ネットで未上場株への投資が可能に!金融庁の改革で必ず注意すべき3つのコト

更新日: 2016年1月15日

博多麺 さん

今月、未上場のベンチャー企業が株式への投資をネットを通じて募ることが可能になります。この大きな制度改革で注意すべきことを3つまとめました。

img_e3f103fa9e723200888bd55ef1ab0aa9280702

金融庁の改革、未上場の株式への投資が可能に

img_e3f103fa9e723200888bd55ef1ab0aa9280702
http://toyokeizai.net/articles/-/13843

ベンチャー企業など未上場の株式への投資をネットを通じて募ることが今月解禁されます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150511/k10010075071000.html
金融庁は5月にインターネットを通じた未上場株の投資勧誘を解禁する
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO84114620Y5A300C1NN1000/
創業から間もないベンチャー企業にとっては、事業展開や研究開発に必要な資金の調達が課題となっており、新たな仕組みはベンチャー企業の育成につながることが期待されます
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150511/k10010075071000.html

金融庁が、今年5月からネット上での未上場株の投資勧誘を可能とする規制緩和を発表。ベンチャー企業の育成において大きな一歩を踏み出す。非上場企業や資金を必要とする会社にとっては大きな追い風となる。

クラウドファンディングの仕組みを用いた大幅な規制緩和


http://lingoo.seesaa.net/article/397819941.html

クラウドファンディング(英語:Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0
クラウドファンディングは見返りを求めない「寄付型」と、対価として商品やサービスを送る「購入型」がすでに浸透しはじめている。金融庁は規制緩和で「株式投資型」の普及を狙う。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO84114620Y5A300C1NN1000/
個人への未上場株の投資勧誘は日本証券業協会が自主規制で原則として禁じていた。金融庁に合わせて日証協は自主規制を緩め、ネット経由の投資勧誘を認める。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO84114620Y5A300C1NN1000/
未上場企業への投資は上場すれば多額の利益が期待できる
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO84114620Y5A300C1NN1000/

クラウドファンディングはネットを通じて個人からも小口の資金を集めることができる仕組み。現在は寄付や商品購入の形で利用が広がっているが、これを未上場の株式にも適用するという。未公開株への投資は上場時に巨額のリターンを得ることができる為、大きなメリットとされている。

注意① 一人当たりの投資額には制限がある

募集にあたっては、投資家の多額の損失を防ぐため、1人の投資家が1つの企業に投資できる額を年間50万円以下に制限
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150511/k10010075071000.html
資金を集める企業側も1年間に募集できる総額を1億円未満とします
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150511/k10010075071000.html

50万円という小口の投資、かつクラウドファンディングともなると知らない人でも誰もが株主になれてしまうため心配だ、との声も多い。

注意② 出資者側は、投資のリスクを明確に把握すべき

未上場の株式は簡単に売却できないため、投資家にリスクを十分に理解してもらうことが課題となる
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150511/k10010075071000.html
未上場企業への投資は上場すれば多額の利益が期待できる一方、倒産で価値がゼロになる恐れもある
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO84114620Y5A300C1NN1000/

注意③ 反社会的勢力の投資が要因で上場廃止になる可能性

1 2
img_e3f103fa9e723200888bd55ef1ab0aa9280702

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

MONKEYの最新情報をお届けします!

このまとめのキュレーター

博多麺

さん

日々の仕事で疲れを体を博多ラーメンで癒す系の新橋勤務の金融マン。ビジネス、企業、マーケット、金融まわりの話題で貢献していければと思ってます。

まとめの内容について運営スタッフへ報告
博多麺

さん

日々の仕事で疲れを体を博多ラーメンで癒す系の新橋勤務の金融マン。ビジネス、企業、マーケット、金融まわりの話題で貢献していければと思ってます。

Monkey[モンキー] – キュレーションサービス