静岡駅近辺で呑むならココ!安くて旨い人気おすすめ居酒屋20選

更新日: 2016年10月1日

さん

県庁所在地で政令都市、静岡。駿河湾と南アルプスの高峰、世界遺産の羽衣海岸などを擁し、常に「住みたい街」の上位にいる気候温暖な街で、静岡おでんや海鮮料理などで全国的に知名度が高く、居酒屋の数も非常に多いのが特徴です。今回は静岡駅周辺の安い、旨い、楽しい、をもとに選んだ、静岡の居酒屋ベスト20を紹介いたします。

odenyoko

合併を繰り返し、今では日本有数の面積を誇る静岡市。北部は南アルプスの3000m級の山岳を身近に持ち、駿河湾には清水港を持つ、徳川家にゆかりのある城下町で、様々な食文化を体験できる街です。JR静岡駅と静鉄新静岡駅の2つの大型ターミナルと、呉服町、両替町の繁華街に賑わいが分散しています。しかしそれらは、全て徒歩圏内で、数多い居酒屋もそれぞれ特徴を持ち、静岡らしい飲み方を楽しめます。ここでは、静岡駅から徒歩圏内の居酒屋ベスト20を精選し、ランキング形式で紹介いたします。

1.三河屋 (静岡おでん 黒はんぺん ほか )

静岡市民は、県内で最もゆっくり歩く。浜松や沼津の市民とは明らかに違うとは、行くたびに感じる印象です。徳川家ゆかりの土地、温暖、住んでみたい県の上位、そのぶん偉人が少ないなどと言われたり。「静岡おでん」はB級グルメの定番で、静岡の大きな観光資源であり、その独特の風貌と味の良さでリピーターが多い。商標的表現としては「しぞーかおでん」と方言混じりで呼ぶ。ここ三河屋のある「青葉おでん街」は居酒屋十数軒が軒を連ねていて、東北の地方都市にあるような空間が、深い郷愁を呼び、何度でも行きたくなるエリアです。各店微妙に味、ネタ、雰囲気、オカミのイメージなど様々ですが、三河屋が、「とりあえず一番」と言っておきます。とりあえずと言ったのは、他にもおすすめ出来る美味しいおでん屋が、静岡駅周辺にも、市内全域にも、相当数あるという意味です。ここを偏差値50として、市内のおでんや巡りをするのもB級グルメの楽しみです。

【住所】静岡市葵区常磐町1-8-7 青葉横丁内
【営業時間】17:00~22:00
【電話】054-253-3836
【食べログHP】三河屋

2.多可能 (刺身盛り合わせ + 地酒)

駅北口から徒歩数分の所にある静岡市を代表する居酒屋です。何でもある、何でも旨い、酒は特に安い、地酒を数種類、敢えて全国の高級酒などはおかない、居心地が良い、一人でも、仲間でも、気軽にはいれる、そして、ノスタルジーを呼び覚ます店の設い。静岡市のホテル事情は余り芳しいとは言えませんが、駅前に泊まったビジネス客が、仕事を終えて、ここを目指して来る出張客も少なくない。市内東には巨大な清水港を持つので、魚介類の鮮度は言うまでもないが、居酒屋の常として食べたいものがほとんどあるというのが素晴らしい。おすすめは店そのものと言って良いかもしれません。創業1923年の貫禄。

【住所】静岡市葵区紺屋町5-4
【営業時間】16:30~23:00
【電話】054-251-0131
【食べログHP】多可能(たかの)

3.清水港 みなみ (特製本マグロ丼)

開発が加速する静岡駅南口3分。旨いマグロが、メチャ安く食べれる、とランチで行列が常套化するお店。マグロ丼などはランチ開始から早めに売り切れとなります。さてその店の夜の部、居酒屋タイムはこれもまた圧倒的に人気が高く、週末は勿論、夕食時には満席。飲み始めで、〆はマグロ丼と決め込んで、小魚などを食べながらゆっくり飲む。何故か牛肉類も非常に美味しく、居酒屋の要素も忘れてはいない。酔いが廻ってきたら、おすすめお待ちかねのマグロ丼にありつけば、この日の飲み会は気分良く無事終了と相成ります。静岡駅で途中下車しても食べる価値あるマグロ丼。

【住所】静岡市駿河区森下町1-41 タイヨウビル 2F
【営業時間】[月〜金]11:00〜14:00/[月~木]17:30〜21:00[土]11:00〜14:00
【電話】054-288-0232
【食べログHP】清水港 みなみ

4.たこ八 (静岡おでん 各種)

くもり のち ひとりごと.

ランキング1位の居酒屋として、静岡おでんの三河屋を押しました。この「たこ八」も「しぞーかおでん」の名店です。静岡おでん街は「青葉おでん街」と「青葉横町」の二つが至近にあります。ここは三河屋と同じ青葉おでん街にあります。おでん街は、JR静岡駅から実は15分ほど歩きます。静岡市の中心街である、賑やかな両替町、呉服町のキラキラしたネオン街を抜けるので、全く遠く感じません。ここも代表的な静岡おでん(しぞーかおでん)とお店固有のつまみで多くの常連客、観光客を惹きつけています。「青葉おでん街」はどの店も個性を持ち、しかも静岡おでんの体裁を守っている居酒屋街で、どの店もおすすめ。

【住所】静岡市葵区常磐町1-8-7 青葉横丁
【営業時間】17:00~23:30
【電話】非公開
【食べログHP】たこ八

5.海ぼうず本店 (静岡おでん 盛り合わせ)

静岡おでんの名店。おでん街ではなく、もっと静岡駅に近く利便性は高い。おでん街がメディアなどで大きく紹介され、週末など観光客で溢れ、地元の人が減っています。ここは地元の人が多く、味も確かということで大変人気が高くおすすめします。おでん街の屋台の風情はありませんが、静岡の大きな魅力、海鮮にも力が入っていて、飲む、食う、楽しむ、を堪能できる居酒屋です。この店2014年のおでんフェアーで優勝しています。「しぞーかおでん」の簡単な定義をいいますと、黒はんぺんが入っている、黒いスープ(牛スジ)、串にさしてある、青のり・だし粉をかける、駄菓子屋にある、という5箇条があり、そう言う意味では市内には至る処にしぞーかおでんの名店があることになり、じつは家庭でも十分再現できる味だといえるのです。

【住所】静岡市駿河区南町6番11号 赤ちんビル1F
【営業時間】15:00~24:00
【電話】050-5868-7844(予約専用)054-284-8282(問合せ専用)
【食べログHP】海ぼうず本店

6.よしく (静岡おでん 黒はんぺん、大根、こんにゃく)

三度、しぞーかおでんの登場です。静岡おでん街は、その密集度が、かつての屋台を思い起こし、観光客を中心に人気を博しているのだと思います。おすすめの歩き方として個人的には、静岡駅から歩き、両替町の割烹辺りで一頻り飲んでから、行くようにしていますが、冬の寒い夜などに、コートの襟を立てながら、おでん街にきて、ビニールシートの中に入ると得も言えず、幸福感に満たされるのはどなたも感じるでしょう。熱々の黒はんぺんやスジなどを頬張り、熱燗をちびちびやるのは、おでん街ならではの景色で、日を置かずまた行きたくなってしまう居酒屋です。

【住所】静岡市葵区常磐町1-8-1 青葉横丁内
【営業時間】17:00~24:00
【電話】054-251-0857
【食べログHP】よしく

1 2 3 4
odenyoko

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

バードウォッチングが好きで日本中旅します。まだまだ日本には面白いところ、不思議なところ、美しいところ、そして何より美味しい食べ物があるんだなぁと実感しています。

まとめの内容について運営スタッフへ報告

さん

バードウォッチングが好きで日本中旅します。まだまだ日本には面白いところ、不思議なところ、美しいところ、そして何より美味しい食べ物があるんだなぁと実感しています。

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス