【各社比較】法人・個人事業主にオススメの人気プラチナカード厳選TOP10

更新日: 2016年10月8日

さん

法人カードを持っているとさまざまなメリットが受けられるとご存知ですか。会計処理や確定申告の簡略化やオフィス用品のデリバリーから福利厚生に役立つ優待やサービスまでクレジットカード会社によってもサービスの内容はさまざまです。そこで今回は「【各社比較】法人・個人事業主にオススメの人気プラチナカード厳選TOP10」を厳選してご紹介します。

platinum_hdg_figure

【法人カードとは】


Photo via VisualHunt

法人カードの最大の特徴と言えば、①法人名義の口座で引落しができる点、②法人向け&個人事業主向けのサービスが充実している点が挙げられます。法人名義の口座で経費決済ができることで会計処理や確定申告が飛躍的にスムーズに、また法人向け&個人事業主向けサービスとしてはオフィス用品のデリバリ、レンタカーや車利用の優待サービスや特典などが代表的なメリットと言えます。

【さらには独自サービスを展開する法人カードも】


Photo via VisualHunt

更には、独自の法人カードならではのサービスを展開しているクレジットカード会社も。例えば、顧問弁護士サービスの優待やコンサルティングサービスや各種調査、更には福利厚生に役立つホテルやレストランの優待などです。

【法人や個人事業主におすすめのプラチナカードとは】


Photo via VisualHunt

以上のことを踏まえて、持っているとメリットが大きい「【各社比較】法人・個人事業主にオススメの人気プラチナカード厳選TOP10」を厳選してご紹介します。

1.セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード


http://www.saisoncard.co.jp/amextop/sbs-ls/

セゾン系クレジットカードは年会費が格安なのが特徴的ですが、ビジネスカードも同様。年会費は20,000円+税掛かるものの、年間200万円以上利用で翌年年会費は半額に軽減されるので、申込ランキングも常にトップクラス、人気のプラチナカードです。引落し口座を法人名義口座に指定できるので会計処理を軽減させることに役立てることができます。また事務用品やレンタカーなどを優待価格で利用できる「ビジネス・アドバンテージ」、法人向け顧問弁護士サービスを3,480円で利用できる「リーガルプロテクト」など法人カードならではの特典を展開、特に個人事業主におすすめのクレジットカードです。

【年会費】20,000円+税/追加カード(4枚まで):3,000円+税

【特典&特徴】
・永久不滅ポイント還元率:0.5%
・「ショッピングマイルプラン」(※永久不滅ポイントとダブルでマイルを貯めることもできるプラン)適用時還元率:2.0%
・年間利用額200万円以上利用時:翌年年会費10,000円+税
・「選べる引落し口座」
・「ビジネス・アドバンテージ」:事務用品、レンタカー、宅配サービスなどが優待価格で利用可
・「リーガルプロテクト」優待:法人向け顧問弁護士サービス/3,480円で利用可
・「プライオリティ・パス」:無料発行可
・ETCカード発行:無料/ETC年会費:無料
・海外旅行傷害保険:自動付帯(最高1億円)/国内旅行傷害保険:自動付帯(最高5,000万円)
・「プラチナ・グルメセレクション」:コース料理2名以上利用で1名分無料
・その他サービス:プラチナコンシェルジュ/手荷物空港宅配サービス/コート預かりサービス/健康・介護相談他

【おすすめポイント】
・引落し口座を法人名義口座に指定すれば、会計処理も軽減!利用明細管理ツール利用で利用状況を都度確認可
・「ビジネス・アドバンテージ」や「リーガルプロテクト」など購入ルートの簡略化、経費削減のためのメリットも満載
・さらにアメックスのプラチナ特典も享受できる

【公式サイト】セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

2.JCBプラチナ法人カード


https://www.jcb.co.jp/online/service/ssl/corpentry?1286673+3135+100+312002600&ActionType=corpentrytop

「JCBプラチナ法人カード」の最大の特徴は、還元率がプラチナカードの2倍の1.0%貯まり、年間利用額が100万円以上で翌年還元率が1.5%までアップする点。他社のビジネスカードと比較すると、ビジネスならではの特典については少々物足りなさを感じますが、プラチナ特典付帯のため、全国各地を飛び回る多忙な個人事業主ならチケットやレストランの手配の煩雑さや時間捻出から開放してくれる最高の秘書代わりになります。

【年会費】30,000円+税/追加カード(発行無制限):6,000円+税

【特典&特徴】
・還元率:1.0%
・年間利用額が100万円以上利用:翌年還元率が1.5%
・「プライオリティ・パス」:無料発行可/同伴者利用:1名無料 2名以上27米ドル
・ETCカード(無制限):無料発行可
・海外旅行傷害保険:自動付帯(最高1億円)/国内旅行傷害保険:自動付帯(最高1億円)
・「JCBプレミアムステイプラン」:全国のホテル&旅館の優待プログラム
・「グルメ・ベネフィット」:コースメニュー2名以上利用で1名分無料
・「カーアクシデントケア制度」:交通事故や窃盗、高速道路走行中の故障などで5万円の見舞金
・その他サービス:「プラチナコンシェルジュ」/「メンバーズセレクション」/「JCBオフィス用品デリバリーサービス」/「JCB福利厚生倶楽部RELO CLUB」他

【おすすめポイント】
・ポイントは通常のプラチナカードの2倍(還元率:1.0%)!さらに年間100万円以上利用で還元率は最大1.5%まで引き出すことができる
・チケットやレストラン手配の煩雑さ、時間捻出から開放してくれる最高の秘書、「プラチナコンシェルジュ」

【公式サイト】JCBプラチナ法人カード

3.三井住友ビジネスカード プラチナカード


https://www.smbc-card.com/mem/company/news/news0001006.jsp

「三井住友ビジネスカード プラチナカード」はプラチナカードの特典そのままに、ビジネスならではのサポートや特典を展開しています。事務用品の調達や宅急便、レンタカーの優待、航空券チケットレス発券サービスなど、さまざまな優遇やサービスが受けられるのが特徴。また追加カードは最大20名まで発行できるので、個人事業主から大企業まで企業規模を選ばず利用できる点でも、将来的な企業展開を考慮すると利便性が高くおすすめのクレジットカードです。

【年会費】
・50,000円+税/追加カード:5,000円+税
・VISA&MasterCard両方発行 55,000円+税/使用者:6,000円+税

【特典&特徴】
・追加カードは20名まで発行可
・還元率:0.5%
・ビジネスプラチナ特典:「アップグレードホテルズ」/「スペシャルプライスホテルズ」/「じゃらんコーポレートサービス」/「ビジネスサポートパック」/「VISAビジネスオファー」/「VISAビジネスグルメオファー」
・プラチナ特典:「プラチナコンシェルジュ」/「プライオリティ・パス」無料発行可/「メンバーズセレクション」/「プラチナホテルズ」/「プラチナグルメクーポン」

【おすすめポイント】
・追加カードは20名まで発行可!企業規模や企業形態を選ばないビジネスプラチナカード
・さまざまなビジネスならではのサポートやサービスでビジネスの利便性や簡略化を促進
・プラチナカードの特典も享受できるので福利厚生や取引先との連携を深めるためのツールとしても便利

【公式サイト】三井住友ビジネスカード プラチナカード

5.三井住友銀聯(ぎんれん)プラチナカード


http://www.smbc-card.com/nyukai/platinum/support/ginren.jsp

残念ながら「三井住友VISAビジネス プラチナカード」を持っている方ではなく「三井住友プラチナカード」を所持していることが条件になりますが、中国で事業を展開または中国の取引先が多く、出張が頻繁な法人や個人事業主におすすめなのが「三井住友銀聯(ぎんれん)プラチナカード」。中国国内ではVISAやMasterCardよりも高い信頼性がありキャッシュレスで決済できるので、「三井住友プラチナカード」を持っている方なら作っておくと便利です。

【年会費】※「三井住友プラチナカード」を持っている方限定 無料/家族カード無料

【特典&特徴】
・「三井住友プラチナカード」を持っている方のみが申し込み可

【おすすめポイント】
・中国出張が多い個人事業主なら必携のプラチナカード!

【公式サイト】三井住友銀聯(ぎんれん)プラチナカード

5.MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード


http://www.cr.mufg.jp/business/amex/

「MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は、プラチナ特典の他に、ビジネス特典が付加されたプラチナカード。また審査も比較的甘いと評判で、口コミサイトでも人気です。オフィス関連、通信関連、社員教育、宅配便、レンタカーなど提携加盟店で割引価格で利用できる「ビジネス・アドバンテージ」が最大の特徴。もちろん「プラチナ・コンシェルジュサービス」も受けられるのでチケットやレストランの手配もスムーズ。「MUFGカードWEBサービス」で利用状況の確認ができるのも法人や個人事業主ならうれしいメリットです。

【年会費】20,000円+税/追加カード:3,000円+税

【特典&特徴】
・還元率:0.5%
・海外での利用時:1.0%
・ビジネスプラチナの特典:「ビジネス・アドバンテージ」
・プラチナ特典:「プラチナ・コンシェルジュサービス」/「手荷物空港宅配サービス」/「スーペリア・エキスペリエンス」/「プラチナ・グルメセレクション」/「MUFGカードWEBサービス」他

【おすすめポイント】
・「ビジネス・アドバンテージ」は経費削減に直結するさまざまな割引を網羅!
・「プラチナ・コンシェルジュサービス」で、レストラン予約やチケット手配など秘書的業務の負担を軽減してくれる

【公式サイト】MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

platinum_hdg_figure

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

さん

まとめの内容について運営スタッフへ報告

MONKEY[モンキー] – キュレーションサービス