幸せが欲しいなら5つの「モノ」を買うのを辞め、5つの「コト」にお金を使え

更新日: 2015年10月5日

Tanakiyo さん

人間誰しも幸せを求めて日々生きているはずです。でも気づいたらお金を「モノ」に使ってばかりで本当に大切な「コト」に投資できていない事例が目立ちます。

5825413134_ba0b2179e5

物欲を満たすことによって得られる満足感はほんの少しの間しか続きません。ある研究によると、人間の脳は一度手にした「幸福感」に慣れてしまう傾向にあるようです。なので、お金を使った対価で得た「モノ」は、最初は輝かしく見えてもだんだんと興味が薄れていくもの・・・。

だからこそ、短期間でしか幸せを感じられない「モノ」にお金を費やすのではなく、代わりに永遠に続く思い出がつくれる「コト」にお金を使ってみてはいかがでしょうか。記憶や思い出は人生の一部となり、自分の一部となります。楽しかった時は最高の思い出として、苦い経験は後には笑い話として思い返すことができるのです。

以下に、Lifehackで話題となっている、本当の幸せを追求したいのならばお金を使わないほうが良い5つの「モノ」と、もっとお金を使うべき5つの「コト」をあげてみました。是非、参考にしてもらった上で日々がより豊かになるよう実践してみてください。

お金を費やすのを辞めるべき、5つの「モノ」

1、家電

家電はもちろん、今のご時世には必要不可欠なものと言えるでしょう。でも、いつの間にか「新しいモデルだから」とか「使うかもしれないから」といった曖昧な理由でバカのように多くの家電を買ってしまってたりはしませんか?新しく買ったモノはすぐに飽きてしまいますし、更にいうと、ほとんどの家電は1年後にまた新しいモデルが発売される、というのを覚えておいたほうが良いかもしれません。

2、家具

家具も、毎年、毎月、いろんな会社から様々な商品が販売されます。雑誌やテレビで見た新しい家具に憧れて、すぐに買ってしまったりはしていませんか?雑誌やテレビなど見なくても、家具でしたらもっと安く売っている場所があるはずですし、そもそも必要最低限のものがあれば暮らしに不満は出ないはずです。

3、車

毎回新しいモデルが出るたびに買っちゃったりするのはかなり非効率的だということに気付きましょう。次のモデルが出る前に支払いが終えられるのであれば良いでしょうが、そんな簡単なことではないはずです。必要最低限の機能があれば車は大丈夫ですし、車に費やすお金が減ればもっと他に楽しいことができるはずです。

4、最新のファッション

新作の洋服、靴、バッグなどを買いあさるのは全く悪い訳ではありません。ですが、新しいものが出るたびに何万円ものお金を使い、古い洋服をどんどん着なくなる、といった悪循環に陥ってはいけません。この負のサイクルに陥ると、お金の出費は止まらなくなりますよ。新作は定期的にでるものなので、新作が出るたびにお金を使うのは全くのナンセンスです。自分が本当に欲しいと思えるものに出会えた時だけお金を使うのが望ましいですね。

5、宝石類

指輪、ネックレス、ピアス、ネイル・・・。キラキラ光る宝石類はどうしても欲しくなっちゃうのが人間の性。でも、本当にそれは必要なのか、問いただしてみてください。それらをつけて出掛けるのは週末の夜や結婚式など、限られた場所のみではないでしょうか。最初は欲しくて仕方なくても、のちに興味は薄れていくはず。宝石類は特にそういった傾向の強い商品なのです。

お金をもっと費やすべき、5つの「コト」

1、教育

By:

他国の言語が話せるようになったり、プログラミングができるようになったり、自らの教育にお金をかければだんだんと人間としてのスキルアップに繋がります。確かに、語学レッスン教室などは少々多額のコストがかかるかもしれません。でも、人生という枠組みから考えると一生モノのスキルを身につけられるのだから、安いものとも言えるはずです。新たなスキルが身につくと、見える世界がさらに広がります。

2、旅に出る

旅行もそれなりの値段がしますよね。でも、旅行こそ人生に大きな思い出を残してくれる上に、それは一生モノとなるはずです。そして、異文化に触れることで自分は本当は何を幸せと感じているのか、気づかされるでしょう。家電を買う代わりにヨーロッパでオーロラ鑑賞の旅に出てみましょう。洋服を買う代わりにアフリカの暮らしを覗いてみましょう。人生観が刺激されることに間違いありません。

3、音楽

音楽はいつの日も人の心を癒す効果を持っています。昔聞いていた懐かしのCDやレコードを買ってみるのもいいでしょう。もしくは、自分で楽器を始めてみるのも良いかもしれません。音楽を聴いている時や楽器を使っている時は人間は無心になれるといいます。もっと、我々は自分の好き音楽と触れ合うことで日々を楽しく生きることができるはずです。

4、本

本はただ知識を与えてくれる道具ではありません。著者が語る言葉から想像を膨らませ、自分の世界観を描きながら思考する。こういったクリエイティブな時間を過ごせるのは、本を読んでいる時の他にあまりありません。また、そうやって得た知恵やノウハウは生活をより良いものにする為に役立てることができるし、身の回りの役に立てることがあるかもしれません。

5、食

「食」は人間の活動を支える本当に大切な要素です。だからこそ、本当に美味しいものを食べた時はずっとその味が忘れられないし、心の底から「幸せ」を感じることができます。更に、家族や友人と共に食事をすれば、それは人と人の関係を深くする場となります。「食」こそが人の幸福感を支え、他人との関係性を築く上で一番大切なコトなのかもしれません。新しい家電を買うよりも、友人や家族とおいしいご飯を食べに行くことの方が本当は「幸せ」であるはずです。

 

参考:「5 Things We Should Spend More Money On, And 5 Things We Should Not」

5825413134_ba0b2179e5

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめに関するキーワード

このまとめのキュレーター

Tanakiyo

さん

ライフスタイル研究家。日々の生活、主に衣食住や旅とお金の関係性について研究しています。最近のマイブームは日帰りの国内旅行です。

まとめの内容について運営スタッフへ報告
Tanakiyo

さん

ライフスタイル研究家。日々の生活、主に衣食住や旅とお金の関係性について研究しています。最近のマイブームは日帰りの国内旅行です。

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス