口コミで高評価!2017年版おすすめゴールドカード人気ランキングTOP10(年会費や審査基準など各社比較)

更新日: 2017年4月17日

さん

クレジットカード利用者なら誰もが一度は憧れるゴールドカード。しかし、一言で「ゴールドカード」と言っても、年会費の有無、保険の充実度、付帯サービスなど、各社の特徴は異なります。そこで口コミランキングで人気のカードを比較し厳選10枚をご紹介します。

7113235069_1da77afa9b_c (1)

クレジットカード利用者なら誰もが一度は憧れるゴールドカード。ただ、一言でゴールドカードと言っても、旅行に強いゴールドカードや保険が充実したゴールドカード、付帯サービスが充実したゴールドカード等、各社が提供するサービスはそれぞれ異なります。各社のゴールドカードを比較し人気のゴールドカードを紹介します。

ゴールドカードとは


Photo credit: frankieleon via Visual Hunt / CC BY
ゴールドカードとは、通常のカードに比べサービスのグレードが高いワンランク上のクレジットカードのことです。年会費の違いとして、一般カードの年会費は0円~5000円程度、ゴールドカードの年会費は10000円程度からが多いです。利用限度額は、一般カードは10~100万円程度、ゴールドカードの利用限度額は50~200万円程度です。中には利用制限が無制限のゴールドカードもあります。最も大きな違いは年会費ですが、最近は一部のサービスを縮小することで年会費が安かったり無料だったりするゴールドカードも発行されています。作り方は各社のwebサイトからネット上で申し込めます。

ゴールドカードの付帯サービスについて


Photo credit: Melosh via Visualhunt / CC BY-NC-ND
ゴールドカードには様々な付帯サービスが付いています。それぞれを比較して、自分の欲しいサービスが付帯されたカードを選びましょう。航空ラウンジサービスは、空港利用者が飛行機に搭乗する前に休憩できる施設のことです。ドリンクバー、雑誌、新聞、ネット環境などがあり、利用者は快適に過ごすことができます。この航空ラウンジサービスが付帯されているクレジットカードを持っていれば、本来有料の空港ラウンジを無料、または割引で利用することができます。海外旅行や国内旅行の保険は、ゴールドカードに限らず一般カードにも付いていますが、補償額が大きく違います。一般カードは最大5000万円程度ですが、ゴールドカードは最大で1億円補償されるものも。また、ゴールドカードの保険は、持っているだけで保険が適用される「自動付帯」のが多く、一般カードや無料のクレジットカードは、旅費や交通費をカードで支払わないと適用されない「利用付帯」のものが多いです。他にもエアポート送迎サービスやグルメ・レストラン優待サービスなど、様々な付帯サービスがあります。

ゴールドカードを持つメリット


Photo credit: The.Comedian via Visual hunt / CC BY
ゴールドカードは一般カードと比較して、ポイントが貯まりやすく、付帯サービスには国内空港の有料ラウンジを無料で利用できる場合があります。付帯の旅行保険も一般カードより手厚いものになっています。出張などで渡航機会が多い人には大変便利です。クレジットカード会社ごとに独自の特典や優待が用意されています。年会費が1万円以上のゴールドカードは、持つだけで高いステータスを表すことになります。年会費が必要なだけでなく一定の審査に通らなければなりませんので、ゴールドカードを持っていることが支払い能力や社会的地位を示すことになります。ゴールドカードの保有者は、すべてのクレジットカード会員の中で2割にも満たないため、カード社会である海外では特にステータスを証明するものになります。

1.アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

スクリーンショット 2017-04-17 17.50.03
https://www.americanexpress.com/japan/

高いスペックを誇る「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は、年会費が29000円(税別)と、一般的なゴールドカードの料金より高額な設定ですが、ワンランク上のサービスが体験できる人気のゴールドカードです。アメリカン・エキスプレス(略称アメックス)は、トラベラーズチェックとクレジットカードの発行元であるアメリカ合衆国の企業で、知名度があります。人生でいちどは所持したい憧れのカードとして、口コミランキングでも常時堂々のトップに位置付けられています。旅行が好きな方、海外へ行くことが多い方などには、快適で上質な旅をサポートしてくれるサービス・補償が多く、このカードのメリットを存分に感じることができるでしょう。プライオリティ・パス、手荷物無料宅配、空港送迎などにより快適な旅をサポートしてくれます。ゴールド・カード会員向けの優待や手厚い保険サービスが用意されています。ショッピングでのポイント付与率も、カードご利用100円につき1ポイントと、少額のカード利用からポイントを貯めることができるので、日常生活の支払いなどで効率良くポイントを貯めることができます。気になる審査の基準は、日本国内では非公開ながら「勤続5年以上、年収500万円以上」が目安と言われていますが、実際はもう少し高めだと思われます。「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード会員」はリッチ層というイメージで、ステイタスの高さを作り上げています。カード入会と三ヶ月以内の利用で、最大20000ポイントがもらえる嬉しいキャンペーンもありおすすめです。高スペックで、国内はもとより海外渡航時のビジネスシーンでも使えるカードと言えます。「家族カード」も、年会費12000円(税別)が1枚無料なのでプライベートでも活躍してくれるはず。


■基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】29000円(税別)

【特典】
・海外旅行保険:最高1億円
・海外旅行/航空便遅延費用保険:遅延費用(最高2万円)、受託手荷物紛失費用(最高4万円)
・エアポート送迎サービス:グリーン・カードよりもお得な優待料金で、年間4回まで利用できます。
・会員誌「GOLD IMPRESSION」(登録制/購読料無料)
・オーバーシーズ・アシスト:海外の旅先でレストランの予約や医療機関の紹介などを24時間日本語で提供するゴールド会員専用のトラベルサポートダイヤルを利用可能(通話料無料)

【おすすめポイント】
・ショッピング利用100円につき1ポイント貯まるアメリカン・エキスプレスの「メンバーシップ・リワード・ポイント」がある
・「プライオリティ・パス・スタンダード会員」(通常99ドル/年間)への無料登録が可能

【こんな方にオススメ!】
・高いステータスカードを求めている方に
・海外旅行の機会が多い方に

【公式サイト】アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

2.三井住友VISAゴールドカード


https://www.smbc-card.com/nyukai/card/goldcard.jsp

三井住友カード株式会社が発行しているゴールドカードです。三井住友カード株式会社は、1967年創業のカード事業を行う会社で、株式会社三井住友フィナンシャルグループに属しています。日本国内で圧倒的なシェを誇り、ゴールドカードにも関わらず年会費が10800円とお手頃で、WEB明細書設定やリボ払いコースの選択で最小4320円まで下がります。インターネットからの入会で初年度は無料とあって、口コミ人気も高いカードです。は三井住友カードのシンボルである「パルテノン神殿」が描かれたゴージャスかつすっきりとしたデザインがトレードマーク。

■基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】初年度無料
翌年度以降はコース別で1500〜4000円

【特典】
・ポイントプログラム「ワールドプレゼント」のボーナスポイント優遇&有効期限延長
・買物安心保険:年間300万円まで補償
・ドクターコール24:日本国内での医療・健康無料電話相談(24時間年中無休)
・空港ラウンジサービス:国内の主要空港ラウンジを無料利用
・緊急キャッシュサービス:海外でのトラブル時に5000米ドル相当以内の現地通貨を手数料無料利用可能

【おすすめポイント】
・「マイ・ペイすリボ」:ショッピング利用分の支払いが原則リボ払いとなり、毎月の支払いは最低お支払い金額から設定可能で、リボ払い手数料請求のある月はポイント2倍、年1回以上の利用で年会費が無料もしくは半額に

【こんな方にオススメ!】
・リボ払いでポイントをたくさん貯めたい方に
・お手頃な年会費で安定感のあるゴールドカードを所持したい方に

【公式サイト】 三井住友VISAゴールドカード

3.セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード


http://www.saisoncard.co.jp/amextop/gold-cs/

クレディセゾンが発行するゴールドカードです。国際ブランドは、アメリカン・エキスプレスで、アメリカン・エキスプレス・カードよりも年会費が低いカードです。口コミでは審査に通りやすく、取得しやすいカードと言われ人気です。アメックスの優待サービスに加え、有効期限のないポイントプログラム「永久不滅ポイント」を始めとするセゾンの限定サービスが使えるので、日常生活での利便性に優れています。本家よりも若干ステータス性は下がるかもしれませんが、その分年会費が通常10000円と比較的低く、お手頃な年会費に対してサービスは充実しているので、コストパフォーマンスに優れたカードでおすすめです。初年度年会費無料や、新規入会でポイント付与などのキャンペーンもあるので気になる方にとっては見逃せません。最近CMなどでも人気の「ApplePay」を、5の付く日に使うと、もれなく5%のキャッシュバックなども。

■基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】初年度無料
翌年度以降10000円(税別)

【特典】
・「セゾン永久不滅ポイント」の優遇:カード利用1000円につき国内利用1.5ポイント/海外利用2ポイント
・航空機便の遅延・欠航や、手荷物の到着遅延・紛失等で負担した費用も補償
・ショッピング安心保険:購入日から120日間、年間200万円まで補償
・オンラインプロテクション:ネット上での不正使用の損害を全額補償
・空港ラウンジサービス: 国内主要空港+ハワイ・ホノルル空港のラウンジ利用が無料

【おすすめポイント】
・海外旅行保険の補償額や各種サービス範囲が広い
・永久不滅ポイントが効率的に貯まる
・「SAISON MILE CLUB」(年会費4000円+税):SAISON MILE CLUB 優遇サービスとあわせてマイルが貯まる

【こんな方にオススメ!】
・海外旅行保険やサービスが充実しているため、旅行機会の多い方に
・比較的難易度の低い審査でゴールドカードを所持したい方に

【公式サイト】セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

4.MUFGカード ゴールド


http://campaign.j-a-net.jp/campaign/mufg_master_gls/

三菱UFJニコス株式会社が発行する銀行系クレジットカードです。国内で最大のクレジットカード会社の発行です。年会費が1905円と安いのにもかかわらず、ポイントの貯まりやすさと使いやすさ、付帯保険や空港ラウンジサービスを備えているという非常にコストパフォーマンスの高いゴールドカードです。さらに、リボ払いに登録し翌月以降に繰り越すことで、最大半額に減る優遇サービスもあります。付帯保険の補償金額が低めに設定されていたり、空港ラウンジサービスが一部の利用となっている点で年会費が安めに抑えられています。付帯保険は他のカードで補ったり、空港ラウンジサービスも主要なところでは使えるため、その分年会費が安い方が良いという口コミが多い人気のゴールドカードです。

■基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】初年度無料
翌年以降 1905円(税別)
「楽Pay」に登録し利用条件を満たすと翌年度以降も通常年会費(税込)の半額を優遇

【特典】
・国内乗継便遅延費用補償:国内での乗継便遅延時に費用として2万円を補償
・空港ラウンジサービス:国際線利用時に主要7空港のラウンジが無料で利用可能
・アニバーサリーポイント:入会時に登録した指定月(年1回)はポイント1.5倍
・POINT名人.com:ポイント最大25倍
・三菱UFJフィナンシャル・グループ各社での優遇サービス:三菱東京UFJ銀行でのATM時間外手数料無料やワールドカレンシーショップでの外貨購入レート優遇など多数

【おすすめポイント】
・会員専用ネットショッピングモール 「POINT名人.com」でポイントが最大25倍
・オンライン入会なら最短3営業日で発行
・《MasterCard限定》MasterCardワールドワイドのゴールドカード会員向けサービスが利用可能
・オンライン入会なら最短翌営業日発行(MasterCard) :JCBは最短2営業日発行

【こんな方にオススメ!】
・安い年会費でゴールドカードを持ちたい方に
・旅行保険や空港ラウンジ使用にさほど重きを置かない方に

【公式サイト】MUFGカード ゴールド

5.JCBゴールド


http://www.jcb-originalseries.jp/gold/2016/?13235003152100&ad_id=os_osgpc_lst_g_a_2016o_os0003&utm_medium=lst__oss&utm_source=google__oss&utm_term=0048889__oss__brd__a__pc

「JCBゴールドカード」は、国際ブランド「JCB」が発行するクレジットカードです。JCBが発行するオリジナルのゴールドカードはこちらのみです。年会費は税別10000円で、オンラインからの申し込みで初年度の年会費が無料です。カードの毎月の利用1000円ごとに1ポイント貯まる「OkiDokiポイントプログラム」があり、バラエティー豊かな商品などに交換できます。ディズニーのデザインもあり、ディズニーファンには口コミで人気です。

■基本情報・特徴・おすすめポイント

【年会費】初年度無料
翌年以降10000円(税別)

【特典】
・国内・海外航空機遅延保険:国内外の航空便利用時の出航遅延および乗継遅延等で生じた費用や、預けた手荷物が遅延・紛失し た際に2万円~4万円限度を補償
・Oki Dokiポイントプログラム:カード利用月額1000円(税込)につき通常1ポイント加算
・Oki Dokiランド:最大20倍のOki Dokiポイントが貯まる
・ショッピングガード保険(海外利用分のみ):購入日から90日間補償(年間100万円限度)
・自由払い型サービス「支払い名人」:「定額コース」登録期間中は、国内での購入品にもショッピングガード保険が自動付帯

【おすすめポイント】
・一定の条件下で、ワンランク上のクレジットカード「JCBゴールド ザ・プレミア」や「ザ・クラス」への登録・インビテーションへつながる
・Oki Dokiポイントプログラムでポイントがお得に貯められる

【こんな方にオススメ!】
・JCBゴールド ザ・プレミアや、ザ・クラスを将来的に所持したい方に
・海外旅行の機会が多い方に

【公式サイト】JCBゴールド

7113235069_1da77afa9b_c (1)

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告