【保存版】徳島のおすすめ観光スポット30選!ランキング上位の名所を厳選!

更新日: 2016年8月31日

さん

徳島と聞いてまず「どこにあるんだっけ?」そして「確か阿波おどり!あとは?」と言葉に詰まっているあなた!徳島は山と海と緑に囲まれたおすすめ観光スポットの宝庫!阿波踊りだけ、なんて言わせない!おすすめ観光スポット30選を紹介しましょう!

317

徳島と聞いてまず「阿波おどり!・・・あとは?」と言葉に詰まっているあなた!徳島は山と海と緑に囲まれた四国地方の東部に位置する自然豊かな観光スポットの宝庫なんです!これを読んだらもう徳島が阿波踊りだけ、なんてもう言わせません!徳島に行ったら外せない観光スポット定番から穴場までおすすめ30選一緒に見ていきましょう!もちろん徳島でしか味わえないグルメスポットやお土産品もお見逃しなく!!

1.阿波おどり

徳島の代名詞と言ったら、そう!まずは阿波おどり!このお祭りが全国でも一番に知られているところでしょう。阿波おどり、その起源については諸説ありますが400年以上の歴史があり今では世界中から観光客が来るほどのお祭りです。この地方で盛んに踊るようになり定着したのは徳島藩祖の蜂須賀家政が1586年に徳島入りした頃だと言われ、その後藍や潮などで富を成した商人たちを中心に年々阿波おどりは豪華になっていったそうです。現在の阿波おどりは毎年8月に徳島県内各地で開催され、中でも有名なのは8月12日から15日の四日間行われる徳島市の阿波おどりが最もにぎわい、多くの観光客が訪れます。徳島へ行くならまずは阿波おどり!このお祭りを観に行かれることをおすすめします!

【住所】徳島県徳島市山城町東浜傍示1
【営業時間】8時半~午後17時15分まで
【電話】徳島県観光協会 088-622-4010
【公式HP】観に行きたい阿波おどりの会場をチェック!https://www.awanavi.jp/feature/awaodori.html

2.眉山

徳島のシンボルとも言える有名な山!眉山。松嶋菜々子さん主演の映画『眉山』でも全国的に知られるようになりました。この穏やかなカーブを描く山は必ず徳島県の観光スポットランキング上位に入るおすすめの場所です。山全体を眺めても美しい様ですが、この眉山の上からの夜景は素晴らしく日本の夜景100選にも選ばれています。緑深いこの山に昼間、ロープウェイで行くのもおすすめですが、カップルでデート行くのならこの美しい夜の絶景がイチオシ!

【住所】徳島市眉山町新町橋2ー20
【営業時間】眉山ロープウェイ 9:00~21:00 (季節により変更あり)
【定休日】なし
【電話】
088-621-5232(徳島市観光課)
088-652-3617(徳島市観光協会:眉山ロープウェイ)
【公式HP】眉山ロープウェイ:http://www.awaodori-kaikan.jp/ropeway/

3.鳴門の渦潮

徳島県のおすすめ観光名所の一つ、鳴門の渦潮は淡路島と四国の間に発生し日本で一番の速さを誇ります。なんとこちらの渦潮はイタリアのメッシーナ海峡、アメリカのセイモア海峡と並び、世界三大潮流の一つとしても有名なのです。大きいもので20mから30mにまで及びその大きさは世界最大規模!しかしながら渦自体が巻いている時間は数秒から十数秒。渦潮はこの鳴門海峡に現れては消え、現れては消えを繰り返すのです。一日の間に干潮差は四回繰り返されるうち、二回しか渦潮が出来るチャンスがないと言われています。こんなに貴重な鳴門の渦潮、徳島を訪れたら行かないなんて選択はありませんね!?

【住所】徳島県鳴門市鳴門公園亀浦観光港
【電話】 088-687-0101
【公式HP】http://www.uzusio.com/

4.うだつの町並み

 

徳島県美馬市にある脇町南町は、別名「うだつの町並み」と呼ばれていてその美しい歴史的な日本の風景として都市景観100選にも選ばれています。「うだつ」とは隣家との境界に取り付けられた土造りの防火壁のことをさし、これは造るのに相当の費用が必要だったため、裕福な家にしか設けられていませんでした。このような背景から「うだつが上がる」という言葉の意味は富の象徴を意味しており、この前脇南町の「うだつの町並み」は当時の人々の暮らしを物語っているのです。観光センターを通してボランティアガイドに連絡を取ると、より詳しくうだつの町並み、脇町南町の歴史について知ることができます。友達や家族と一緒に、のんびり散歩しながら江戸時代に想いを馳せてみるのもおすすめの過ごし方ですよ。

【住所】徳島県美馬市脇町大字脇町
【電話】
ふるさとわきまち株式会社(美馬市観光交流センター):0883-53-3066
【公式HP】https://www.awanavi.jp/feature/udatsu.html

5.徳島ラーメン・東大

最近はB級グルメのイベントなどにより、徳島を代表するグルメとして「徳島ラーメン」が定着してきました。中でも徳島ラーメン・東大は徳島県内に10店舗以上展開する徳島ラーメンのチェーン店です。どのお店で食べてもその安定したスープには定評がありどこの店舗もお昼時は行列ができるという繁盛ぶりです。徳島ラーメンの特徴としては茶色の濃いスープに生卵を入れていただくのが定番!王道の茶系ラーメンから地域によっては白系の豚骨スープなどもありアレンジも様々です。観光がてらいくつかの違った徳島ラーメンを味わいつくすというのもおすすめの過ごし方ですね!

【住所】徳島県徳島市大道1-36
【営業時間】午前11時から4時(売り切れ次第終了)
【定休日】年中無休
【電話】088-678-3320
【公式HP】http://ramen-todai.com/

6.大谷焼・田村陶芸展示館

 

徳島の有名な焼き物と言ったら、大谷焼です。この美しい焼き物は徳島県鳴門市大麻町で約230年以上の歴史のある代表的な焼き物です。その特徴は大谷の土の鉄分の多さからもたらされるざらりとした風合いと、かすかに金属的な光沢を感じさせる質感、さらに素朴な土の味わいを演出する焼き物として大変人気があります。この大麻町周辺にはいくつもの大谷焼の窯元がありますがその中でもおすすめの窯元、田村陶芸家展示館です。観光ついでに一日で仕上げられるコースから一か月に四回通い詰めて完成させるコースなど、ニーズに合わせた陶芸教室が人気の理由です。徳島への旅の思い出の記念にいかがですか?

【住所】徳島県鳴門市大麻町大谷字中通り3-1
【営業時間】午前9時~午後5時
【定休日】時期により要確認
【電話】088-689-4039
【公式HP】http://55web.jp/motoyamagama/index.html

7.ひょうたん島クルーズ

徳島のおすすめ観光スポットの一つ、それは水の都ならではの「ひょうたん島クルーズ」です。徳島市の中心部は南側を新町川、北側を助任川に囲まれた中州なのですがそれを上空からみると、瓢箪のように見えることから「ひょうたん島」と呼ばれています。このクルーズは約25分かけて、この2つの川を巡る水上の冒険が子連れの家族や大学生の若者に大人気です。船の上で風を感じながら移っていく景色を眺めながら徳島のゆったりとした暮らしを感じてはみてはいかがですか?7月や8月の夏休みシーズンには少し涼しい時間帯(19時40分最終便)まで楽しめたり、お盆の期間には夜22時までクルーズを楽しめたりします。

【住所】徳島市南内町2丁目 新町川水際公園 ボートハウス
【営業時間】
通年(7・8月以外) 11:00から40分毎(最終便15:40出航)
7・8月 11:00から40分毎(最終便19:40出航)
8/12~15 9:00~22:00(15分毎に出航)
【定休日】毎日運航。ただし悪天候の場合は休止。
【電話】088-621-5232
【公式HP】http://www.awanavi.jp/spot/2013032504970/

8.藍染体験・藍の館

徳島は阿波の国、阿波踊りだけではありません。昔から藍染の町としても有名なのです。この「阿波藍」と呼ばれるブルーは「JAPAN BLUE」として世界に知られるほど深く鮮やかな日本を代表する色なのです。ここ徳島では平安時代から荒妙という布を染めるために阿波藍の栽培が始まったと言われ、江戸時代には徳島藩が藍の生産を保護するなど、隆盛を極めました。明治以降も全国的に藍は栽培されるようになりこの藍染は日本の伝統文化の一つとして定着したのです。そんな藍染の体験が出来る施設が徳島にいくつか点在しているのですがその中でもおすすめなのはこの藍の館。ここは江戸時代の藍商人だった旧奥村家の屋敷を利用した資料館で、展示室には、藍の栽培から加工、販売までの行程を紙人形ので再現しています。さらに当時の農機具や民具、藍染めの伝統的な着物や古布なども紹介され藍染の基礎とその歴史に気軽に触れることができます。そして観光客に人気なのはこの藍染を飢餓に体験できるコーナー。ここなら一日雨の降った日でも充実した時間を過ごすことができます。ぜひ一度お試しあれ!

【住所】徳島県板野郡藍住町徳命字前須西
【営業時間】午前9時~午後5時
【定休日】火曜(祝日の場合は営業)、12月28日~1月1日
【電話】088-692-6317
【公式HP】http://aizome-tokushima.jp/?mode=f4

317

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス