

高級車を一括で購入できる、クレジットカードがあると聞いたことありませんか?実際に高額決済の場合は、事前に連絡が必要だということですが。ですが、一体いくらが上限になっているのか気になるところ。そんな気になるプラチナカードの限度額、おすすめのカードを厳選してご紹介していきます。

 

 

プラチナカードの限度額について

https://visualhunt.com/f/photo/6629062223/6ed032f4d5/

プラチナカードと言えば、特別な人しか持てない印象が強いと思います。利用限度額も高額といったイメージではないですか?実際に、ダイナースカードなどは限度額の上限がない事でも有名です。もちろん、申し込みする本人の年収により、限度額が決まっていることも。さらに、利用実績により下がることも考えられます。そこで、気になる限度額ですが相場は300万円以上が多いようです。では、どのように限度額が決まるのか、次の項で詳しくご説明していきます。

 

年収と利用限度額について

Japanexperterna.se via Visual hunt / CC BY-SA

ご存知だとは思いますが、クレジットカードの利用可能枠は年収によって決まります。法律で設定されている計算式によると、年収から生活維持費やクレジット等の債務(住宅、自動車ローンを除く)を引いた額を設定。世帯人数や持ち家のある・なしも算出に係わります。他にも、勤続年数や勤務先などによって変わることがあるのだとか。また、カード会社によって多少変わりますが、一般的に利用限度額が500万円の場合に必要な年収は800万円以上ではないかと言われています。ということは、限度額が高いクレジットカードの場合は、審査に通る最低の年収が決まっているとも言えるでしょう。

プラチナカードの審査について

Photo via Visualhunt.com

では、年収など条件を満たしている場合に、利用限度額の高いプラチナカードを取得するにはどうしたらいいのでしょうか。プラチナカードに多いのが一般カードからゴールドカードへのランクアップ後、招待状が届き申し込みが可能になるもの。その場合は、年齢やゴールドカードを取得してからの期間、年間のカード利用額などが重要視されます。最近では、一定の条件を満たしていれば、招待状不要で申し込みができるプラチナカードも発行されています。審査が厳しいこともあるようですが、早めの取得を希望で年収もある程度高い方にはおすすめです。

 

1位.アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

http://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/platinum.shtml

ステータスの高さも、プレミア感もあるのがアメリカン・エキスプレス・プラチナカード。ランキング上位の常連カードになっています。年会費も高額ですが、利用限度額の上限は設定されていません。実際には利用状況や、資産状況により個別の設定はあるそうです。入会方法としては、ゴールドカードの利用実績による招待制となっています。ゴールドカードではなく、グリーンカードでも実績によりプラチナの招待状が届くことあるのだとか。中には、1年未満で招待状が届いた例も。さらに、こちらのクレジットカードに関しては、充実したサービスについても高い評価となっています。

 

基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】130,000円+税
【特典】
・利用限度額 上限なし(ただし利用実績などにより個別に設定あり)
・海外旅行保険 最高1億円、国内旅行保険 最高1億円補償
・ショッピング保険 年間最高500万円補償
・世界120か国以上、850か所以上の空港ラウンジが無料利用できる、プライオリティ・パスの無料入会特典
・プラチナ・コンシェルジュ・サービスの利用可能(24時間365日対応)
【おすすめポイント】
・一流ホテルでの優待特典あり(お部屋のアップグレード、レイトチェックアウトなど)
・カードの更新時に対象ホテルの無料宿泊券プレゼント(ハイアットリージェンシー、ヒルトンなど)
・予約困難な料亭や海外のレストランなどの代行予約サービス
・有名ブランド店でのショッピングにの際のVIP待遇など(ルイヴィトンなど)
【こんな方にオススメ!】
・海外・国内旅行によく行かれる方
・世界でも通用するハイステイタスなカードを持ちたい方
・アメリカン・エキスプレスのゴールドカードをお持ちの方
【公式サイト】http://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/platinum.shtml

2位.BMW ダイナースカード

https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/bmwdiners.html

「利用可能枠に一律の制限を設けていない」というダイナースカード。中でも、こちらは、高級車BMWオーナーしか持つことが出来ないプレミアカード。利用額が設定されていないとは言っても、実際には個別に上限の設定があるのだとか。ですが、こちらはBMW正規ディーラーでの購入代金の支払いも利用が可能。最低でも300万円以上、1000万円台の価格の車両も。そのため利用可能額の上限は通常のプラチナカードよりも、高い設定となっているのがわかります。さらに、ダイナース独自のサービスも充実しています。他社のゴールドカードと比較しても、格の違うクレジットカードの1枚。もちろん、BMWオーナー以外の方には、通常のダイナースクラブカードの申し込みをおすすめします。そちらのカードも、限度額の制限がないということに。個別に設定はありますが審査に通り、年収などの条件次第では限度額の高いカードを発行出来る可能性もあります。その分、審査が厳しい事でも有名なカードです。

基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】25,000円+税
【特典】
・利用限度額 一律の制限なし(個別に設定あり)
・海外旅行保険 最高1億円、国内旅行保険 最高1億円補償
・ショッピング保険 年間最高500万円補償
・ダイナース独自のクラブラウンジの利用可能(国内外600か所以上の空港ラウンジ)
【おすすめポイント】
・BMW正規ディーラーでの利用代金のポイントをキャッシュバック可能
・専用のロードアシスト、空港パーキングの優待特典
・BMW車両購入の決済に利用可能(正規ディーラーでの購入に限り)
・一流ホテルでの優待特典(リッツカールトン、帝国ホテルなど)
・成田、羽田、関空、大阪空港でのパーキング優待サービス
【こんな方にオススメ!】
・BMWオーナーの方
【公式サイト】https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/bmwdiners.html

3位.ANA・ダイナース ・プレミアム・カード

 

http://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/anadiners_premium.html

ANAとダイナース提携のプラチナカード。ダイナースの、上質なサービスに加えANAのマイルも貯まる最強カード。限度額については、こちらも「一律の制限なし」となっています。年会費も高額で15万円以上。こちらも、ANAダイナースカードの利用実績により、招待状がないと入会することが出来ません。ですが、充実したサービスに加え、マイルも他のクレジットカードと比較にならないほど多く貯まります。マイルの還元率に関しては、一番かもしれません。ボーナスマイルも最大1万マイル加算!特別なカードの1枚。

基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】155,000円+税
【特典】
・利用限度額 一律の制限なし(個別に設定あり)
・海外旅行保険 最高1億円、国内旅行保険 最高1億円補償
・ショッピング保険 年間最高500万円補償
・ダイナース独自のクラブラウンジの利用可能(国内外600か所以上の空港ラウンジ)
・世界120か国以上、850か所以上の空港ラウンジが無料利用できる、プライオリティ・パスの無料入会特典
・家族カード無料(枚数制限なし)
【おすすめポイント】
・入会・継続で最大1万マイル、搭乗ボーナスも加算
・ビジネスクラスの専用カウンターでチェックイン可能
・国内・海外のクラブホテルズで優待特典あり
・コンシェルジュ・デスクの利用可能(24時間365日対応)
【こんな方にオススメ!】
・ANAダイナースカードをお持ちの方
【公式サイト】http://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/anadiners_premium.htm

4位.ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

 

 

https://www.americanexpress.com/jp/content/ana-premium-card/index.html

ANAカードの中で3位のダイナース提携と並び、ステータスの高いこちらのアメリカン・エキスプレス・プラチナカード。招待状がないと申し込みできず、年会費も同額、利用限度額も個別に設定。さらに、アメックス独自の充実したサービスも受けられます。年間のマイル移行数の制限もなく、ポイントの有効期限もありません。より多くのマイルを貯めることが出来る、クレジットカード。さらに、毎年の更新ごとに対象ホテルでの無料宿泊券のプレゼントや、音楽や演劇などのチケットの先行予約サービスも利用可能。

基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】155,000円+税
【特典】
・利用限度額 一律の制限なし(個別に設定あり)
・海外旅行保険 最高1億円、国内旅行保険 最高1億円補償
・ショッピング保険 年間最高500万円補償
・世界120か国以上、850か所以上の空港ラウンジが無料利用できる、プライオリティ・パスの無料入会特典(同伴者1名無料)
【おすすめポイント】
・入会・継続で最大1万マイル、搭乗ボーナスも加算
・国内・海外のクラブホテルズで優待特典あり
・コンシェルジュ・デスクの利用可能(24時間365日対応)
【こんな方にオススメ!】
・ANAアメリカン・エキスプレスカードをお持ちの方
【公式サイト】https://www.americanexpress.com/jp/content/ana-premium-card/index.html

5位.MileagePlus ダイナースクラブカード(ファースト)

https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/milageplusdinersfirst.html

ユナイテッド航空のマイレージプラスと、ダイナース提携のプラチナカード。ダイナース独自の利用限度額に一律の制限なしというのは同じく、マイルも多く貯まるおすすめのクレジットカード。サービスも充実しており、ボーナスマイルの加算も多いメリットも。ショッピングマイルについては、海外で利用すると多く貯まるようになっています。申し込みに関しては、招待状が不要で27歳以上であれば申し込みが可能。ですが、ダイナースならでは審査は厳しいのが難点。

基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】43,000円+税
【特典】
・利用限度額 一律の制限なし(個別に設定あり)
・海外旅行保険 最高1億円、国内旅行保険 最高1億円補償
・ショッピング保険 年間最高500万円補償
・ダイナース独自のクラブラウンジの利用可能(国内外600か所以上の空港ラウンジ)
【おすすめポイント】
・入会で1万マイル、継続・搭乗ボーナスも加算
・提携のレストラン、ホテル等での優待特典あり(国内外のホテルなど)
・予約困難なゴルフ場への代行予約サービスあり
【こんな方にオススメ!】
・国内・海外旅行の多い方
・マイルを多く貯めたい方
【公式サイト】https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/milageplusdinersfirst.html

1 2 3
17353393689_81285173d8_b

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス