名所を厳選!札幌のおすすめ観光スポット人気ランキングTOP30

更新日: 2016年8月13日

さん

札幌では食・自然・歴史・夜景など見どころが沢山!定番の観光スポットから無料で楽しめる穴場スポットまでをランキング形式で30か所ご紹介します。

236

北海道へ旅行に訪れたらまずは札幌から!有名な土産物店のポップアップ店舗や北海道ならではの自然を感じられる公園、温泉、歴史的建造物など、有名観光地から少しマニアックな場所まで、札幌市には1回だけでは回り切れないくらいの見どころが沢山あります。そんなおすすめ観光スポットを一挙にご紹介します。

30位 円山動物園

北海道有数の動物園の一つで観光客もたびたび訪れています。札幌駅から近く大きすぎない規模の動物園なので、滞在時間を気にすることなく気軽に楽しめる観光すぽっととしておすすめします。円山動物園では特に希少動物の繁殖に取り組んでおり、多くの成功事例から(社)日本動物園水族館協会が設けた「繁殖賞」を23も受賞しています。天気の良い日にお散歩がてら動物たちを眺めてお散歩してみてはいかがでしょうか。

【住所】北海道札幌市中央区宮ヶ丘3-1
【開園時間】
2/1~10/31 9:00~17:00、11/1~1/31 9:00~16:00
※入園券の発売は閉園の30分前まで
【休園日】12/29~12/31
【電話】011-621-1426
【入園料】大人 600円、中学生以下無料
【HPアドレス】http://www.city.sapporo.jp/zoo/
【アクセス】地下鉄東西線「円山公園」駅から徒歩で15分

29位 札幌宮の森美術館(MIMAS)

現代アートを中心に展示している美術館です。結婚式場の宮の森ミュージアム・ガーデンの中に開館しました。北海道を始め国内外の作家による現代美術・写真作品をコレクションしています。美術館の1階にはミュージアムショップが併設されており、世界のミュージアムグッズを販売しています。有名アーティストが手がけたアクセサリーや日用雑貨から、新進気鋭の作家のものまで充実の内容でおすすめす。北海道神宮も近いので札幌観光と合わせて訪れてはいかがでしょうか。

【住所】札幌市中央区宮の森2条11-2-1 宮の森ミュージアム・ガーデン内
【開館時間】10:30 – 19:00 (入館は18:30まで)
【休館日】祝日と振替休日を除く火曜日
※旧館グラフィック・ギャラリーは、月・木・金のみ開館
※本館、旧館いずれも年末年始やメンテナンスのための休館日があります。
※企画展によって休館日が異なる場合があります。
【電話】011-612-3562
【入館料】展覧会ごとに料金が異なりますので、各展覧会詳細をご覧下さい。
【HPアドレス】http://miyanomori-art.jp/
【アクセス】JR札幌駅より車で10分
バス:
●地下鉄東西線円山公園駅2番出口バスターミナルより
・円14荒井山線「宮の森シャンツェ前」行きバス乗車→「宮の森1条10丁目」下車徒歩3分
・円15動物園線「円山西町2丁目」行きバスもしくは、「円山西町神社前」行きバス乗車→「宮の森1条10丁目」下車徒歩3分
●地下鉄東西線 西28丁目駅 バスターミナルより
・循環西21山の手線「西28丁目」行きバス乗車→「宮の森1条10丁目」下車徒歩3分

28位 札幌芸術の森美術館

札幌南部の緑豊かな丘陵地に位置する複合文化施設「札幌芸術の森」の中にある美術館です。札幌・北海道にゆかりの近現代作家や国内外の作家の作品収集を行っており、年5-7回の企画展を開催しています。窓越しに札幌芸術の森の池や緑を楽しめる喫茶やミュージアムショップもおすすめです。観光で訪れる日程と企画展が重なっていたらぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

【住所】〒005-0864 北海道札幌市南区芸術の森2丁目75
【開館時間】9:45~17:00(入館は閉館の30分前まで)
※6~8月は17:30まで開館
【休館日】4/29~11/3は無休
(11/4~4/28は月曜日休館。 但し、月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)
【電話】011)591-0090
【入館料】展示により異なります
【HPアドレス】http://sapporo-art-museum.jp/index.html
【アクセス】
バス:地下鉄「真駒内」駅の2番バスのりばから中央バスで「芸術の森入口」下車。

27位 北海道大学植物園

1886年に日本初の近代的植物園としてオープン。北海道大学の教育・研究の場として活用されているだけでなく、札幌市民の憩いの場として愛されている植物園です。研究用に収集された約4,000種の植物が育ち、札幌の原地形を残した環境のため希少な小鳥や動植物も生息しています。大学の授業や研究が頻繁に行われているので、運が良ければ大学生たちの学びの場に立ち会えるかもしれません。北海道大学と合わせてぜひ立寄っていただきたいおすすめ観光スポットです。

【住所】北海道札幌市中央区北3条西8丁目
【開園時間】
4/29~9/30 9:00-16:30
10/1~11/3 9:00-16:00
11/4~4/28 月-金曜日 10:00-15:30 土曜日 10:00-12:30
※入園は各30分前まで
【休館日】
4/29~11/3 月曜日(祝日の場合は翌日)、11/4~4/28 日祝日・年末年始
【電話】011-221-0066
【入園料】
4/29~11/3 大人(高校生以上)420円、小人(小・中学生)300円
11/4~4/28 小学生以上120円
【HPアドレス】http://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/
【アクセス】JR札幌駅から徒歩で10分

26位 札幌芸術の森

札幌南部の緑豊かな丘陵地に位置する複合文化施設で公共建築百選にも選出された都市公園です。広大な森の中には札幌芸術の森美術館、工芸館、各種工房、有島武郎旧邸、アートホール、野外美術館、佐藤忠良記念子どもアトリエ、野外ステージ、宿泊可能なロッジ、個人でも利用可能な登り窯など、多種多様な施設があります。野外美術館は7.5ヘクタールの敷地の中に64作家73点の彫刻を展示。作品の多くが札幌の血を訪れ、気候や地形、周囲の状況に合わせて制作されたそうです。観光地巡りだけでは味わえない、森を歩きながら芸術との出会いが沢山あり、おすすめです。

【住所】〒005-0864北海道札幌市南区芸術の森2丁目75番地
【開館時間】施設により異なる
【休館日】施設により異なる
【電話】011-592-5111
【入場料】無料。一部有料施設あり。
【HPアドレス】http://artpark.or.jp/
【アクセス】
バス:地下鉄「真駒内」駅の2番バスのりばから中央バスで「芸術の森入口」下車。

25位 札幌市時計台

北海道観光の定番中の定番「札幌市時計台」が早くもランクイン!昔はランキング上位の観光スポットでしたが、近年巷では残念スポットとして有名になってしまいました。それでも、今も多くの人が訪れる定番観光スポットです。中に入らなくても観光のついでに通りかかるだけでもOK。いつも変わらない姿でたたずむレトロな時計台をバックに記念撮影し、旅の記録としてコレクションするなんて素敵ですね。春夏秋冬それぞれ趣がありますので、色んな顔の時計台が見られておすすめですよ。

【住所】〒060-0001札幌市中央区北1条西2丁目
【開館時間】8時45分~17時10分(入館は17時まで)
【休館日】年始(1月1日~1月3日)
【電話】011-231-0838
【料金】中学生以上200円、中学生以下は無料
【HPアドレス】http://www.sainokuni-kanko.jp/?page_id=62http://sapporoshi-tokeidai.jp/
【アクセス】
JR札幌駅南口徒歩約10分
市営地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通駅」下車市役所側出口徒歩5分

24位 モエレ沼公園

札幌市郊外に広がる総合公園です。世界的著名な彫刻家のイサム・ノグチが基本設計を手掛けた、アーティスティックな空間が広がります。「全体をひとつの彫刻作品とする」をコンセプトにデザインされた遊具はなんと126基も!子供たちにの感性を刺激してくれる場所です。北海道の自然とイサム・ノグチの作品が融合した美しい公園はデートスポットとして若者にも大人気。スマホを片手に撮影会をしたり、お弁当を持ってピクニックに出かけたりと札幌市民にも愛されている公園です。春には約2,300本の桜が咲き乱れるお花見スポットになり、夏には水遊び場が出現し子供たちの笑い声が響き、秋には紅葉、冬には一面の雪景色と四季折々の景色が広がります。家族連れでも友達とでもカップルでも楽しく過ごせるおすすめ観光スポットをぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

【住所】北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
【休園日】無休
※ガラスのピラミッドドは4/29~11/3の毎月第1月曜日、11/4~4/28の毎週月曜日及び年末年始お休み
【電話】011-790-1231
【料金】無料
【HPアドレス】http://moerenumapark.jp/
【アクセス】地下鉄「環状通東」駅からバスで25分「モエレ公園東口」下車より徒歩10分

23位 豊平峡温泉

札幌近郊にありながら都会の喧騒を忘れることのできる癒しの空間として人気です。豊かな自然と厳選100%かけ流しの日帰り温泉が融合した空間はなかなか見応えも入り応えもあり。一度に200名が入れるという日本最大級の露天風呂は圧巻。露天風呂は3つあり、それぞれから見える景色も素敵です。そして名物のインドカレーもおすすめです。インド料理、ジンギスカン、十割そばなど食事にも趣向を凝らしたものが並びます。温泉とカレーを目当てにお出かけする観光もおすすめします。

【住所】〒061-2301 札幌市南区定山渓608番地2
【入浴利用時間】10:00~22:30 (最終受付 21:45)
【電話】011-598-2410
【入泉料】おとな1,000円、こども500円
【HPアドレス】http://www.hoheikyo.co.jp/
【アクセス】
車:札幌市街から約35km
バス:JR札幌駅のバスターミナルから「定鉄(じょうてつ)バス」の「豊平峡温泉行」に乗車、80分で終点「豊平峡温泉」で下車。

1 2 3 4
236

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス