【各社比較】マイルが貯まる高還元率のおすすめゴールドカード人気ランキングTOP19

更新日: 2016年10月7日

さん

「マイルが貯まるクレジットカード」、マイレージプログラムとは一体何でどういう方法で貯めるのがいちばん効率的なのでしょうか?どのクレジットカードが貯まりやすいのか、還元率が高いものはどれなのか、各社のカードを比較しながらゴールドカードに焦点を絞って、おすすめの人気クレジットカードをご紹介します。

16226795287_96c0cda06c_c

これからマイルを貯めようとしている人にとって、もしくはすでに貯めている人にとっても、どのクレジットカードがマイルを貯めやすいのか、どこの航空会社を選ぶべきなのか、年会費などの維持費や作り方は?、貯めたマイルはどう使うのか、など気になることが多々あると思います。今回はマイルが貯まるゴールドカードに焦点を当てて、還元率など比較しながらおすすめの人気クレジットカードをご紹介します。

マイレージプログラムとは


Photo credit: Richard Moross via Visual hunt / CC BY

「マイル」とは航空会社が乗客向けに提供しているポイント制度のことです。マイルをポイントと考えれば分かりやすいですね。つまり、マイルは航空会社が顧客向けに提供しているポイント制度のことです。航空会社が用意をしているマイルを貯めることが出来る制度のことを日本では、「マイレージプログラム」と呼んでいます。ちなみにこの言葉は和製英語で海外では「Frequent Flyer Program」や「Frequent Flyer Mileage」と呼ばれています。クレジットカードには各社それぞれ違ったポイント制度があるように、マイルにも航空会社によってその種類は異なります。例えば「ANAマイレージクラブ」や「JALマイレージバンク」といったものがあります。貯まったマイルは、1マイル=約1.6㎞分の距離の航空券と交換できます。本来、「マイレージサービス」は実際に飛行機に搭乗した際に、その距離と同等(もしくはそれ以上)の「マイル」を付与することで、搭乗頻度が高い顧客に向けてサービスを行うために始まったものですが、現在では航空会社と提携したクレジットカードの利用金額によって「マイル」を獲得したり、航空会社と提携したポイントプログラムで獲得したポイントを「マイル」に移行したりすることで航空券に交換することができるようになっています。

マイレージプログラム加入方法や航空会社を選ぶポイントは?


Photo credit: Gerard Stolk (retour de l’Occitane) via Visual Hunt / CC BY-NC

マイレージプログラムの加入方法は、パソコンやスマホからJALマイレージバンクやANAマイレージクラブのwebサイトから申込をするか、飛行機の搭乗時に用紙を貰って手続きをする、そして航空会社発行のクレジットカードや、マイルが貯まる特典のあるクレジットカードを申し込という方法があります。還元率がいちばん高いのはクレジットカードの利用でマイルを貯める方法です。中にはクレジットカードのポイントをマイルに移行できるというカードもあります。ただ、無料で移行できるプログラムのレートは、通常1000円で2~3マイルです。レートが良くないのでマイレージに移行するよりも商品券などに交換した方がポイント還元率が高いケースが多いためその点には注意が必要です。

クレジットカードでマイルを貯める


Photo credit: frankieleon via Visualhunt / CC BY

マイレージプログラムでは、飛行機に乗ることで貯まる「フライトマイル」だけではなく、クレジットカードの利用でもマイルを貯めることができます。多くの航空会社はクレジットカード会社と提携しており、マイレージカードの中にはクレジットカード機能を搭載したものがあります。飛行機に乗らなくても特典航空券を入手することが可能なのです。マイルが貯まりやすいクレジットカードの条件としては、ボーナスマイルがもらえる、クレジットカード利用でもらえるマイルが多い(100円=1マイル以上など)、入会キャンペーンでマイルがもらえる、などが挙げられます。

1.ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード


https://www.americanexpress.com/jp/content/ana-gold-card/

「マイルが早く貯まる。世界がもっと近くなる」をキャッチフレーズにしているANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。充実の付帯サービス、アメックスならではのステータス性、ANAマイルを貯めやすいポイントプログラムを併せ持った、魅力的なクレジットカードです。年会費は31000円とかなりの高額ですが、数あるクレジットカードの中で最上級とも言える、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」(年会費26000円)の付帯サービスとほぼ同じな上に、ANAのサービスも付帯しています。基本ポイント付与は100円毎に1ポイント(1マイル)ですが、ANAグループでの利用ならポイントが2倍付与されます。ANA航空券はANAカードマイルプラスの対象でもあるので、二重でボーナスがもらえます。

■基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】31000円(税別)

【特典】
・「ポイント移行コース」年間参加費が無料
・ANAグループでの利用はポイントが2倍付与
・ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード:100円で1ポイント加算、ポイントは1ポイント1マイル、1000ポイント単位でANAマイルへ移行できアイテムへの交換も可能
・ANAグループ利用でポイント優遇:ゴールドはポイント2倍付与
・ANAグループ利用の際は、ANAカードマイルプラス特典として別途100円で1マイルが積算され合計100円=2.5~3マイル貯まる

【おすすめポイント】
・マイルが大量に貯まる「入会&利用キャンペーン」を継続的に実施している
・ポイントの有効期限がないため、必要な時まで移行しないでおけば実質的にANAマイルの有効期限を無期限にすることが可能

【こんな方におススメ!」
・日頃ANAの利用が多い方におすすめ
・アメックスの付帯サービスにあわせてANAのマイレージサービスも利用したい方に

【公式サイト】ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

2.JALカードCLUB-Aゴールド


https://www.jal.co.jp/jalcard/card/club_a_gold.html

「JALカードCLUB-Aゴールド」は、通常の「JALカード」と比べてフライトで貯まる区間マイルは2.5倍貯まり、通常は3000円かかるショッピングマイル・プレミアムも自動入会となるので、航空機の搭乗とカードでのショッピングの両方でマイルが貯まります。JALカードはJALのグループ便はもちろん、ワンワールド加盟航空会社を始めとしたJMB提携航空会社でもフライトマイルが貯まります。JAL・MasterCardは、JALカードと提携したキャンペーンを実施しているため魅力的です。東急グループを利用する機会のある方には、JAL CLUB-Aゴールドカード(MasterCard/VISA)に東急グループをはじめTOKYUポイント加盟店でお得なTOKYUポイントサービスがついた、「JALカードTOP&ClubQ(CLUB-Aゴールドカード)」もおすすめです。

■基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】16000円(税別)

【特典】
・搭乗ごとのボーナス:JALグループ便利用時に区間マイルにプラス25%付与
・入会時初搭乗ボーナス:5000マイル
・毎年初回搭乗時ボーナス:2000マイル
・JALカード ショッピングマイル・プレミアム:一般加盟店利用100円=1マイル、JALカード特約店では100円=2マイル貯まる
・JALカード割引:JALホームページからJALグループ特典航空券を申し込むと、通常マイルより国内線特典航空券は500マイルオフ、国際線特典航空券は1000マイルオフで交換可能

【おすすめポイント】
・通常ショッピング200円で1マイルが貯まり、年会費3000円(税別)を支払い「ショッピングマイル・プレミアム」に入会すると100円で1マイルが貯まる
・ホテルや飲食店、ガソリンスタンド、百貨店など様々なJALカード特約店でJALカードを使用すると、マイルが通常の2倍(100円で1マイル)貯まる
・JALカード家族プログラム:本会員と家族会員のマイルを合算して利用可能

【こんな方におススメ!】
・日常のショッピングなどでクレジットカードを利用しながらしっかりマイルを貯めたい方に
・ポイントに有効期限がないため、長期間で貯めて確実にマイルに移行したい方に

【公式サイト】JALカードCLUB-Aゴールド

3.ANAワイドゴールドカード


https://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/goldcard_info/

「ANA ワイドゴールドカード VISA/Master」は、三井住友カード株式会社が発行しANA(全日本空輸)と提携したゴールドクレジットカードです。三井住友・ANA両方ともに、ゴールドクラスのカードです。ワイドカードの最大の特徴である「フライトボーナス」の多さや、ゴールドカードの充実した付帯保険や空港ラウンジサービスが提供されています。また、これまで高額だったマイル移行手数料が無料で、年間利用金額によるV1~V3ステージ時のボーナスポイントも増加しANAマイルを貯めやすくなりました。その分年会費は高めですが、「マイ・ペイすリボ」に登録すれば、1万円未満に割引されます。他のANAゴールドカードに比べるとお手頃となっています。年会費が比較的安めでメリットも大きいので、ANAゴールドカードが欲しい人におすすめのクレジットカードです。

■基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】15120円(税込)

【特典】
・入会時&毎年継続時ボーナス2000マイル
・ANAグループ搭乗ボーナスマイル:区間基本マイレージ+25%
・ワールドプレゼントポイントからANAマイルへのマイル移行手数料(通常6000円+税)が無料
・ショッピング利用1000円=10マイル相当のクレジットカードのポイントが貯まる
・ANAカード・マイルプラス:提携店舗で100円=1マイルもしくは200円=1マイルが別途加算

【おすすめポイント】
・三井住友カードのサービス「マイ・ペイすリボ」と「カード利用代金WEB明細サービス」に登録すると、カード年会費が税抜9500円にまで減額される
・年間利用金額のステージによって、ボーナスポイント付与
・ANAカードファミリーマイル:家族間でマイル合算が可能

【こんな方におススメ!】
・マイ・ペイすリボとweb明細に登録可能な方
・年間利用金額がある程度見込まれる方

【公式サイト】ANAワイドゴールドカード

4.JALカードTOP&ClubQ CLUB-Aゴールドカード


https://www.jal.co.jp/jalcard/card/top.html

「JAL CLUB-Aゴールドカード TOP&ClubQ」は、JALカード・東急百貨店・東急カード・三菱UFJニコスの4社が提携したクレジットカードです。東急JAL側ともに、ゴールドクラスのカードになります。CLUB-Aカードの機能はそのまま引き継ぎ、サービスが非常に充実した内容に仕上がっています。家族特約付きの付帯保険や各種保険、空港ラウンジサービスといった旅行者向けのサービスが充実しています。フライトボーナスも多いので、フライトによるマイル獲得が多い人ほどお得です。「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に無料で自動入会となるので、年会費から3000円割引と考えることもできます。

■基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】17280円(税込)

【特典】
・貯まったJALマイルとTOKYUポイントは相互交換可能:TOKYUポイント2000ポイントをJAL1000マイルに、JAL10000マイルをTOKYUポイント10000ポイントに交換可能
・東急百貨店でのポイント付与率は3%以上最高で8%付与
・東急ストア/とうきゅう/フレッセで月間利用2万円以上ならTOKYUポイント還元率1.5%、月間10万円なら還元率3.5%
・PASMOオートチャージ対応:チャージ利用分もJALショッピングマイルの加算対象!
・オートチャージサービス機能付きPASMO電子マネー利用200円ごとに1ポイントのTOKYUポイント加算(還元率1.0%)

【おすすめポイント】
・JMBマイルとTOKYUポイントがダブルで貯まる:利用金額に応じて「JALマイレージバンク」のマイルが貯まる
・TOKYUポイント加盟店ならびに東急百貨店では、JALマイルが貯まるだけでなくさらにTOKYUポイントが余分に貯まる

【こんな方におススメ!】
・TOKYUポイント加盟店でのクレジットカード利用が多く見込める方に
・JALの搭乗機会が年間で多い方に

【公式サイト】JALカードTOP&ClubQ CLUB-Aゴールドカード

5.デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード


https://www.americanexpress.com/jp/content/delta-gold-card/

「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は、デルタ航空とアメックスが提携して発行している航空系クレジットカードです。上級会員であるゴールドメダリオンの資格を無条件で得られるのが魅力的です。「デルタスカイクラブ」のラウンジを含む世界490以上のスカイチームのラウンジを搭乗クラスに関わらず、同伴者1名まで無料で利用できます。他にデルタ航空の航空券購入時は1米ドルにつき8マイル獲得、満席時の座席確保、優先搭乗、優先チェックイン、無料アップグレード等の特典が特徴的です。多彩なボーナスマイルもあり、アメックス・ゴールドカードの一部機能も付帯しているのでおすすめです。

■基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】26000円(税別)

【特典】
・入会・継続ボーナスマイル:入会時8000マイル/毎年継続時3000マイル
・デルタ航空利用マイル:デルタ航空へのカード払い時に3倍マイル付与
・海外カード利用ボーナスマイル:海外での利用分はマイル1.25倍加算
・カードご利用ボーナスマイル(年間最大3回):毎年利用金額が合計100万円を超えるごとに5000マイル付与
・デルタ航空ファーストフライトボーナスマイル:入会後6ヶ月以内の初回フライトで、エコノミークラス搭乗は10000マイル、ビジネスクラス搭乗は25000マイル付与

【おすすめポイント】
・delta.comでのデルタ航空航空券購入などデルタ航空への支払いで、通常の3倍マイルが貯まる
・入会・継続ボーナスマイルやカードご利用ボーナスマイルが付与される

【こんな方におススメ!】
・デルタ航空の搭乗機会が多い方に
・クレジットカード利用でマイルを直接貯めたい方に

【公式サイト】デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

6.MileagePlusセゾンゴールドカード


http://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca071.html

「MileagePlusセゾンゴールドカード」は、クレディセゾンとユナイテッド航空が提携したクレジットカードです。空港ラウンジサービスが付帯し、マイル付与率が1.5%となっています。一般カードであるMileagePlusセゾンカードにはなかった家族カードにも対応しています。マイルアップメンバーズの上限を超える場合や、家族カードが欲しい方におすすめのゴールドカードです。MileagePlusセゾンカードは、カードを使うと直接マイルが貯まるので、移行の手続きや移行手数料が不要なので簡単です。MileagePlusセゾンゴールドカードの場合はマイル付与率が1.5%と高くなっています。

■基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】15000円(税別)

【特典】
・カード利用1000円につき15マイル加算
・サンクスマイル(AMEX限定):毎年の年会費請求の2か月後に1500マイルをプレゼント
・ANAグループ空港内免税店で10%オフ:対象店舗にてカードで支払いか提示の上現金・Edy・T/Cで支払うと代金が10%割引
・セゾン空港ラウンジサービス: 国内主要空港とハワイ・ホノルル空港のラウンジが無料で利用可能
・セゾンカード感謝デー:毎月5日・20日および特別開催日は、西友・LIVIN・サニーでの買い物が5%オフ

【おすすめポイント」
・ショッピング利用1000円につき15マイルという高いマイル獲得率で、ユナイテッド航空のマイルを年間上限75000マイルまで貯めることができる
・コスモ石油利用1000円につき20マイル貯まる
・会員紹介マイル:本会員様がMileagePlusセゾンゴールドカード新規入会者を紹介すると、1000マイルをプレゼント

【こんな方におススメ!】
・ユナイテッド航空利用機会と、年間のクレジットカード利用金額が多い方におすすめ

【公式サイト】MileagePlusセゾンゴールドカード

1 2 3 4
16226795287_96c0cda06c_c

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス